メニュー
支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)

A-port COLUMN

クラウドファンディングTOP >  コラム一覧  >  プロジェクト  >  「正常な状態が分からなくなる」愛葉るびさんが体験したデートDVの恐怖 初咲里奈さん主演で映画化へクラウドファンディング

プロジェクト

2018-03-26 17:10:04

「正常な状態が分からなくなる」愛葉るびさんが体験したデートDVの恐怖 初咲里奈さん主演で映画化へクラウドファンディング

「正常な状態が分からなくなる」愛葉るびさんが体験したデートDVの恐怖 初咲里奈さん主演で映画化へクラウドファンディング

 越坂康史監督恋人との間で起きるデートDV。殴る・蹴るといった身体的な暴力だけでなく、過剰な束縛などで精神的に追い詰めることも含まれ、被害にあう人は少なくない。元セクシー女優の愛葉るびさん(35)もその1人だった。「自分や周りがそういう状況に置かれたときに少しでも気づいてほしい」。旧知の越坂康史監督(51)とともに、自らの体験を元にした映画「17-セブンティーン-」の制作準備を進めており、クラウドファンディングで支援を募っている。


愛葉るびさんの体験を元に制作される映画「17-セブンティーン-」(撮影 北村純一 ©17プロジェクト)

「ただ好きになっただけなのに...いつからか、私はこんな怯える生活をしているのかしら...」

 映画のストーリー原案の中にこんなセリフがある。

 愛葉さんがデートDVにあったのは16~17歳のころ、当時つきあっていた五つ年上の男性からだった。愛葉さんは高校をやめ、家庭内で孤立。世間体を気にする親は、地元での外出も制限していた。そんな愛葉さんにとって、車で遠くに連れ出してくれる男性は、自分に自由を与えてくれる存在。唯一の頼れる人だった。愛葉さんは「最初は親よりも信頼していた。それが段々と『機嫌を損ねたら良くない』となっていった」と振り返る。

 男性が愛葉さんを「支配」する態度は、徐々に強まっていった。愛葉さんが気に入っていた服を没収し、「こういう服を着る資格がない」とののしる▽車で出かけたときに機嫌を損ね、山道の途中で「降りろ」と命じる▽誕生日に「ケーキを食べに行こう」と約束したが、漫画を読んで動かない。愛葉さんが行こうと誘うと、「俺が祝ってあげたくなるような女になるまで、祝ってもらう資格はない」▽キーホルダーを川辺に投げ捨て、「とってこい」と愛葉さんに探させる......

 男性は思い通りにならないと、本気でキレて怒鳴ったり暴力を振るったりと威圧的にふるまった。「俺はいつ別れてもいい」という男性に捨てられないため、愛葉さんは必死だった。

「その人がいないと家から出られないと思い込んでいた。つらいなあとは思うけど、だからどうしようということも考えられない。殴られるのも結局自分が悪いと思ってしまうんですね。いかに機嫌を損ねずにうまくやるかで精いっぱいで、『今日は一日泣かずに済んで良かった』と思っても、それが異常だとも思えない。女友達との交流も制限されるようになって、どんどん相談する相手がいなくなり、正常な普通の状態が分からなくなっていった」

 2人の関係が終わりに向かうのは、愛葉さんが専門学校進学のために上京することになったとき。愛葉さんが別れを切り出すと、それまでは「お前のことはいつでも捨てられる」と言っていた男性が、「別れたくない」と言い始めた。


愛葉るびさん

「私が必死についていこうとしていたのものは何だったんだろうと、そこから自立して現実に帰ってきました」

 ただ、そうなっても、すぐに男性から離れられたわけではなかった。男性は「別れるなら話しいたい」と電話でひんぱんにメッセージを送ってくるなど、ストーカーのようにつきまとうようになった。愛葉さんが上京すると、男性も後を追うように上京。東京でもつきまといは数カ月続き、警察に相談したこともあった。

 男性から離れられても、心の傷はなかなか癒えない。愛葉さんは今でも怒る人、怒鳴る人が苦手だ。強く怒鳴られると、殴られる・蹴られる・連れて行かれるといろんな可能性を考えてしまい、反応できなくなる。上京後しばらくは、家族以外の人が運転する車に乗ったり、人が来る約束がないのに玄関のチャイムが鳴ったりすることにも恐怖を感じたという。

「『なんで逃げなかったの』『もっとこうできただろう』と思うかもしれないけど、デートDVにあっている被害の当事者は、逃げようという選択肢が見つからない。自分もこういう体験がなければ、同じことが友達に起きても、『逃げればいいじゃないか』と思ってしまうかも知れない。映画を通じて、自分や周りの人たちがそういう状況に置かれたときに、少しでも気づいてあげられるようになってほしい」


(撮影 北村純一 ©17プロジェクト)

 映画『17-セブンティーン-』では愛葉さんの体験した精神的なつらさを描くことに重点を置くという。監督の越坂さんは2017年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でシネガーアワードを受賞。越坂さんは「長い間、請負作品までやってきたが、自主企画の面白さを思い出した。私の作品はセクシーなものが多いのですが、教育や人権をテーマにした映像も作っており、勢いのあるうちにやりたいことをやりたい。愛葉さんの赤裸々な物語を描き、社会に一石を投じたい」と意気込む。主演は初咲里奈さん。

 現在実施中のクラウドファンディングでは、当初目標としていた短編(30分)の撮影に必要な目標額はすでに達成。より充実した内容にするため、長編制作に必要な150万円を目指して支援の呼びかけを続けている。プロジェクトの詳細は、https://a-port.asahi.com/projects/seventeen/。(伊勢剛)


越坂康史監督

(*このプロジェクトは3/23に終了しました)