支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)
メニュー

  • 宮良 信詳(みやら・しんしょう):「ばがーすぃまむにプロジェクト」代表

八重山語(やいまむに)の実相を明らかにし、その消滅に歯止めをかける一歩としたい

御礼とお知らせ

  • Vol.6
  • 2021年07月07日 13時33分

 「ばがーすぃまむに」プロジェクト代表、宮良信詳です。

 一般向けの解説書「やいまむに しくみと解説」(宮良信詳著)の出版については、これまで多くの皆様から本解説書の出版意義に対するご高察を賜わると同時に、心温まるご支援と励ましをいただき、心から感謝申し上げます。おかげ様で、総額1,241,500円の支援金が集まりました。その使いみちの内訳は以下の通りですが、A-Portからの入金までには時間がかかりますので、概算になりますことをご了承ください。

 1,241,500円 – A-Portへのサイト料(約22%)280,000円 = 961,500円

 961,500円 – (製本費用 485,000円 + 郵送料・その他 150,000円)

 残金 326,500円(教材製作費用に充てる予定)

 従来使用されてきた「かな表記法」では複数の基準が混在していますが、本解説書の「かな表記」は客観的な単一基準で統一され、もっとも簡素化された表記になっています。また、従来とはまったく異なる手法で「やいまむに」(八重山語)のしくみが解説されています。そのような解説書であれば、教材開発の素地造りができていますので、普及に向けて新たな展望が開けるものと期待できます。さらに、皆様からの心強いご支援にお応えして、『やいまむに 初級用』、『やいまむに 動詞・形容詞・副詞編』の教本作成にもすでに着手しています。そのうち八重山語の読本の制作にも取り掛かる予定もあります。上記の残金は主に教本作成に使う予定なので、ご了承いただきたいと思います。

 今後とも、何とぞ皆様のさらなるご理解並びにご助言をよろしくお願いいたします。

  • 支援者

    259

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    1,241,500

    (達成) 目標金額:1,000,000

  • 達成率124%

    FUNDED!

2021年06月29日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

宮良 信詳(みやら・しんしょう):「ばがーすぃまむにプロジェクト」代表

宮良 信詳(みやら・しんしょう) 74歳 ...
八重山石垣市生まれ。琉球大学名誉教授、NPO沖縄語普及協議会顧問、沖縄外国文学会顧問、沖縄県武術太極拳連盟会長。
1995年:『南琉球・八重山石垣方言の文法』(くろしお出版)
2008年:ハワイ大学で沖縄語の文法を教える。
2019年:『うちなーぐち しくみと解説』(沖縄時事出版)
     『竹取やー御主前ぬ物語』(琉球新報社)
     「四箇八重山語動詞内の母音連続変化」(沖縄外国文学会機関誌)
2021年:『うちなーぐち活用辞典』(国立国語研究所)
  • 2,000

    『やいまむに しくみと解説』1冊

    リターン

      ・『やいまむに しくみと解説』1冊を出版完了次第、お届けします。
      7月出版予定ですので,8月末までにはお届けいたします。

    支援者の数 81

    お届け予定:2021年8月

    支援期間終了

  • 3,000

    『やいまむに しくみと解説』1冊+『うちなーぐち しくみと解説』1冊

    リターン

      ・『やいまむに しくみと解説』1冊が出版完了次第、『うちなーぐち しくみと解説』(2019)1冊と一緒にお届けします。
      7月出版予定ですので,8月末までにはお届けいたします。

    支援者の数 173

    お届け予定:2021年8月

    支援期間終了

  • 10,000

    「やいまむに」の出張講座(希望者)

    リターン

      ・希望があれば「やいまむに」の講座を日程調整のうえ請け負います。
      ・場所は沖縄本島内でご希望の皆様と調整し、期間は今年7月〜10月までとさせていただきます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2021年10月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる