A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


    • 一般財団法人CHANGアジアの子供財団 チアリーダー 服部愛未
    • コミュニティ

    カンボジアのスラムでスクール運営!孤児院の子供達の生活と自立を支えたい

    CHANGスクール生徒紹介!(スライトォ)

    • Vol.2
    • 2017年07月17日15:56

    皆さん、こんにちは!

    今日は、CHANGスクールの生徒である、スライトォを紹介します。

    お兄ちゃんお姉ちゃんたちは学校で、小さい子しかいない時間。

    珍しく勉強はじめたかと思えば、意外にも中心は10才のスライトォ(>_<)

    この子はここに入ってしばらくは大変な子でした。
    いつも眉間にシワを寄せて皆をにらみつけて、ケンカばっかり。仲間をよく泣かせてました。

    それがこの一年くらいで随分変わりました。
    気の強いのは相変わらずですが、新しく入った子の面倒を見たり、顔もニコニコと穏やかです。

    当時はこの子が率先して勉強するなんて想像もできませんでしたが、
    これは次の次の世代のリーダーとして期待できますね

    • 支援者

      3

    • 残り期間

      98

    • 集まっている金額

      36,000

      目標金額:2,640,000

    • 達成率1%

    このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

    起案者

    実行者イメージ

    一般財団法人CHANGアジアの子供財団 チアリーダー 服部愛未

    【自己紹介】
    キャスター、イベントMC ... 、ラジオパーソナリティ、ナレーター
    慶應義塾大学経済学部卒業。行動経済学を専攻。東日本大震災を機にフィールドワークや復興支援、風化防止に着力。宮城県栗原市の観光大使を務める。大学での専攻、被災地での活動で得た経験と想いを、世界の子ども達の成長に繋げたくCHANGのチアリーダーに就任。

    【団体紹介】
    カンボジアのスラムでスクール運営。孤児院、学校、幼稚園、職業訓練施設と連携。生活、教育、進学、就業を一貫サポート。タイの子供財団と協働で、発達障害児への教育を研究し世界への普及活動。東南アジアの孤児院、スラムの子ども達の命と将来の自立支援 。
    • 3,000

      プロジェクト終了後の活動報告会にご招待いたします

      リターン

        季刊誌(2015年から定期的に発行)
        プロジェクト終了後の活動報告会ご招待(当財団での実施を予定しています)

      支援者の数 2

      お届け予定:2017年12月

    • 5,000

      かわいいカンボジアのお財布プレゼント

      リターン

        季刊誌(2015年から定期的に発行)
        プロジェクト終了後の活動報告会ご招待(当財団での実施を予定しています)
        カンボジア雑貨(お財布)
        写真はイメージです。色、デザインはこちらにお任せください

      支援者の数 0

      お届け予定:2017年12月

    • 10,000

      子ども達からのメッセージとカンボジア雑貨(ポーチ)

      リターン

        季刊誌(2015年から定期的に発行)
        プロジェクト終了後の活動報告会ご招待(当財団での実施を予定しています)
        カンボジア雑貨(ポーチ)
        写真はイメージです。色、デザインはこちらにお任せください
        子ども達からの御礼メッセージ

      支援者の数 0

      お届け予定:2017年12月

    • 30,000

      子ども達からのメッセージとカンボジア雑貨(お財布とマルチケース)

      リターン

        季刊誌(2015年から定期的に発行)
        プロジェクト終了後の活動報告会ご招待(当財団での実施を予定しています)
        カンボジア雑貨(お財布とマルチケース)
        写真は、イメージです。色、デザインはこちらにお任せください
        子ども達からの御礼メッセージ

      支援者の数 1

      お届け予定:2017年12月

    • 50,000

      子ども達からのメッセージとカンボジアシルクをプレゼント

      リターン

        季刊誌(2015年から定期的に発行)
        プロジェクト終了後の活動報告会ご招待(当財団での実施を予定しています)
        カンボジアシルク
        写真は、イメージです。色、デザインはこちらにお任せください
        子ども達からの御礼メッセージ

      支援者の数 0

      お届け予定:2017年12月

    このプロジェクトをシェアする

    TOPへ戻る