メニュー
支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)

アートワークセラピーフェス「あそんで うまれる ぼく・わたしの星」を開催したい!

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

NPO法人子ども未来研究所は創立20周年を記念し、6月17日(日)横浜市民ギャラリーで「アートワークセラピーフェス」を開催。ーアートワークセラピーは表現のプロセスも含めてまるごと「承認」し、自己肯定感を高めて自分らしく生きる力を育てます。多くの方にアートワークセラピーを知ってもらうために、クラウドファウンディングによるご支援をお願いいたします。 ☆心の成長を促す「アートワークセラピー」アートセラピーは主に欧米の精神医療の中で研究された、心のケアに役立つ心理療法です。治療を目的としたものばかりではなく、健康な人の心の苦しみなどを癒し、自己成長や自分らしさを取り戻すことにも役立てられています。海外では積極的に教育や医療等の現場で取り入れられている手法で、日本では私たちの仲間が医療機関などの臨床の場での活動を広げています。 私たち子ども未来研究所では、アートワークセラピーを「心の成長」を目的として「子ども・親子・親」のためのクラスで取り入れています。 心の成長につながるさまざまな体験を「遊び」の中で楽しみながら味わえるのがわたしたちの考えるアートワークセラピーです。 ・ダイナミックに遊んで、心身の発散や解放を味わう ・五感を使って自然や素材に触れることで、感覚が研ぎ澄まされる ・夢中で遊んでいるうちに、ふと自分のなかの「心の声」に気がつく ・表現する中で親子の絆を深めていく クラスでは一人ひとりの大切な「物語」が毎回展開されています。 ☆自分らしく自由に遊ぶ 「アートワークセラピーフェス」主に3歳~小学生のお子さん(親子)を対象にしたアートワークセラピーフェスです。 会場全体を「ぼく・わたしの星」に見立てて、「光の世界」「木の世界」「水の世界」「土の世界」「金属の世界」という5つの世界と、「ひらめき」がムクムク湧いてくる「ムクムクの木」で構成。 たくさんの段ボール、木片、粘土、絵の具、金属片など、さまざまな素材を用意。子どもたちはこれらの素材で自由に遊ぶことができます。 それぞれの素材は、心と脳を刺激して想像力(イメージの力)・創造力(工夫して創り出す力)を促し、心の成長につながっていきます。 この世界にあったらうれしいな、楽しいかも、とひらめいたものをいろいろな素材使ってアートにしてみたり、ただただ全身でドロドロびちゃびちゃになって遊んだり?!  自分が「やりたいこと」をやっているだけで、そのパワーは会場である星を巡って、さらにキラキラと輝くような場所に変えていきます。 「ー自分らしくいるだけで、周りにたくさんのことを与えているんだよ」 そんな想いを感じてもらえる「アートワークセラピーフェス」なので、子どもはもちろん、大人も子どもの心を思い出して、家族みんなが楽しめるイベントとなっています。 ☆子ども未来研究所の活動について ・野外体験学習「グロースセミナー」・「ちゃいあーとキャンプ」 「グロースセミナー」は理事長・ー柴崎嘉寿隆が長年続けている活動で、大自然に抱かれ、子どもたちが「自分が主人公」を体験する小中学生向け野外体験学習です。「自分で決めて、自分で行動し、自分でほしい結果を創りだしていくこと」をコンセプトに、子どもたちは大自然の中で「選択と責任」や「自立」を体験。それらの体験を通して、子どもたちは自分の可能性を広げ、夢を実現していくための力を自ら育てていきます。環境省 Good LIFE AWARD で取り組みが紹介されました。 家族を対象にした「ちゃいあーとキャンプ」は、透き通った多摩川の源流が流れる山梨県のキャンプ場で開催。自然の中で衣食住を共にし、アートや遊びを通して「活かしあい」を体験していきます。   ・社会貢献 自然災害による被災などで、心理不安に陥った子どもたち、地域住民の心をケア。中越地震や東日本大震災後にセラピストを派遣し、継続的にアートワークを提供。現地の方々に寄り添い、自己回復のサポートを行いました。 ・「も・の・が・た・り展」 2002年より、各教室の子どもたちのアートワークセラピー作品と、そこに関わる大人の作品展を不定期に開催。どんな創作表現にもそこには必ず「心の物語」があります。毎回エネルギッシュで驚くような作品と出合うことができます。 今まで行ってきた「も・の・が・た・り展」の動画です。 ぜひご覧ください! ・ ☆アートを通して楽しさを伝えて  すべての人の可能性を広げたい 今回、わたしたちにとってオープンな場での「フェスティバル」ははじめての経験であり、大きなチャレンジでもあります。 20年という節目は、自分たち自身が今までの活動を振り返り、これからの未来をどうしていきたいのか考える成長のチャンスでもありました。「フェスティバル」というだれでも気軽に遊びにこられる場所を社会に創り出すことで、アートワークセラピーの楽しさ、そこから得られる自分自身の「豊かさ」を発見するサポートをしていきたいと思っています。 このフェスを支えるセラピストたちのほとんどが所定の研修・トレーニングを修めた財団法人生涯学習開発財団認定のアートワークセラピストです。支援金はこのスタッフたちの人件費として、また画材費として使わせていただき、さらにこのフェスの内容の充実を図りたいと考えています。 わたしたちは全力でこのフェスを盛り上げながら、アートを通して子どもたちや保護者の方、そこに関わる方々すべての可能性を広げていく場を創り出していきます! ぜひ、このフェスにも足を運んでいただけたらうれしいです。 スタッフ一同 お待ちしております! ○開催日 2018年 6月17日(日) 10:00~15:00                                   (入場14:30まで) ○会場 横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ ○入場料  1人500円(2歳以下無料) ※汚れても濡れてもいい服装や着替えをご持参ください。 (更衣室あり) ☆資金使途について 今回ご支援いただいた資金はアートセラピスト人件費、アート表現のための画材、素材費の購入にあてさせていただきます。 ☆想定されるリスクについてリターン品をお返しする時期が遅くなる可能性があります。 ☆リターンについて ・オリジナルポストカード  当日のフェスの様子を撮影したものをオリジナルポストカードにして、メッセージと共にお届けします! ・アートミニ素材セット・素材詰め合わせセット  どんなものでも視点や発想をちょっと変えてみればアート素材。「ひらめき」力を刺激する!?アートな素材をメッセージと共にお届けします。(お子さまがアート作品の製作を楽しむことが出来る木片や色紙のキットをお届けします。何がとどくか、お楽しみに♫) ・アートセラピーぬり絵『心を整えるマンダラぬり絵』  国際的に知られるアートセラピストのースザンヌ・F・フィンチャーが考案したマンダラぬり絵ブックです。楽しく塗るだけで自然と心を整えてくれます。NPO法人子ども未来研究所理事・ー柴崎千桂子監修 ・30分間オンライン「子育て相談」 子ども未来研究所の理事でもある柴崎千桂子と小菅二三恵が「子育て」で気になることなどの相談を伺います 柴崎千桂子・・・クエストアートセラピー学院学長、高野山大学大学院非常勤講師、ポストクリニカルアートセラピー名誉修士を授与される(写真右) 小菅二三恵・・・臨床心理士、東京女子医科大学付属女性生涯健康センター心理相談員、「STEP子ども発達相談室」にて発達障害時の教育に携わる(写真左) 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 「アートワークセラピーフェス あそんで うまれる ぼく・わたしの星☆」は子どもも大人も、-みんなの笑顔がいっぱいになるイベントです。応援していただけると、うれしいです!

NPO法人子ども未来研究所は創立20周年を記念し、6月17日(日)横浜市民ギャラリーで「アートワークセラピーフェス」を開催。
ーアートワークセラピーは表現のプロセスも含めてまるごと「承認」し、自己肯定感を高めて自分らしく生きる力を育てます。多くの方にアートワークセラピーを知ってもらうために、クラウドファウンディングによるご支援をお願いいたします。


☆心の成長を促す「アートワークセラピー」

アートセラピーは主に欧米の精神医療の中で研究された、心のケアに役立つ心理療法です。治療を目的としたものばかりではなく、健康な人の心の苦しみなどを癒し、自己成長や自分らしさを取り戻すことにも役立てられています。

海外では積極的に教育や医療等の現場で取り入れられている手法で、日本では私たちの仲間が医療機関などの臨床の場での活動を広げています。

私たち子ども未来研究所では、アートワークセラピーを「心の成長」を目的として「子ども・親子・親」のためのクラスで取り入れています。


心の成長につながるさまざまな体験を「遊び」の中で楽しみながら味わえるのがわたしたちの考えるアートワークセラピーです。

・ダイナミックに遊んで、心身の発散や解放を味わう

・五感を使って自然や素材に触れることで、感覚が研ぎ澄まされる

・夢中で遊んでいるうちに、ふと自分のなかの「心の声」に気がつく

・表現する中で親子の絆を深めていく

クラスでは一人ひとりの大切な「物語」が毎回展開されています。


☆自分らしく自由に遊ぶ

 「アートワークセラピーフェス」


主に3歳~小学生のお子さん(親子)を対象にしたアートワークセラピーフェスです。

会場全体を「ぼく・わたしの星」に見立てて、「光の世界」「木の世界」「水の世界」「土の世界」「金属の世界」という5つの世界と、「ひらめき」がムクムク湧いてくる「ムクムクの木」で構成。

たくさんの段ボール、木片、粘土、絵の具、金属片など、さまざまな素材を用意。子どもたちはこれらの素材で自由に遊ぶことができます。 それぞれの素材は、心と脳を刺激して想像力(イメージの力)・創造力(工夫して創り出す力)を促し、心の成長につながっていきます。

この世界にあったらうれしいな、楽しいかも、とひらめいたものをいろいろな素材使ってアートにしてみたり、ただただ全身でドロドロびちゃびちゃになって遊んだり?!

 自分が「やりたいこと」をやっているだけで、そのパワーは会場である星を巡って、さらにキラキラと輝くような場所に変えていきます。

「ー自分らしくいるだけで、周りにたくさんのことを与えているんだよ」 そんな想いを感じてもらえる「アートワークセラピーフェス」なので、子どもはもちろん、大人も子どもの心を思い出して、家族みんなが楽しめるイベントとなっています。


☆子ども未来研究所の活動について


・野外体験学習「グロースセミナー」・「ちゃいあーとキャンプ」

「グロースセミナー」は理事長・ー柴崎嘉寿隆が長年続けている活動で、大自然に抱かれ、子どもたちが「自分が主人公」を体験する小中学生向け野外体験学習です。「自分で決めて、自分で行動し、自分でほしい結果を創りだしていくこと」をコンセプトに、子どもたちは大自然の中で「選択と責任」や「自立」を体験。それらの体験を通して、子どもたちは自分の可能性を広げ、夢を実現していくための力を自ら育てていきます。環境省 Good LIFE AWARD で取り組みが紹介されました。


家族を対象にした「ちゃいあーとキャンプ」は、透き通った多摩川の源流が流れる山梨県のキャンプ場で開催。自然の中で衣食住を共にし、アートや遊びを通して「活かしあい」を体験していきます。

 


・社会貢献

自然災害による被災などで、心理不安に陥った子どもたち、地域住民の心をケア。中越地震や東日本大震災後にセラピストを派遣し、継続的にアートワークを提供。現地の方々に寄り添い、自己回復のサポートを行いました。


・「も・の・が・た・り展」

2002年より、各教室の子どもたちのアートワークセラピー作品と、そこに関わる大人の作品展を不定期に開催。どんな創作表現にもそこには必ず「心の物語」があります。毎回エネルギッシュで驚くような作品と出合うことができます。

今まで行ってきた「も・の・が・た・り展」の動画です。 ぜひご覧ください!


☆アートを通して楽しさを伝えて 

 すべての人の可能性を広げたい


今回、わたしたちにとってオープンな場での「フェスティバル」ははじめての経験であり、大きなチャレンジでもあります。

20年という節目は、自分たち自身が今までの活動を振り返り、これからの未来をどうしていきたいのか考える成長のチャンスでもありました。「フェスティバル」というだれでも気軽に遊びにこられる場所を社会に創り出すことで、アートワークセラピーの楽しさ、そこから得られる自分自身の「豊かさ」を発見するサポートをしていきたいと思っています。


このフェスを支えるセラピストたちのほとんどが所定の研修・トレーニングを修めた財団法人生涯学習開発財団認定のアートワークセラピストです。支援金はこのスタッフたちの人件費として、また画材費として使わせていただき、さらにこのフェスの内容の充実を図りたいと考えています。

わたしたちは全力でこのフェスを盛り上げながら、アートを通して子どもたちや保護者の方、そこに関わる方々すべての可能性を広げていく場を創り出していきます!

ぜひ、このフェスにも足を運んでいただけたらうれしいです。 スタッフ一同 お待ちしております!

○開催日 2018年 6月17日(日) 10:00~15:00

                                   (入場14:30まで)

○会場 横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ

○入場料  1人500円(2歳以下無料)

※汚れても濡れてもいい服装や着替えをご持参ください。 (更衣室あり)

☆資金使途について


今回ご支援いただいた資金はアートセラピスト人件費、アート表現のための画材、素材費の購入にあてさせていただきます。

☆想定されるリスクについて

リターン品をお返しする時期が遅くなる可能性があります。


☆リターンについて


・オリジナルポストカード

 当日のフェスの様子を撮影したものをオリジナルポストカードにして、メッセージと共にお届けします!

・アートミニ素材セット・素材詰め合わせセット

 どんなものでも視点や発想をちょっと変えてみればアート素材。「ひらめき」力を刺激する!?アートな素材をメッセージと共にお届けします。(お子さまがアート作品の製作を楽しむことが出来る木片や色紙のキットをお届けします。何がとどくか、お楽しみに♫)

・アートセラピーぬり絵『心を整えるマンダラぬり絵』

 国際的に知られるアートセラピストのースザンヌ・F・フィンチャーが考案したマンダラぬり絵ブックです。楽しく塗るだけで自然と心を整えてくれます。NPO法人子ども未来研究所理事・ー柴崎千桂子監修

・30分間オンライン「子育て相談」

子ども未来研究所の理事でもある柴崎千桂子と小菅二三恵が「子育て」で気になることなどの相談を伺います

柴崎千桂子・・・クエストアートセラピー学院学長、高野山大学大学院非常勤講師、ポストクリニカルアートセラピー名誉修士を授与される(写真右)

小菅二三恵・・・臨床心理士、東京女子医科大学付属女性生涯健康センター心理相談員、「STEP子ども発達相談室」にて発達障害時の教育に携わる(写真左)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「アートワークセラピーフェス あそんで うまれる ぼく・わたしの星☆」は子どもも大人も、-みんなの笑顔がいっぱいになるイベントです。応援していただけると、うれしいです!


応援期間終了

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    31

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    120,000

    目標金額:400,000

  • 達成率30%

    FUNDED!

2018年06月15日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

NPO法人 子ども未来研究所

理事長 柴崎嘉寿隆

わたしたちのV ... isionは
「子どもたち一人ひとりが自分を認めて、お互いを認め合う世の中を創り出すこと」

全国で親子、小学生のアートワークセラピー教室を開催、また「野外体験学習~グロースセミナー~」の提供など様々な活動をしています。大自然、人、芸術とのふれあいを通しての、子どもたちが思いっきり自分を表現する体験は、「自分らしさ」をどんどん成長させていきます。
「100年後の人間作り」を目的とした「心の予防教育機関」として、何かが起きてからの心のケアだけでなく
それを予防するための心の成長が何よりも大切だと私たちは考えています。
  • 1,000

    オリジナルポストカード

    リターン

      ・お礼のメールメッセージ
      ・メッセージ付きオリジナルポストカード

    支援者の数 9

    お届け予定:2018年7月

    支援期間終了

  • 3,000

    ミニアート素材セット+オリジナルポストカード

    リターン

      ・お礼のメールメッセージ
      ・メッセージ付きオリジナルポストカード
      ・ミニアート素材セット

    支援者の数 12

    お届け予定:2018年7月

    支援期間終了

  • 5,000

    アート素材詰め合わせセット+オリジナルポストカード

    リターン

      ・お礼のメールメッセージ
      ・メッセージ付きオリジナルポストカード
      ・アート詰め合わせ素材セット

    支援者の数 5

    お届け予定:2018年7月

    支援期間終了

  • 10,000

    「心を整えるマンダラぬり絵」+オリジナルポストカード

    リターン

      ・お礼のメールメッセージ
      ・メッセージ付きオリジナルポストカード
      ・「心を整えるマンダラぬり絵」 柴崎千佳子著作

    支援者の数 5

    お届け予定:2018年8月

    支援期間終了

  • 20,000

    オンライン30分間「子育て相談」+オリジナルポストカード

    リターン

      ・お礼のメールメッセージ
      ・メッセージ付きオリジナルポストカード
      ・柴崎千佳子・小菅二三恵によるオンライン「子育て相談」体験(30分間)

      ※柴崎千佳子 クエストアートセラピー学院長 名誉アートセラピー修士
      小菅二三恵 臨床心理士 「STEP子ども発達相談室」にて発達障害児の教育に携わる

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす