支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)
メニュー

  • Ladybird(沖縄キリスト教学院大学4年次メンバー)
  • SDGs

Ladybird ~沖縄の学生が生理貧困問題に挑む~

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

 私たちは沖縄県にある沖縄キリスト教学院大学の4年次5人で結成した学生チーム「ladybird(レディーバード)」です。大学の講義を通じて沖縄の社会課題のひとつである「生理貧困」に関心を持ちました。1人でも多くの人が生理に関する問題に興味を持 ち考える機会を作っていきたいと考えた私たちはSNSで生 理に関する情報発信、生理に関するアンケート調査を行ってきました。 そんな切実な声が聞こえてきます。生理 が引き起こす何らかの問題に直面している沖縄の学生に「何かできないだろうか」と考えた私たちは、①生理について考える機会をつくることを目的とした「生理の日」の制定、②生理貧困をサポートするため「生理用品配布活動」の2点についてクラウドファンディングを実施することにしました。単に資金を集めることが目的ではなく、このプロジェクトを通じて男性や女性、性別に関係なくすべての人が「生理についての理解」を推進することを目指します。みなさまのお力をお貸し下さい。 2021年7月7日沖縄タイムス 新型コロナウィルスの影響で収入が減るなどして経済的に困窮する人が増え、生理用品が十分に購入できない「生理貧困」が世界的に問題になっています。私たちは平均収入、最低賃金の低い沖縄ではさらに深刻な問題として多くの人が生理貧困に直面していると考え、『学生の力で沖縄の生理貧困を救いたい!』と意気投合した5人が集まり活動しています。私たちの大きな目標としては「生理の日」の制定、生理用品の無償配布の二つです。 私たちは「生理の日」の制定に向け、1人でも多くの人が生理に関する問題に興味を持ち考える機会を作っていきたいと考えて私たちのチームを"ladybird"と名付け、高校生に向けたワークショップや、SNSで生理に関する情報、チームの活動、アンケート調査を行い実際のみんなの声を共有活動も行っています。 活動をするにあたって実際に沖縄の現状を数値化すべく、アンケートを実施しました。≪回答者236人 / 県内大学生69.9%・県内短期大学、専門学生18.2%・県外学生5.1%・その他(主婦、社会人 等)6.8%≫ アンケートに回答していただいた方の約20%、約5人に1人が生理用品の購入に苦労していると答えました。私たちladybirdが行ったアンケートによると 1.経済的な理由、2.異性の目が気になる、3.店舗にほしい生理用品がなかった。など生理の悩みは人それぞれ。もちろん、アンケート中には「生理で困ったことがない」という人もいました。しかし、「これは私だけの問題」と誰にも相談できずに、生理のたびに生じる辛さや悩みをひとりで抱えながら我慢しているとしたら?ほとんどの女性は10歳~15歳で初潮を迎え、それから平均で40年間生理が続きます。その40年を悩んだまま過ごすなんてもったいない!生理の辛さや悩みを諦めず、女性がもっと自由に話し合える社会・分かり合える社会を実現したいと考えています。

 私たちは沖縄県にある沖縄キリスト教学院大学の4年次5人で結成した学生チーム「ladybird(レディーバード)」です。大学の講義を通じて沖縄の社会課題のひとつである「生理貧困」に関心を持ちました。1人でも多くの人が生理に関する問題に興味を持 ち考える機会を作っていきたいと考えた私たちはSNSで生 理に関する情報発信、生理に関するアンケート調査を行ってきました。


 そんな切実な声が聞こえてきます。生理 が引き起こす何らかの問題に直面している沖縄の学生に「何かできないだろうか」と考えた私たちは、①生理について考える機会をつくることを目的とした「生理の日」の制定、②生理貧困をサポートするため「生理用品配布活動」の2点についてクラウドファンディングを実施することにしました。単に資金を集めることが目的ではなく、このプロジェクトを通じて男性や女性、性別に関係なくすべての人が「生理についての理解」を推進することを目指します。みなさまのお力をお貸し下さい。


2021年7月7日沖縄タイムス



 新型コロナウィルスの影響で収入が減るなどして経済的に困窮する人が増え、生理用品が十分に購入できない「生理貧困」が世界的に問題になっています。私たちは平均収入、最低賃金の低い沖縄ではさらに深刻な問題として多くの人が生理貧困に直面していると考え、『学生の力で沖縄の生理貧困を救いたい!』と意気投合した5人が集まり活動しています。私たちの大きな目標としては「生理の日」の制定、生理用品の無償配布の二つです。

 私たちは「生理の日」の制定に向け、1人でも多くの人が生理に関する問題に興味を持ち考える機会を作っていきたいと考えて私たちのチームを"ladybird"と名付け、高校生に向けたワークショップや、SNSで生理に関する情報、チームの活動、アンケート調査を行い実際のみんなの声を共有活動も行っています。



 活動をするにあたって実際に沖縄の現状を数値化すべく、アンケートを実施しました。≪回答者236人 / 県内大学生69.9%・県内短期大学、専門学生18.2%・県外学生5.1%・その他(主婦、社会人 等)6.8%≫

 アンケートに回答していただいた方の約20%、約5人に1人が生理用品の購入に苦労していると答えました。私たちladybirdが行ったアンケートによると 1.経済的な理由、2.異性の目が気になる、3.店舗にほしい生理用品がなかった。など生理の悩みは人それぞれ。もちろん、アンケート中には「生理で困ったことがない」という人もいました。しかし、「これは私だけの問題」と誰にも相談できずに、生理のたびに生じる辛さや悩みをひとりで抱えながら我慢しているとしたら?ほとんどの女性は10歳~15歳で初潮を迎え、それから平均で40年間生理が続きます。その40年を悩んだまま過ごすなんてもったいない!生理の辛さや悩みを諦めず、女性がもっと自由に話し合える社会・分かり合える社会を実現したいと考えています。




生理=タブーという考えを払拭するため、学内のオープンキャンパスを利用し高校生と生理用品に触れある場を設けました。


本当ですか?

2011年3月に発生した東日本大震災後の避難所では、女性用衛生用品が提供されていましたが、1人につき1つのパッケージしか提供されていませんでした。実際、衛生状態を保つために、ナプキンは1〜2時間ごとに新しいものに交換する必要があります。しかし、避難所を管理している男性が多く、その事実が埋もれてしまっていました。生理の知識が不足していると、他にもさまざまな問題が発生する可能性があります。実は女性でも意外と「生理」を詳しく理解している人は少ないんです。だからこそ、みんなで知っていく必要があります。





私たちの活動を多くの人に知って頂くため、定期的にSNS更新をしています。私たちの活動概要・生理に関する情報などをシェアしています。ぜひインスタグラムladybird_ocuをフォローしてください。

メディアに取材された様子や、クラウドファンディングに関する情報、プロジェクトの進捗など随時発信しています!




 皆様から頂いた支援金は下記の経費として大切に活用させていただきます。クラウドファンディング手数料、リターン品制作料+発送料を差し引き、手元に残った資金で、下記の優先度順に記載いたします!

1)生理の日制定にかかる経費

2)生理用品購入費用 

3)生理の日イベント実施にかかる経費(印刷費、会場使用料など)

大切に活用させていただきます!



『生理』=女性じゃない。

 ジェンダーの垣根なく多くの人が生理に関心を持ち、「生理貧困」だけでなく生理が引き起こす様々な問題や悩みに声を上げられる・耳を傾ける社会を目指しています。そこで『みんなごと』にする第一歩として『生理の日』の記念日制定を目指しています。

※生理の日制定が不可能だった場合、費用は無償提供する生理用品代に回します。



 クラウドファンディングで得た資金で、生理用品購入に苦労している方々へ届けたい。私たちLadybirdはアンケート調査から得た、沖縄の学生5人に1人が生理用品の購入に苦労しているという結果をもとに、生理用品への出費が負担になっている方々へサポートする体制を作りたい!と思っています。一回の生理期間(5日間)で使用するナプキンの平均枚数は約25枚、ナプキン1枚の平均単価を約30円だとすると一回の生理でかかる費用は750円一生のうちでかかる費用は約40万円に!(生理が続くとされる期間は平均40年)それにサニタリーショーツ、鎮痛剤、産婦人科受診料などが加わると・・・けして安い金額ではありません!!

しかし、現実では...「生理用品が買えない」、「でも誰にも相談できない」 と自分だけの問題と抱え込む人が少なくないはず。もう一人で抱え込む必要ありません。声を上げやすい環境・声を拾える環境・みんなで考え、解決にむけアクションできる環境その一歩として、無償配布と楽しく・気軽に集えるイベントを行う予定です!!



 現在、私たちのは沖縄キリスト教学院大学の5名のメンバーで活動を行なっています。これから、活動を進めていくにあたって仲間の輪を広げていきたいと思っています。

「生理について、もっと知りたい」

「生理を理解してほしい」

「オープンに話せるようにしたい」

「社会貢献がしたい」

など、生理に対して関心がある仲間を募集しています!

私たちが目指しているのは、【生理について、みんなが話せる環境づくり】です。性別など関係ありません。男女問わず大歓迎です!

興味のある方は下記のメールアドレス、またはインスタグラムのダイレクトメールよりご連絡お願いします。お待ちしております☺

・メールアドレス: seirinomikata.ocu@gmail.com

・インスタのリンク :ladybird_ocu




Ladybirdのロゴは、【全ての人がオープンに生理の話しをできるよう】にという願いを込めてメンバーがデザインしました。返礼日として、ロゴ入りのグッズ(ステッカー、エコバッグ)を作成する予定です。作成する数が決まってからの受注発注となるので、詳細は未定ですが決まり次第このサイト・LadybirdのSNSでお知らせいたします。

【全コース共通】

・支援に対する感謝状

・無償提供の結果報告レポート

(実際に無償提供を実施した施設、数量等を後日メールにて配信致します)

【支援金500円 】

・全コース共通に追加して

・Ladybirdオリジナルロゴステッカー

【支援金 1,000円(全力応援価格)】

・全コース共通に追加して

・Ladybirdオリジナルロゴステッカー

※500円の支援金と同じ内容です。金額だけ多い支援ですのでご注意ください。

【支援金3,000円 】

・全コース共通に追加して

・Ladybirdオリジナル ロゴステッカー

・Ladybirdオリジナル エコバッグ

【支援金 5,000円(全力応援価格)】

・全コース共通に追加して

・Ladybirdオリジナル ロゴステッカー

・Ladybirdオリジナル エコバッグ

※3,000円の支援金と同じ内容です。金額だけ多い支援ですのでご注意ください。

【支援金 50,000円(法人様支援プラン)】

・全コース共通に追加して

・Ladybirdオリジナル ロゴステッカー

・Ladybirdオリジナル エコバッグ

・10月18日イベントでの連携企画実施プラン



【応募締切】2021年9月30日

【リターン商品発送】2021年11月に発送予定

【無償配布】2021年12月末までに

啓発イベント 10月18日(生理の日の予定日)


‐生理の日制定が不可能だった場合、その費用は生理用品無償配布の費用へと回されます。

‐返礼品はプロジェクト終了後に発注いたします。納品後の発送となりますので、予めご了承ください。


   

 最後までご覧いただきありがとうございました。私たちは、【性別関係なく生理の話をできるオープンな環境】も生理貧困の課題解決方法の一つと考えています。そのために、多くの方が「自分事」として参加できることが大事だと考え、クラウドファンディングを活用させていただくことになりました。クラウドファンディングで得た資金で、生理用品購入に苦労している方々へ届けたいと考えています。


このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    75

  • 残り期間

    8

  • 集まっている金額

    299,700

    目標金額:700,000

  • 達成率42%

    42%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2021年09月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

Ladybird(沖縄キリスト教学院大学4年次メンバー)

 Lasybirdは沖縄キリスト教学院大 ... 学の学生有志で結成されたメンバーです。徳元京花、當眞千紗、外間ひなた、山本廉、池原慶の5人です。大学の講座で「社会課題の解決にむけて取り組む」ことを学んだことをきっかけに「身近な問題である沖縄の生理貧困についてまずは取り組むことにしました。国際女性デーで発信されたこと、コロナ禍で問題が顕在化してきた。沖縄は平均収入も低く、アルバイトで収入が安定しない学生は「生理貧困」の問題が深刻化しやすいと考え、学生である私たちに何かできることがないかと意気投合したメンバーで活動を始めました。

【ladybird(テントウムシ)】
私たちは生理貧困の問題に取り組むにあたって、多くの人が「生理」への理解を深める事が重要であると考え、『てんとう虫』を象徴とし、親しみやすいロゴの作成しました。
  • 残り493枚

    500

    ステッカー

    リターン

      〇ステッカー
      ○デザインはイメージです。
      <注意>リターンはクラウドファンディング終了後、発注数が確定してからの発注となります。現在のところデザインの詳細は決まっていませんが、詳細が決まり次第このページでお知らせいたします。2021年◎月いっぱいで配送予定です。ご了承いただけますようお願い致します。

    支援者の数 7

    お届け予定:2021年10月

  • 残り475枚

    1,000

    ステッカー(全力応援)

    リターン

      〇ステッカー(1枚)
      〇デザインはイメージです。
      〇ステッカーの大きさはスマホの裏面に張れるサイズとなります。
      <注意>
      ・500円のリターン品と同じ内容で金額は1000円となります。
      ・リターンはクラウドファンディング終了後、支援者数が確定してからの発注となります。現在のところデザインの詳細は決まっていませんが、詳細が決まり次第このページでお知らせいたします。2021年11月いっぱいで配送予定です。ご了承いただけますようお願い致します。

    支援者の数 25

    お届け予定:2021年11月

  • 残り80枚

    3,000

    ステッカー + エコバッグ

    リターン

      〇ステッカー + エコバッグ
      ○デザインはイメージです。
      〇ステッカーの大きさはスマホの裏面に張れるサイズとなります。
      〇エコバッグのサイズやデザインについては検討中で決まり次第、プロジェクトページ・活動報告でお知らせします。

      <注意>リターンはクラウドファンディング終了後、支援者数が確定してからの発注となります。現在のところデザインの詳細は決まっていませんが、詳細が決まり次第このページでお知らせいたします。2021年11月いっぱいで配送予定です。ご了承いただけますようお願い致します。

    支援者の数 20

    お届け予定:2021年11月

  • 残り77枚

    5,000

    ステッカー + エコバッグ (全力応援)

    リターン

      〇ステッカー + エコバッグ
      ○デザインはイメージです。
      〇ステッカーの大きさはスマホの裏面に張れるサイズとなります。
      〇エコバッグのサイズやデザインについては検討中で決まり次第、プロジェクトページ・活動報告でお知らせします。

      <注意>
      ・3000円のリターン品と同じ内容で金額は5000円になります。
      ・リターンはクラウドファンディング終了後、支援者数が確定してからの発注となります。現在のところデザインの詳細は決まっていませんが、詳細が決まり次第このページでお知らせいたします。2021年11月いっぱいで配送予定です。ご了承いただけますようお願い致します

    支援者の数 22

    お届け予定:2021年11月

  • 残り4枚

    50,000

    法人様支援プラン

    リターン

      【支援金 50,000円(法人様支援プラン)】
      〇ステッカー(1枚)+エコバッグ
      〇デザインはイメージです。
      〇ステッカーの大きさはスマホの裏面に張れるサイズとなります。
      ◎10月18日イベントでの連携企画実施プラン
      ※生理の日のイベントを一緒に盛り上げていただく企画をつくります。
      詳細は支援が決定後、メンバーと共に創り上げていきます。

      <注意>
      ・5,000円のリターン品と同じ内容で金額は50,000円となります。
      ・リターンはクラウドファンディング終了後、支援者数が確定してからの発注となります。現在のところデザインの詳細は決まっていませんが、詳細が決まり次第このページでお知らせいたします。2021年11月いっぱいで配送予定です。ご了承いただけますようお願い致します。

    支援者の数 1

    お届け予定:2021年11月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす