A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


  • 観光農園 花野果 代表 金城重信
  • フード

鉄骨ハウスを整備し全国に美味しい沖縄県産珈琲をお届けしたい

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

この度私は、2018年3月を目標に、沖縄県...

この度私は、2018年3月を目標に、沖縄県今帰仁村の自己所有耕作放棄農地の鉄骨ハウスを修理し、観光珈琲農園を整備致したく思います。外国に行かなくても無農薬有機栽培の国産珈琲の収穫体験や焙煎体験が既に始まっております。しかし台風対策が必要不可欠ですのでその為のプロジェクトです。


① 国内で珈琲収穫体験・珈琲焙煎体験ができる

私は、沖縄県今帰仁村の果樹栽培(珈琲の実含む)農家です。5年前より週末農家の傍ら、耕作放棄地を整備し、3年前より本格的な営農に取り組んでおります。

特に珈琲による第六次産業化を志向しておりまして、この度「珈琲ツーリズム」を提案し、地元二紙や雑誌に於いても紹介されました。テレビでは、琉球放送の「きままにロハススタイル」にも出演し、珈琲果実収穫→珈琲果実脱皮→内果皮脱穀→珈琲焙煎→珈琲豆粉砕→コーヒー抽出→コーヒー飲用と、一連の体験内容を珈琲畑で行いました。

プロジェクト実現で、無農薬・有機栽培で、ポストハーベスト農薬の無い、安心・安全で美味しい珈琲豆を栽培し、国内で珈琲収穫焙煎体験ができるように2018年3月をメドにハウス修理を行い、同年5月迄には完成させたいです。


②珈琲農園のハウス整備で、珈琲収穫・焙煎体験ができる新観光産業化を目指す

コーヒー文化研究第23号に於いて、「沖縄県産珈琲第六次産業化の可能性」が掲載されました。その中で、沖縄に於いて珈琲産業が成立しなかった要因として、①台風等の自然災害、②マーケティング不足があったかと思います。

自然災害はハウス栽培によって、市場は今日の第四次コーヒーブームによって解決されたかと思います。更に顧客は安心・安全を求めるようになり、美容・健康志向も高まってきました。これに加え、秋から春先の体験型観光として、来年1月末から2月上旬にかけて、東北地方から約60名の珈琲収穫焙煎体験の、予約が入っております。

同じく第24号においては、「沖縄県産珈琲第六次産業化の必要性」を投稿し、掲載されました。その中で、農家所得の向上による、珈琲産業の確立を、マンゴー栽培との比較で、珈琲の優位性を述べています。 下記写真は耕作放棄されたマンゴー畑です。これらの畑を珈琲畑にしょうというプロジェクトです。


③珈琲栽培で地域おこしと人財育成

資金は現在栽培されている珈琲400坪(180本)の鉄骨ハウスの補修資金として使いたいと思います。台風常襲地の沖縄で珈琲樹木を守り、安定生産と品質の維持が実現できると思います。これによって、実現したい事は沖縄県における珈琲産業のモデルケースを目指し、珈琲農家の育成指導による、珈琲第六次産業化の確立です。

社会価値としては、地域おこしと人財育成にあります。実際、内閣府沖縄総合事務局より、11月7日各市町村の担当者を対象に、「沖縄における観光農園推進検討会」において、観光農園事例報告(珈琲園)を行いました。その際、第23・24号も資料として配布しており、農家の参考資料になるかと思います。効果としては、耕作放棄地が生産拠点になり、地域おこしと、人財育成に寄与できると思います。


④既に珈琲果実(焙煎粉砕)が実際にある

同一農園内において既に珈琲が栽培され、収穫物(リターン)できる珈琲豆があるのが最大の強みです。これによって沖縄県産100%珈琲がお手軽に飲むことができます。

また、収穫焙煎体験入場券や農園入場券の有効期限を1年間とし、どうしても時期的に参加できない場合には、マンゴー収穫体験にも、事前の予約で変更可能ですし、現物でも(珈琲豆・マンゴー等)代替可能なように便宜を図ります。


⑤珈琲第六次産業化の確立で農家の自立を

沖縄における珈琲産業は台風対策さえ行えば、収穫焙煎体験もでき観光ニーズもかなり高いと思います。珈琲産業の育成で、世代交代できる農業を目指しておりますので、皆様方のご支援宜しくお願い致します。最後迄御拝読頂きまして誠に有難うございました。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    0

  • 残り期間

    79

  • 集まっている金額

    0

    目標金額:1,000,000

  • 達成率0%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2018年02月28日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

観光農園 花野果 代表 金城重信

私は、沖縄県国頭郡今帰仁村の果樹栽培(珈 ... 琲の実・マンゴー・パパイヤ・島バナナ等)農家です。5年前より週末農家の傍ら、耕作放棄地を整備し、3年前より本格的な営農に取り組んでおります。
特に珈琲栽培による第六次産業化(一次産業×二次産業×三次産業)を志向しておりまして、この度「やんばる珈琲ツーリズム協会」を設立し、会長に就任しました。
そして何世代も交代できる珈琲産業の確立を目指しております。
  • 残り100枚

    3,000

    珈琲焙煎体験+珈琲粉50g

    リターン

      ①.支援へのお礼メッセージ
      ②珈琲焙煎体験引換券
      ③珈琲粉50g

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年3月

  • 残り100枚

    5,000

    珈琲収穫焙煎体験+珈琲粉100g

    リターン

      ①.支援へのお礼メッセージ
      ②珈琲収穫焙煎体験引換券
      ③珈琲粉100g

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年3月

  • 残り100枚

    10,000

    珈琲収穫焙煎体験+珈琲粉200g

    リターン

      ①.支援へのお礼メッセージ
      ②珈琲収穫焙煎体験入場券
      ③珈琲粉200g

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年3月

  • 残り20枚

    50,000

    珈琲収穫焙煎体験+珈琲粉1000g

    リターン

      ①.支援へのお礼メッセージ
      ②珈琲収穫焙煎体験入場券
      ③農家カフエお食事券(ペア)
      ④珈琲粉1000g(希望により数回発送可)
      ⑤入口に名前記載

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年3月

  • 残り10枚

    100,000

    珈琲収穫焙煎体験+珈琲粉2000g農家カフェでお食事もできる

    リターン

      ①.支援へのお礼メッセージ
      ②珈琲収穫焙煎体験入場券
      ③農家カフエお食事券(ペア)
      ④珈琲粉2000g(希望により数回発送可)
      ⑤入口に名前記載

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年3月

このプロジェクトをシェアする

TOPへ戻る