A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


看病をしているあなたを支えたい「全国少人数でも行きます!がん家族向けの講演会」

おにぎりのはなし 昨年制作した冊子の1ページです。

  • Vol.3
  • 2017年05月18日22:48

昨年も「がん家族」という冊子を作りました。
この冊子を手に取り、多くの方は喜んでくださりましたが、中には涙がでてきてしまい読めないと
冊子を持って帰らない方もいました。

その方々が涙を流されたのは「おにぎりの話」です。
自分が看病をしていた時の気持ちそのままだと言われました。

今は完配布してしまっているので、冊子をお分けできないので

ことらに投稿いたしますので、ぜひお読みください。






おにぎりの話

わたしの父が癌になり、最後の入院になるだろうという時のことです。

わたしの家族は幼少のころから母が病気がちだったため、

揃って食事をすることがないバラバラな家族でした。
でも、わたし達兄弟も大人になり両親の事情が理解できるようになり、

やっと家族そろって笑いながら食卓を囲めるようになったとき、父の癌がみつかりました。



くやしかった。

癌に家族の時間をとられた気持ちでした。




そんな事情もあり、わたしは父の看病を夢中でやりました。


そして父の入院が最後になるだろうという時、

わたしは寝ることも食べることも泣くことも忘れ、こころと体がボロボロになってきたころ、

父と同じ病室の、他の患者さんの家族であるあばさんが「おにぎり」をくれたんです。
「おねえちゃん、全然食べてないやん。 おばさんが作ったおにぎりを食べ」


わたしの本心は「おにぎりなんか喉を通らないのに・・・」と思いましたがむげに断れず、
ボソボソほおばりました。


翌日変化がおとずれました。


お腹が満たされその晩はあまり目が覚めることなく眠れたんです。
朝は今まで鉛のような起き抜けだったのが少しスッキリだったんです。

なんと、気分がよかったので付き添いの時に、

治療を嫌がる父に優しく「じゃ、いいよ。いつも頑張ってるもんね」とイライラせず言えたんです。

するとおどろいたことに、父が「明日は頑張ってみるよ」と言ったんです。

わたしの表情にゆとりがあったので安心したようです。


わたしは、痛がる父の姿や治療を受けさせねばという「いたたまれない気持ち」で

頭の中がいっぱいだったのが、「おにぎり」を食べたおかげで少しの力を取り戻すことができました。

その力はスパイラルのように、ころころと、良いことに繋がったのです。


「おにぎり」は話を聞いてくれる人にも当てはまります。
少し愚痴や不安をきいてもらうだけで、気持ちのゆとりを生み出します。

サポート協会は、この「おにぎり」のように看病をしているひとの「気持ちのゆとり」を取り戻す手助けができればと思っています。



  • 支援者

    36

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    362,000

    目標金額:300,000

  • 達成率120%

    FUNDED!

2017年05月31日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

酒井たえこ

「がん家族セラピスト」酒井たえこ と申し ... ます。
2005年にがんで父が他界。患者家族の深い悲しみを体験し、「看病をしている人の背中をさする人になりたい」との思いでリフレクソロジーのプロライセンスを取得。リフレクソロジーサロンを開業しながら、患者家族の相談を受ける。2014年「がん患者さんの看病をしている人のサポート協会」を発足し、関西の総合病院の依頼を受けて「ご家族と、患者様への癒し」のプロボランティアを開始する。同時にがん家族向け・医師向けの講演会に登壇し、経験で得た話を語り続けています。
  • 3,000

    お礼のメール+サイン本

    リターン

      ■お礼のメール
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)

      〇ISN出版企画・編集・制作 株式会社より 2017年7月出版致します。

      <概要>
      ・がん患者の看病をサポートするセラピストがレクチャー
      ・医師・看護師・病院との付き合い方
      ・がんを理解するコツ
      ・自分の癒し方・守り方など

      ※支援金額に「心付け」をプラスできる仕組みになっています!
      支援金額が多ければ多いほど、全国にいる「がん患者の家族の方」のもとへ
      出向くことが出来ます!
      プロジェクトに共感してくださった方からの、さらなる支援をお待ちしています!

    支援者の数 14

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 5,000

    お礼メール+サイン本+がん家族冊子

    リターン

      ■お礼メール
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族冊子

      ≪がん家族。
      看病をしている時の危険なこと(仮)≫
      「がん患者さんの看病をしている人のサポート協会」より 2017年版を制作致します。

      <概要>
      ・がん患者さんの看病をしている時に起こる危険とは
      ・危険回避のコツ
      ・医師がレクチャーする災害時の備え
      ・いま看病をしている人へ シリーズ

      <著者>
      がん家族セラピスト 酒井たえこ

      ※支援金額に「心付け」をプラスできる仕組みになっています!
      支援金額が多ければ多いほど、全国にいる「がん患者の家族の方」のもとへ
      出向くことが出来ます!
      プロジェクトに共感してくださった方からの、さらなる支援をお待ちしています!

    支援者の数 10

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 10,000

    お礼の葉書+サイン本2冊+がん家族冊子

    リターン

      ■お礼の絵葉書
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)2冊
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族冊子

    支援者の数 3

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 残り27枚

    10,000

    お礼の葉書+サイン本+がん家族冊子+ハンドメイド作家ポーチ

    リターン

      ■お礼の絵葉書
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)1冊
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族冊子
      ■ハンドメイド作家さんのオリジナルポーチ

      ハンドメイド作家「みちいろ」さんに がん家族オリジナルのマスクポーチを制作していただきます。

      サイズ 20㎝
      外ポケットあり
      ラミネート生地
      色柄は何が届くかのお楽しみ

      特徴は、ラミネート生地なので、少しの水ならはじくので、汚れにくいです。
      外ポケットがあるので、保険証などの大切な物は中袋に、ティッシュなどのサッと取り出したいものは外ポケットへと
      分けて入れられるので便利です。

    支援者の数 3

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 残り7枚

    10,000

    お礼の葉書+サイン本+がん家族冊子+リラックス漢方入浴剤

    リターン

      ■お礼の絵葉書
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)1冊
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族冊子
      ■リラックス漢方入浴剤

      漢方薬局「命泉堂」さんが 漢方をブレンドし、入浴剤として効能がお湯に溶けだしだしやすいように
      まごころ込めて、作りました。
      入浴剤の中身には、香りが良くお肌にも優しい 「よもぎ」を中心に配合させていただきます。
      リターンとしてご用意する入浴剤は、「リラックス 入浴剤」を予定しています。

      注意:ヨモギアレルギーのある方は ご遠慮ください。
      また、この入浴剤は漢方ハーブであり、治療薬ではないことをご了承ください。

    支援者の数 3

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 30,000

    お礼の葉書+サイン本+がん家族冊子にお名前を記載いたします

    リターン

      ■お礼の絵葉書
      ■がん家族冊子
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)1冊
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族冊子にお名前を記載

      プロジェクトで作成させていただく「がん家族。」冊子 の最終ページに
      支援者様のお名前・企業名・団体名のいずれかを記載させていただきます。



      注意: 名前記載は初版1000部です。重版後の冊子については確定ではないことをご了承ください。
      ご支援時に、希望のお名前を明記ください。

    支援者の数 3

    お届け予定:2017年8月

    支援期間終了

  • 60,000

    お礼の葉書+サイン本+がん家族講演会の開催権利

    リターン

      ■お礼の絵葉書
      ■がん患者の家族を救う55のQ&A(仮)1冊
      (著者 酒井たえこ)(著者のサイン)
      ■がん家族講演会の開催権利
      (語り:がん家族サポート協会 代表 酒井たえこ)
      (別途交通費・宿泊費)(日程相談)

      講演会のないようなど、本文に詳しく説明あり。

    支援者の数 0

    お届け予定:2017年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

TOPへ戻る