A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


平成29年7月九州北部豪雨の調査を行い、豪雨対策に役立つ冊子を作りたい!

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

平成29年7月福岡県と大分県を中心とする...

平成29年7月福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨。その時、住民はどのように避難したのか?行政はどのように対応をしたのか?実態調査して、全国に発信することで、次にくる豪雨災害対策に役立てるための費用の一部を募ります。


■ADI災害研究所とは

初めまして、一般社団法人ADI災害研究所 理事長の伊永 勉 です。
私は、平成7年、阪神・淡路大震災における官民連携の西宮ボランティアネットワークの結成をきっかけに、国内外24回に及ぶ災害現場への支援活動を続けています。これまでに、行政職員の防災研修や訓練、自主防災組織や市民の防災力向上をめざした講演や各種訓練など、2000回以上の研修・訓練を実施させていただきました。そして平成29年に一般社団法人ADI災害研究所を設立し、「災害に先手を打つ力」と「災害を迎え撃つ力」を持った人材育成を目指して活動しています。


■その時、彼らはどう行動したのか!

2017年7月5日から6日にかけて福岡県と大分県に発生した「平成29年7月九州北部豪雨」は記憶に新しいと思います。九州北部の一部に、50年に一度という記録的豪雨が7時間に6回も発生しました。今回の被災地の中には、私たちがこれまでに災害対策訓練や、避難訓練などに携わった地域があります。これまで私たちが地元の皆さんと行ってきた災害対策訓練や住民の避難訓練がどのように役立ったのか、また何が足りなかったのかを比較・検討して、今後の防災対策に役立てたいと思いました。

この豪雨の中、住民はどのように避難したのか、行政はどのように対応をしたのかについて調査・報告書を作成し、防災事業で交流のある福岡県、大分県の市町村、日ごろ研修などを行っている大阪府、和歌山県、奈良県等近畿地方の市町村、さらに交流のある「人と防災未来防災センター」や当団体の会員等へ配布することで、市町村の職員や地域の防災力向上を目指します。
※配布する市町村に変更があった場合、A-portプロジェクトページ内の活動報告にてお知らせいたします。

■これまでの対策

7月の九州北部豪雨は、ごく狭い地域でわずか7時間の間に1カ月半分の雨が降りました。こうした集中豪雨は、現在の技術であらかじめ予測することが難しく、わかった時には大雨となっていて、対策が間に合わないこともあります。これまで市町村による大雨や洪水への対策は、梅雨の長雨や台風が主でしたが、年々集中豪雨などが増え、従来のやり方では対応できないことも多くなっています。市町村は今まで以上に素早い対策を迫られています。

■何を調査するのか

今回の調査地は、福岡県にある朝倉市や東峰村です。これまでは、役所から避難の情報が出たら避難するということで間に合っていたかもしれません。でも今回のように、事前に予測が難しいような集中豪雨の時には、私たちは自分で判断して避難を始め安全対策を講じなければ、自分の命も家族の命も危険だということがわかりました。今回の調査では、どんなことに注意すればよいのか、何が避難のきっかけだったのか、大雨で孤立してしまった原因や、避難できた人・できなかった人などの行動を分析し参考として活用できる報告書を作成します。

■ご支援いただいた方へのリターンについて

【3,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。

【5,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。
報告者のご協力者紹介頁にお名前(A-port支援者名)を掲載させていただきます。

【10,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。
報告者のご協力者紹介頁にお名前(A-port支援者名)を掲載させていただきます。
被災地の特産品の中から、手作り梨の蜜(無添加甘味料)、東峰村産柚子使用柚子胡椒、朝倉産柿酢使用柚子ポン酢などスタッフが選んだものをお送りします。(1500円相当)

※写真はイメージです。季節により商品が変わります。

【30,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。
報告者のご協力者紹介頁にお名前(A-port支援者名)を掲載させていただきます。
ADI災害研究所がお勧めする防災グッズの中から、防水LEDランタン、自動車用水害対策用品、備蓄食料品など、いくつか選びお送りします。(5000円相当)


※写真はイメージです。

【50,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。
報告書に1/2ページ枠(サイズ横19センチ×縦13センチ程度)の広告を掲載させていただきます。企業様の社会貢献として、また企業様のPRの場として活用していただけます。

【100,000円】
調査結果を取りまとめた報告書をお送りいたします。
報告書に1ページ枠(サイズ横19センチ×縦28センチ程度)の広告を掲載させていただきます。企業様の社会貢献として、また企業様のPRの場として活用していただけます。

■資金の使途

・調査スタッフ(延べ20人)の旅費交通費(大阪から福岡)及び現地でのレンタカーなどの交通費 75万円
・被災者への調査協力謝礼 50万円
被災者の方にお話を聞いた際調査協力のお礼として、商品券等寸志をお渡しします。
・調査報告書の印刷 40万円
・被災地特産品等の購入 20万円
・消耗品・通信・郵送費 15万円

■想定されるリスク

調査は、災害直後より福岡県朝倉市の被災現場の視察、防災担当職員への当時の対応等について被災者数名や朝倉市役所職員へのヒアリング調査を3回、気象予報士による気象情報の分析について、すでに自己資金による実施しました。今後は、福岡県東峰村や大分県日田市の現場視察や防災担当職員への当時の対応などについてのヒアリング、また被災者へ避難を行ったタイミングやきっかけなどについてヒアリングを行う予定です。
支援金額が目標に達しなかった場合、調査対象の市町村やヒアリングの人数を減らす可能性があります。
支援金額が目標を超過した場合、当初予定していた報告書配布地域を拡大して、印刷部数を増やし、より多くの地方自治体へ進呈したり、報告会の開催を公募して予算の許す範囲で開催したりするなど、調査結果を社会に役立てるために使わせていただきます。また、気象や防災専門家へのヒアリングや情報の解析や分析などを行う資金にも充てさせていただくことで、自己資金の持ち出しを減らせることを期待しています。いずれもA-portプロジェクトページ内にある活動報告書でお知らせいたします。


■最後に

私たちのプロジェクトを最後まで読んでいただきありがとうございました。
このプロジェクトを通し、災害への予防と被害への軽減に貢献できれば幸いです。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    8

  • 残り期間

    42

  • 集まっている金額

    76,000

    目標金額:2,000,000

  • 達成率3%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年11月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

一般社団法人ADI災害研究所

平成7年、阪神・淡路大震災において官民連 ... 携の西宮ボランティアネットワークの結成に際して、当研究所理事長の伊永勉(これなが・つとむ)が同ネットワークの代表に就任以来、国内外の多くの災害現場でのコーディネーションと後方支援活動を行い、自治体の防災に関する研修会や訓練、自主防災の研修、訓練など企画運営支援を進め、平成29年に一般社団法人ADI災害研究所を設立しました。22年以上に及ぶ経験・実績をもとに、「災害に先手を打つ力」と「災害を迎え撃つ力」を持った人材育成を目指しています。詳細はhttp://www.adi-saigaikenkyusyo.comをご覧ください。会員は、随時募集しています。
  • 3,000

    調査結果報告書を送ります

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果をまとめた報告書をお送りいたします。

    支援者の数 2

    お届け予定:2018年1月

  • 5,000

    調査ご協力者としてお名前を掲載

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果を取りまとめた報告書を送り致します。
      ◆報告書の調査ご協力者ページにお名前(A-port支援者名)を掲載させていただきます。

    支援者の数 2

    お届け予定:2018年1月

  • 10,000

    被災地特産品をお届け

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果を取りまとめた報告書を送り致します。
      ◆報告書の調査ご協力者ページにお名前(A-port支援者名 )を掲載させていただきます。
      ◆被災地の特産品の中から、スタッフが選んだものをお送りいたします。

    支援者の数 3

    お届け予定:2018年1月

  • 30,000

    ADIおすすめ防災グッズをお届け

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果を取りまとめた報告書を送り致します。
      ◆報告書の調査ご協力者ページにお名前(A-port支援者名)を掲載させていただきます。
      ◆ADI災害研究所がお勧めする防災グッズの中から特におすすめの商品を選んでお送りいたします。

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年1月

  • 50,000

    報告書の広告枠をご提供します

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果を取りまとめた報告書を送り致します。
      ◆報告書に1/2ページ枠の広告を掲載させていただきます。企業様の社会貢献としてまた企業様のPRの場として活用していただけます。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年1月

  • 100,000

    社会貢献 報告書の広告枠をご提供します

    リターン

      ◆お礼のメール
      ◆支援者限定の活動報告書を共有
      ◆調査結果を取りまとめた報告書を送り致します。
      ◆報告書に1ページ枠の広告を掲載させていただきます。企業様の社会貢献としてまた企業様のPRの場として活用していただけます。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年1月

このプロジェクトをシェアする

TOPへ戻る