メニュー
支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)

  • 特定非営利活動法人スマイルブルーミング
  • スポーツ

“60秒”で人生を変えるパラアスリートの軌跡〜Go beyond Limits〜

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

 東京パラリンピックをはじめ世界に羽ばたく夢を追いかける若きスーパーパラアスリート。その名も林瑞妃(はやし みずき)選手と関口颯真(せきぐち そうま)選手だ。彼女らの「世界に羽ばたきパラアスリートの頂点に立つ」という夢を叶え、多くの方に夢と希望を与えるために、今回のクラウドファンディングでは合宿や遠征等に必要な費用の一部を募ります。 プロジェクト開催に至った経緯  私たちNPO法人スマイルブルーミング(http://www.smile-blooming.org/)は、障害の有無に関わらず誰もがスポーツを通じて笑顔になれる環境を提供しようという思いから設立した団体です。2016年リオデジャネイロパラリンピック出場を目指す選手との出会いを皮切りにパラアスリートの支援事業も同時に開始しました。リオデジャネイロパラリンピックにはサポートさせていただいた選手も念願の出場を果たすことができました。  現在は、若き2人のパラアスリートの夢である「パラアスリートの頂点」に向けてトレーニングを行なっています。そんなパラアスリートたちとの出会いは次のようでした。  2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が日本に決定し、国民のオリンピック・パラリンピックへの関心は日々高まっています。つい先日開催された平昌パラリンピックでは、皆さんも目の当たりにした通り、前例がないほどにSNSやテレビ放送がされていました。画面の向こうで活躍するパラアスリートを見て、僕・私もパラリンピックに出たい!という若きパラアスリートたちが瞳にキラキラとした輝きを持ったことでしょう。その内の1人・林瑞妃選手から私たちに一通のメールが届きました。 ──────東京パラリンピックに出たいです。 たった一言のこの言葉には純粋な輝きと希望を感じました。 そんな彼女らに大きな壁が・・・  詳しくパラリンピック(T20;知的の部)について調べると、実は彼女たちの得意な100m競争や200m競争という種目はなく、一番短くても400mという種目しかありませんでした。そんな諦めの空気を打破するように、彼女は力強い言葉で私たちに宣言しました。 ──────私、400mやります。 勇気あるこの言葉に、私たちは大きく心を動かされました。“世界に羽ばたきたいという夢を抱くパラアスリートを応援したい!”“若き彼女らの秘めたる才能を開花させ、周りの応援してくださる方々も笑顔にしたい!”“そして何より応援してくださる方々と共に、パラアスリートの頂点を目指し彼女らの人生を変えたい!” そんな思いから、本プロジェクトが開始しました。   壮大なプロジェクト〜彼女らの可能性〜 <span id="selection-marker-1" class="redactor-selection-marker" data-verified="redactor"></span>  林瑞妃選手は現在滋賀県で社会人として働きながら、試行錯誤して練習に励んでいる女性パラアスリートです。彼女は自分の走りをビデオで確認しながらフォームなどを改善する分析タイプです。関口颯真選手はパラアスリートの頂点を目指す高校2年生です。彼は負けず嫌いの情熱タイプで、なんといっても練習中の集中力は計り知れないです。  両選手ともに100m・200m競争は全国でもトップレベルで、第16回障がい者スポーツ大会「希望郷いわて大会」では優勝など輝かしい結果を残しています。関口選手にいたっては100mの公認自己ベストは11秒66で、日本記録まで残り0.3秒まで迫っている実力の持ち主です。しかし、世界の壁は厚くまだまだパラスポーツの頂点に立つことはできません。林選手は400mという距離に不安はあるものの、初めて行った400m走ではなんと今年開催されるアジアパラリンピックの標準記録突破・滋賀県記録を更新するタイム(67秒85)で駆け抜けました。前回のリオデジャネイロパラリンピックの参加標準記録(B)も突破したものの、参加標準記録(A)の突破や日本人3位以内に入らなければ出場することはできず、今の時点ではスタートラインに立つことはできません。 ですが、彼女たちの能力や決意、お互いに切磋琢磨し合える素晴らしい環境、サポートしてくださる多くの方々を味方に「TOKYO2020」に向けて取り組んでいきます。 トレーニングを実施するにあたり、このプロジェクトでは全国トップクラスの実績をもつコーチや全国大会優勝常連校の栄養指導実績をもつ管理栄養士の方にもご協力をいただいております。以上のような全面的な協力により今回のプロジェクトを実施致します。 このプロジェクトが終わる頃には、彼女らは東京パラリンピックのスタートラインに立っていることでしょう。そして、皆さんの目には表彰台に立っている彼女らの笑顔が映っていることでしょう。その第一歩を彼女らとともに踏み出しませんか。 合宿費や遠征費などの強化費に使います! 今回目標としている80万円は以下の通りに使わせていただきます。①合宿費(コーチやトレーナー含める):20万円②遠征費(資格登録(海外が多い)に係る費用や試合遠征):25万円③競技用器具費(練習で使用するもの):15万円④手数料・リターン:20万円①合宿費とは長期休暇中に実施する合宿に使わせていただきます。通常の練習でも専属でついてくださるコーチやハードなトレーニング後に身体のケアを施してくださるトレーナーの方の分も含めております。②遠征費とは国内外問わず、試合遠征するたびに交通費や宿泊費が必要になります。また、世界選手権やパラリンピック出場に必須な資格登録(INAS・IPC登録)をします。ほとんどの場合海外での資格登録をするため、それに係る費用にあたります。③競技用器具費とは練習をする際、様々な用器具を使ってトレーニングを行います。その器具等の購入にあたります。④手数料・リターンとは、本プロジェクトにかかる手数料や支援してくださった皆様への感謝の気持ちを表すリターンにあてさせていただきます。 このプロジェクトの未来像  このプロジェクトの本当のゴールは、彼女らが世界の舞台で活躍し表彰台に立つことだけではありません。『いかに多くの人を笑顔にさせられるか。』『いかに多くの人に夢と希望を与えられるか。』『いかに「自分に自信がない」という人に自信をもってもらうか。』 今回たくさんの方に支援していただき、彼女らの人生が変わったならば、次は彼女らが多くの人の人生を変える番です。遠い将来、社会を変えるのは彼女らかもしれません。もしかすると、支援してくださった方のお子さんやお孫さんの人生を彼女らが変えてくれるかもしれませんね。 今後の予定 2018年度(試合予定は増える可能性があります。) ・記録会・2018ジャパンパラ陸上競技大会・2018日本ID陸上競技選手権大会・強化合宿・全国障がい者スポーツ大会(国体)・INAS・IPC登録・クラス分け(海外の可能性)2019年度(予定)・INAS Global games in Australia・INAS Champion Ship(予定)・World Para Athletics Championships・2019ジャパンパラ陸上競技大会・2019日本ID陸上競技選手権大会・第30回日本パラ陸上競技選手権大会  来年度以降の国際レベル試合(東京パラリンピックも含めて)に出場するためにはINASとIPCの資格登録が必須です。2018年の目標は資格登録のためのタイム(厳密には定められていない)を突破することです。400mのパラリンピック参加標準記録(A)が64秒00ですので、今年はこのタイムを突破することを目指します。 想定されるリスク  今年は400m競争で64"00を突破し、INAS・IPCの資格登録を目指します。しかし、勝負の世界である故に達成できない可能性も0ではありません。もし64"00を突破することができず資格登録もできなかった場合でも、来年中に64"00を突破することを目指し、東京パラリンピックやその先のパリ・パラリンピック、INAS Global gamesなど国際レベルの大会に向けてチャレンジしていきます。 リターンに関して ▪️1000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告 ▪️3000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル ▪️5000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン ▪️10000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル ▪️30000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル+パラアスリートのフォトブック(パラアスリートサイン付)+国内トップレベルの試合や東京パラリンピックや世界大会等の国際レベルの大会に持参する応援フラッグへ記名(ご支援いただいた後にご希望の名前をサイト内メールにてお伺いします。) ▪️50000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル+パラアスリートのフォトブック(パラアスリートサイン付)+国内トップレベルの試合や東京パラリンピックや世界大会等の国際レベルの大会に持参する応援フラッグへ記名+当法人ホームページの応援者(スペシャルサポーター)ページに名前の記載(ご支援いただいた後にご希望の名前をサイト内メールにてお伺いします。)※リターンのデザインは変更させていただく可能性がございます。 最後に  最後まで見てくださりありがとうございます。陸上競技とは個人競技とよく言いますが、実は全く違うのです。スタートラインに立つまでどれだけ多くの方に支えられたでしょうか。スタートの号砲が鳴りおよそ60秒間(400m)、一体どれだけの方の声援がアスリートの背中を押すでしょうか。数えきれないほどの応援があって成り立つ競技です。そんな多くの方に支えてもらったアスリートは必ずやらなければならないことがあります。それは『60秒後にどれだけ多くの方に笑顔を向け、夢と希望を与えられるか』です。ぜひ私たちと一緒に、彼女らの人生を変える物語(軌跡)を作っていきませんか。

 東京パラリンピックをはじめ世界に羽ばたく夢を追いかける若きスーパーパラアスリート。その名も林瑞妃(はやし みずき)選手と関口颯真(せきぐち そうま)選手だ。彼女らの「世界に羽ばたきパラアスリートの頂点に立つ」という夢を叶え、多くの方に夢と希望を与えるために、今回のクラウドファンディングでは合宿や遠征等に必要な費用の一部を募ります。


プロジェクト開催に至った経緯

 私たちNPO法人スマイルブルーミング(http://www.smile-blooming.org/)は、障害の有無に関わらず誰もがスポーツを通じて笑顔になれる環境を提供しようという思いから設立した団体です。2016年リオデジャネイロパラリンピック出場を目指す選手との出会いを皮切りにパラアスリートの支援事業も同時に開始しました。リオデジャネイロパラリンピックにはサポートさせていただいた選手も念願の出場を果たすことができました。

 現在は、若き2人のパラアスリートの夢である「パラアスリートの頂点」に向けてトレーニングを行なっています。そんなパラアスリートたちとの出会いは次のようでした。


 2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が日本に決定し、国民のオリンピック・パラリンピックへの関心は日々高まっています。つい先日開催された平昌パラリンピックでは、皆さんも目の当たりにした通り、前例がないほどにSNSやテレビ放送がされていました。画面の向こうで活躍するパラアスリートを見て、僕・私もパラリンピックに出たい!という若きパラアスリートたちが瞳にキラキラとした輝きを持ったことでしょう。その内の1人・林瑞妃選手から私たちに一通のメールが届きました。



──────東京パラリンピックに出たいです。



たった一言のこの言葉には純粋な輝きと希望を感じました。


そんな彼女らに大きな壁が・・・

 詳しくパラリンピック(T20;知的の部)について調べると、実は彼女たちの得意な100m競争や200m競争という種目はなく、一番短くても400mという種目しかありませんでした。そんな諦めの空気を打破するように、彼女は力強い言葉で私たちに宣言しました。


──私、400mやります。


勇気あるこの言葉に、私たちは大きく心を動かされました。

世界に羽ばたきたいという夢を抱くパラアスリートを応援したい!
若き彼女らの秘めたる才能を開花させ、周りの応援してくださる方々も笑顔にしたい!
そして何より応援してくださる方々と共に、パラアスリートの頂点を目指し彼女らの人生を変えたい!

そんな思いから、本プロジェクトが開始しました。

 

壮大なプロジェクト〜彼女らの可能性〜



 林瑞妃選手は現在滋賀県で社会人として働きながら、試行錯誤して練習に励んでいる女性パラアスリートです。彼女は自分の走りをビデオで確認しながらフォームなどを改善する分析タイプです。関口颯真選手はパラアスリートの頂点を目指す高校2年生です。彼は負けず嫌いの情熱タイプで、なんといっても練習中の集中力は計り知れないです。
 
 両選手ともに100m・200m競争は全国でもトップレベルで、第16回障がい者スポーツ大会「希望郷いわて大会」では優勝など輝かしい結果を残しています。関口選手にいたっては100mの公認自己ベストは11秒66で、日本記録まで残り0.3秒まで迫っている実力の持ち主です。しかし、世界の壁は厚くまだまだパラスポーツの頂点に立つことはできません。林選手は400mという距離に不安はあるものの、初めて行った400m走ではなんと今年開催されるアジアパラリンピックの標準記録突破・滋賀県記録を更新するタイム(67秒85)で駆け抜けました。前回のリオデジャネイロパラリンピックの参加標準記録(B)も突破したものの、参加標準記録(A)の突破や日本人3位以内に入らなければ出場することはできず、今の時点ではスタートラインに立つことはできません。

 ですが、彼女たちの能力や決意、お互いに切磋琢磨し合える素晴らしい環境、サポートしてくださる多くの方々を味方に「TOKYO2020」に向けて取り組んでいきます。

 トレーニングを実施するにあたり、このプロジェクトでは全国トップクラスの実績をもつコーチや全国大会優勝常連校の栄養指導実績をもつ管理栄養士の方にもご協力をいただいております。以上のような全面的な協力により今回のプロジェクトを実施致します。

 このプロジェクトが終わる頃には、彼女らは東京パラリンピックのスタートラインに立っていることでしょう。そして、皆さんの目には表彰台に立っている彼女らの笑顔が映っていることでしょう。その第一歩を彼女らとともに踏み出しませんか。



合宿費や遠征費などの強化費に使います!

今回目標としている80万円は以下の通りに使わせていただきます。

①合宿費(コーチやトレーナー含める):20万円
②遠征費(資格登録(海外が多い)に係る費用や試合遠征):25万円
③競技用器具費(練習で使用するもの):15万円
④手数料・リターン:20万円


①合宿費とは長期休暇中に実施する合宿に使わせていただきます。通常の練習でも専属でついてくださるコーチやハードなトレーニング後に身体のケアを施してくださるトレーナーの方の分も含めております。
②遠征費とは国内外問わず、試合遠征するたびに交通費や宿泊費が必要になります。また、世界選手権やパラリンピック出場に必須な資格登録(INAS・IPC登録)をします。ほとんどの場合海外での資格登録をするため、それに係る費用にあたります。
③競技用器具費とは練習をする際、様々な用器具を使ってトレーニングを行います。その器具等の購入にあたります。
④手数料・リターンとは、本プロジェクトにかかる手数料や支援してくださった皆様への感謝の気持ちを表すリターンにあてさせていただきます。

このプロジェクトの未来像

 このプロジェクトの本当のゴールは、彼女らが世界の舞台で活躍し表彰台に立つことだけではありません。

『いかに多くの人を笑顔にさせられるか。』
『いかに多くの人に夢と希望を与えられるか。』
『いかに「自分に自信がない」という人に自信をもってもらうか。』

今回たくさんの方に支援していただき、彼女らの人生が変わったならば、次は彼女らが多くの人の人生を変える番です。遠い将来、社会を変えるのは彼女らかもしれません。もしかすると、支援してくださった方のお子さんやお孫さんの人生を彼女らが変えてくれるかもしれませんね。

今後の予定

2018年度(試合予定は増える可能性があります。)
・記録会
・2018ジャパンパラ陸上競技大会
・2018日本ID陸上競技選手権大会
・強化合宿
・全国障がい者スポーツ大会(国体)
・INAS・IPC登録・クラス分け(海外の可能性)

2019年度(予定)
・INAS Global games in Australia
・INAS Champion Ship(予定)
・World Para Athletics Championships
・2019ジャパンパラ陸上競技大会
・2019日本ID陸上競技選手権大会
・第30回日本パラ陸上競技選手権大会

 来年度以降の国際レベル試合(東京パラリンピックも含めて)に出場するためにはINASとIPCの資格登録が必須です。2018年の目標は資格登録のためのタイム(厳密には定められていない)を突破することです。400mのパラリンピック参加標準記録(A)が64秒00ですので、今年はこのタイムを突破することを目指します。

想定されるリスク

 今年は400m競争で64"00を突破し、INAS・IPCの資格登録を目指します。しかし、勝負の世界である故に達成できない可能性も0ではありません。もし64"00を突破することができず資格登録もできなかった場合でも、来年中に64"00を突破することを目指し、東京パラリンピックやその先のパリ・パラリンピック、INAS Global gamesなど国際レベルの大会に向けてチャレンジしていきます。

リターンに関して

▪️1000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告
▪️3000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル
▪️5000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン
▪️10000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル
▪️30000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル+パラアスリートのフォトブック(パラアスリートサイン付)+国内トップレベルの試合や東京パラリンピックや世界大会等の国際レベルの大会に持参する応援フラッグへ記名(ご支援いただいた後にご希望の名前をサイト内メールにてお伺いします。)
▪️50000円:支援へのお礼メッセージ+支援者限定活動報告+写真付ポストカード+当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)+当法人限定ボールペン+当法人限定のスポーツタオル+パラアスリートのフォトブック(パラアスリートサイン付)+国内トップレベルの試合や東京パラリンピックや世界大会等の国際レベルの大会に持参する応援フラッグへ記名+当法人ホームページの応援者(スペシャルサポーター)ページに名前の記載(ご支援いただいた後にご希望の名前をサイト内メールにてお伺いします。)
※リターンのデザインは変更させていただく可能性がございます。

最後に

 最後まで見てくださりありがとうございます。陸上競技とは個人競技とよく言いますが、実は全く違うのです。

スタートラインに立つまでどれだけ多くの方に支えられたでしょうか。
スタートの号砲が鳴りおよそ60秒間(400m)、一体どれだけの方の声援がアスリートの背中を押すでしょうか。

数えきれないほどの応援があって成り立つ競技です。
そんな多くの方に支えてもらったアスリートは必ずやらなければならないことがあります。
それは『60秒後にどれだけ多くの方に笑顔を向け、夢と希望を与えられるか』です。
ぜひ私たちと一緒に、彼女らの人生を変える物語(軌跡)を作っていきませんか。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    5

  • 残り期間

    102

  • 集まっている金額

    19,000

    目標金額:800,000

  • 達成率2%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2018年08月31日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

特定非営利活動法人スマイルブルーミング

私たちNPO法人スマイルブルーミングでは ... 、障害の有無にかかわらず、スポーツを通じ、「笑顔」で「花咲く」環境の提供をしようという概念のもと活動しています。
さらには、スポーツを通じて、心身に健康で老若男女を越え地域コミュニティの形成と発展に携わり、地域社会の健康と豊かなコミュニティ作りにも貢献することを社会的役割の一つと致します。
  • 1,000

    支援者限定活動報告

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年11月

  • 3,000

    パラアスリート写真付ポストカード・当法人限定クリアファイル

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告
      ◆パラアスリート写真付ポストカード
      ◆当法人限定クリアファイル

    支援者の数 2

    お届け予定:2018年11月

  • 5,000

    パラアスリートサイン付クリアファイル・当法人限定ボールペン

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告
      ◆パラアスリート写真付ポストカード
      ◆当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)
      ◆当法人限定ボールペン

    支援者の数 2

    お届け予定:2018年11月

  • 10,000

    当法人限定スポーツタオル

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告
      ◆パラアスリート写真付ポストカード
      ◆当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)
      ◆当法人限定ボールペン
      ◆当法人限定スポーツタオル

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年11月

  • 30,000

    パラアスリートフォトブック・応援フラッグへの記名

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告
      ◆パラアスリート写真付ポストカード
      ◆当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)
      ◆当法人限定ボールペン
      ◆当法人限定スポーツタオル
      ◆パラアスリートフォトブック
      ◆国内トップレベルの試合や東京パラリンピックなどの国際レベルの大会に毎回持参する応援フラッグへの記名

    支援者の数 0

  • 50,000

    当法人ホームページ・スペシャルサポーターページへの記載

    リターン

      ◆支援へのお礼メッセージ
      ◆ご支援者限定活動報告
      ◆パラアスリート写真付ポストカード
      ◆当法人限定クリアファイル(パラアスリートサイン付)
      ◆当法人限定ボールペン
      ◆当法人限定スポーツタオル
      ◆パラアスリートフォトブック
      ◆国内トップレベルの試合や東京パラリンピックなどの国際レベルの大会に毎回持参する応援フラッグへの記名
      ◆当法人ホームページの応援者(スペシャルサポーター)ページへ名前の記載

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年11月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす