A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


  • 一般財団法人 わびあいの里

沖縄・土地闘争資料を発刊したい!農民の生き延びるための非暴力の闘いの記録

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

■沖縄・土地闘争の記録『真謝日記』発刊...

■沖縄・土地闘争の記録『真謝日記』発刊

 1950年代、本土復帰を目指した沖縄で起こった島ぐるみ闘争に大きな影響を与えた、伊江島の農民たちの非暴力の抵抗である「乞食行進」。

 その中心だった故・阿波根昌鴻さん(1901年生~2002年没、享年102歳)が残した農民たちの生きるための記録、『真謝日記』を書籍化し、今後の平和学習、研究に役立ていきたいと考えています。今回、その印刷費30万円を集めたいと思います。



■阿波根昌鴻が残した資料

 沖縄県の北部、本部町からフェリーで約25分のところにある伊江島。島の真ん中にある、「城山(タッチュー)」と呼ばれる山が沖縄本島からも良く見えます。この伊江島に、沖縄戦を記録する資料館、「ヌチドゥタカラの家」があります。

 館内に展示してある資料と作品で「ヌチドゥタカラ=命こそ宝」を再確認すると共に、戦争を知らない世代や、これから生まれてくる子どもたちに、平和を作り出す人が一人でも増えてほしいと願いをこめています。

 この資料館を設立したのが、阿波根昌鴻さんです。阿波根さんは生涯を平和運動にささげ、「沖縄のガンジー」と呼ばれています。阿波根さんは、早い時期から当時珍しかったカメラを手に入れ、琉球政府や米軍と交渉の記録を残していました。この膨大な記録は単なる過去の遺物ではなく、市民の活動や当時の状況を知る重要な資料です。その資料の貴重さを感じた全国のアーキビスト(資料保存専門家)が2002年から調査会を発足し、今年で15年目を迎えます。



■土地闘争の住民の記録『真謝日記』とは

 今回発刊するこの「日記帳」は、1955年4月から7月にかけて、伊江村の真謝区民の行動記録として書かれたものです。同年3月に米軍によって強制的に土地を接収され、生活の途を奪われた真謝の人びとは、眼前の問題にどのように対処し、理不尽な状況を変えていくためにどのように声をあげていったのか ―― 当時の「日記」が克明に物語っているのは、人びとが生き延びるための足跡そのものであると専門家は語ります。

 区民による打ち合わせ、生活物資の配給方法、島外に出かける陳情団への支援、米軍や琉球政府との折衝、射撃演習への対応など、占領下での「たたかい」の原点を伝える記述が随所に織り込まれた貴重な記録です。

「土地を取られ、土日も演習され、子供達の養育も不可能であり 食量既になし

学生に弁当を持たさず、帰りに生イモをかじり(土曜)下痢もした(三日間)

金網を取って賠償し、農耕させろ。」 --『真謝日記』より


■沖縄県内の図書館、学校へ配布

 発刊した『真謝日記』は、県内の学校へ配布し、歴史を学ぶ資料として活用して頂きます。また、阿波根昌鴻資料調査会では今後定期的に資料を公開する準備を進めており、「阿波根昌鴻資料」として、平和社会の実現に活かしてもらいたいと考えています。今回集まった支援は次の発刊に繋げていきます。


■伊江島・わびあいの里

 「わびあい」とは、家庭も社会も国も、平和で豊かに暮らすためには、わびあいの心によってしか実現しないとの阿波根さんの信念から名づけられました。 現在、わびあいの里には「やすらぎの家」と「反戦平和資料館・ヌチドゥタカラの家」の二つ施設があります。

 ここは、平和学習のために訪れる修学旅行生や、全国、世界で暴力に闘うひとたちが集い、語り合う場であり、今なお基地強化が進む沖縄・伊江島の現状を学ぶ場所になっています。阿波根さんは、「平和をつくる最大の武器は学習だ」と言います。この機会にぜひ伊江島、わびあいの里を訪れて頂き、平和への想いを共有して頂ければ幸いです。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    69

  • 残り期間

    6

  • 集まっている金額

    368,000

    目標金額:300,000

  • 達成率122%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

一般財団法人 わびあいの里

沖縄県北部、伊江島にある反戦平和資料館「 ... ヌチドゥタカラの家」と「やすらぎの家」の二つの施設からなる、わびあいの里。平和学習のために訪れる学生や、全国・世界で暴力に闘う人たちが集い語り合う場です。
  • 3,000

    冊子セット

    リターン

      ●『真謝日記(阿波根昌鴻資料①)』1冊
      ●お礼状
      ●機関誌「花は土に咲く」名前掲載

    支援者の数 30

    お届け予定:2017年11月

  • 3,000

    伊江島特産品セット

    リターン

      ●伊江島おっかー自慢のイカ墨じゅーしぃ 2袋
      ●お礼状
      ●機関誌「花は土に咲く」名前掲載

    支援者の数 2

    お届け予定:2017年11月

  • 5,000

    ダブルセット

    リターン

      ●『真謝日記(阿波根昌鴻資料①)』1冊
      ●伊江島おっかー自慢のイカ墨じゅーしぃ 2袋
      ●お礼状
      ●機関誌「花は土に咲く」名前掲載

    支援者の数 26

    お届け予定:2017年11月

  • 10,000

    学習会参加チケット

    リターン

      ●2018年学習会参加チケット(3000円相当)(2018年3月3日、4日開催)
      ※伊江島までの移動は自己負担
      ●『真謝日記(阿波根昌鴻資料①)』1冊
      ●お礼状
      ●機関誌「花は土に咲く」名前掲載

    支援者の数 11

    お届け予定:2017年12月

このプロジェクトをシェアする

TOPへ戻る