A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)

  • よくあるご質問

    クラウドファンディングの仕組みについてのご質問

    Q1. 支援者、起案者とはどのような意味でしょうか?
    A1. 支援者はプロジェクトを支援する人、起案者はプロジェクトを起案する人のことを意味しています。
    Q2. 達成時実行型(All or Nothing型)とはなんですか?
    A2. 達成時実行型(All or Nothing型)は目標金額を達成した場合のみ、調達した資金を手にすることができます。ローンチ資金を集めるのに適しています。
    Q3. 実行確約型とはなんですか?
    A3. 「実行確約型」は目標金額に達成しない場合でも、調達した資金を手にすることが出来ます。ただし、起案者は掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があります。
    既に実行が決まっていて、スケールアップ等のために必要な資金を募りたいプロジェクトや、過去に実施実績があるプロジェクトなどに適した方式です。
    Q4. リターンとはなんですか?
    A4. プロジェクトを支援し、資金提供を誓約した支援者に対してのお返しです。リターンは資金額によって、複数種類用意されています。

    支援に関するご質問

    Q1. 支援はどうやったらできますか?
    A1.
    • ①サイトよりログイン、あるいはA-portの会員になっていない方は「新規登録」を行い、応援(支援)したいプロジェクトを選択してください。
    • ②「プロジェクトを応援する」ボタンをクリックするか、ご希望のリターンをご選択ください。
    • ③次ページで、応援(支援)する金額、リターンの内容を確認いただき、決済を行ってください。
    Q2. 対応しているクレジットカード会社を教えてください。
    A2. VISAとMaster Cardです。
    Q3. クレジットカード決済以外で支援する方法はありますか?
    A3. 実行確約型のプロジェクトに関しては、ペイジーおよびコンビニ支払いも可能ですが、達成時実行型(All or Nothing型)(達成後支援型)に関しては、クレジットカードのみとなります。
    Q4. 海外に居住していても、支援することができますか?
    A4. 海外居住者の利用に関しては、各プロジェクトによって提供できるリターンが限られる場合があるため、起案者に確認してください。
    Q5. 支援したプロジェクトをキャンセルできますか?
    A5. 達成時実行型(All or Nothing型)のプロジェクトに限り支援後7日以内のキャンセルを受け付けております。但し、上記の条件に合致していたとしても、以下の場合はキャンセルができませんのでご注意ください。
    • ①プロジェクトの募集期間が残り8日未満であった場合
    • ②支援者募集期間中に目標金額に達したプロジェクトで、達成前に応援頂いた場合
    なお、実行確約型のプロジェクトへ応援頂いた場合のキャンセルはできませんのでご了承ください。
    Q6. 支援したプロジェクトが成立しなかった場合、プロジェクト支援金やリターンはどのようになりますか?
    A6.
    • ①実行確約型は、目標金額に届かない場合であっても決済が行われリターンが提供されます。
    • ②達成時実行型(All or Nothing型)は、プロジェクトが達成されなかった場合、決済が履行されず、リターンも提供されません。
    Q7. 支援したプロジェクトのリターンは、いつ受け取ることができるのでしょうか?
    A7. プロジェクトによってリターンを受け取ることができる時期は異なります。プロジェクトの詳細に記入してありますのでご確認ください。また、必要に応じて、起案者にメッセージを送って確認してください。
    Q8. 領収証が欲しいのですが?
    A8. 起案者が発行することになっております。起案者に直接、ご依頼ください。
    Q9. サイトで支援がうまくいきません。直接教えてもらうことはできないでしょうか?また、サイト以外の申し込み方法があれば教えてください
    A9. 支援に関する問い合わせは、03・6869・9001(祝日を除く月~金の10時~17時)で承ります。サイト以外の申し込み方法もご案内いたします。(起案に関する問い合わせは、こちらからお願いします)

    起案(起案者)に関するご質問

    Q1. プロジェクトの起案はどうやったらできますか?
    A1. 「プロジェクトをはじめる」ページから“プロジェクトの申し込みをする”ボタンを押して、お申込みシートに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。プロジェクトの申請を頂いてから、7営業日を目安にお返事させて頂きます。
    Q2. 実行したいアイデアがありますが、支援者が集まるかどうか自信が持てません。
    A2. 「プロジェクトをはじめる」ページの“プロジェクトの申し込みをする”ボタンを押して、“お申込みシート”に相談内容をご記入ください。事務局スタッフが相談に応じ、アドバイスをします。
    Q3. プロジェクトの文章を編集・校正してくれますか?
    A3. ご提出いただいた原稿を編集・校正させて頂きます。
    Q4. 法人や団体単位でのプロジェクト起案も可能ですか?
    A4. 可能です。
    ※起案者用のQAは、「プロジェクトをはじめる」ページにもございます。

    その他のご質問

    Q1. 未成年なのですが、支援や起案は可能ですか?
    A1. 未成年者が支援する場合、本サービスの利用について、親権者から事前の同意を得て下さい。起案する場合、親権者が責任をもって監督することに同意する必要があり、別途書面の提出をしていただきます。
    Q2. A-portは、朝日新聞社とどのような関係があるのでしょうか?
    A2. A-portは朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトです。
    Q3. 電話での対応は可能ですか?
    A3. プロジェクトの起案・提案などのご相談は、「プロジェクトをはじめる」ページの“プロジェクトの申し込みをする”ボタンを押して、お申込みフォームからご連絡頂くようお願いいたします。
    支援に関するお問い合わせについては問い合わせフォーム、もしくは電話(A-portサポート事務局 ℡03-6869-9001)でお受けしております。※電話はプロジェクト起案者の方の対応はしておりませんのでご了承ください。
    Q4. A-portに掲載されれば、朝日新聞や関連する媒体で取り上げてもらえるのでしょうか?
    A4. お約束はできませんが、朝日新聞社関連の媒体でご紹介できるよう最大限努力させて頂きます。その他、他媒体への掲載も目指して、プロジェクトを起案者と共に盛り上げていきます。
    Q5. 退会するにはどうしたらいいでしょうか?
    A5. 問い合わせフォームより、退会希望されることをお伝えください。
    Q6. 他社サイトに掲載されているプロジェクトがありますが、なぜですか?
    A6. A-portは、2015年3月25日から9月29日までモーションギャラリーサイトのシステムを活用させていただき運営をしておりました。そのため、A-portで申し込まれた以下の20件のプロジェクトは、モーションギャラリーサイトにも掲載されております。

    ■クジラを巡る世界的論争描く、日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画
    (佐々木芽生さん)

    ■障がい者の花屋さん、車購入で活動の幅を広げたい! お花と笑顔をあなたの元へ
    (光枝茉莉子さん)

    ■写真家・馬場道浩 独立 25周年、自身初の作品集制作プロジェクト
    (馬場道浩さん)

    ■宇宙から届いた星の“音”を気鋭のミュージシャン達が楽曲化、 CD制作へ
    (林口砂里さん)

    ■たった 8分間のスティールパン演奏のため、60人で地球の裏・トリニダード・トバゴへ
    (原田芳宏さん)

    ■被爆70年広島「はだしのゲン」中沢啓治さんの詩を大合唱し、思いを未来につなぐ
    (山本加津彦さん)

    ■沖縄の伝統的染色「紅型」デザインを食器に。 29歳の女流作家・新垣優香が初挑戦☆
    (新垣優香さん)

    ■町工場からファッションの世界へ !! 素材とデザインの力でバネのアクセサリーに挑む
    (JUMP UP JAPANさん)

    ■温かいご飯と学習サポートを無料で。福島に子どもたちの居場所「塾」を作りたい
    (鴻巣麻里香さん)

    ■モバイルバッテリーで温まるウェアの制作に挑戦!
    (北田尚弘さん)

    ■「将来、介護を受ける ?」認知症の高齢者を抱える地域課題について公開討論を開きたい
    (平林 久幸さん)

    ■ロスジェネ世代の底力を伝えたい ! 画家・金丸悠児と仲間を追った映画完成イベント開催
    (都鳥伸也さん)

    ■江戸時代から伝わる製法、天然醸造醤油を龍馬の力で広めたい!ボトル製作にご支援を!
    (むろじ醤油さん)

    ■「死別で悲しみやトラウマを抱える子ども」に寄りそう方法を、ハワイの先駆者に学ぶ !!
    (グリサポせたがやさん)

    ■途上国の子ども達を育てるオーケストラが国内演奏と PV製作で日本中に活動を広げたい!
    (野口彰英@ WORLDSHIP ORCHESTRAさん)

    ■250人の子どもが創るイルミネーション「ひかりの実」で、横浜の夜を優しく彩りたい!
    (スマートイルミネーション横浜実行委員会事務局 事務局長森由香さん)

    ■アニメを通じて、 LGBTのみんなも私たちも自分らしく生きられる社会を実現したい!
    (Aoyama BB Lab.さん)

    ■生前遺影 &昔の写真で作る「自分史額」が介護者をヘルプ!! 作成セミナーを開催したい
    (小野庄一さん)

    ■『僕も私もアスリート!』障がい者が思いっきりスポーツを楽しめるイベント開催
    (増田富穂さん)

    ■26年かけて「写実絵画」に回帰 遅れてきた 63歳画家が初の画集刊行をめざす
    (日下部和俊さん)