【Happiness Project】食物アレルギーがあっても気軽に外食を楽しめる世界に!

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

ステッカーの普及に皆様のお力をお貸しください!食物アレルギーがあっても気軽に外食を楽しめる世界にしたい食物アレルギーを持つ人たちには、外食に大きな壁があります。「アレルギー発症のリスク」や「飲食店に手間や迷惑をかけてしまう」という思いなどから、飲食店で食事を楽しみたいと思う気持ちがありつつも、遠慮してしまい、外食が遠のいてしまいがちです。しかし、実は、飲食店側には「食物アレルギーがあってもぜひ来店してほしい」と、歓迎してくれるお店は多くあります。このすれ違った両者の思いを繋げるために考えたのが、この「Happiness Project」です! 具体的にはステッカーと卓上フラッグを制作します。 飲食店の店先に「食物アレルギーのかたも来てください」「食品の持ち込みOKです」「アレルギーの人、気軽に相談してね」といった、食物アレルギーがあっても歓迎するよという意味をもつ「ウェルカムステッカー」を貼ることで、食物アレルギーをもつ人が、気軽に飲食店に入店しやすくなり、入店できるお店を探しまわる労力も軽減させることができます! また店内では、テーブルの上に「私は食べ物アレルギーです」という意味の卓上フラッグを置くことで、お店の方がアレルギーに配慮した対応をしやすくなります。持ち込みの場合は、食物アレルギーのために許可を得て持ちこんでいるということを示し、他のお客さんの目を気にすることなく、気兼ねせずに外食を楽しむことができるようになります! ステッカーと、卓上フラッグを作って、より多くの協力してくださる飲食店に配布したいと思います! 食べ物アレルギーがあっても、気軽に外食を楽しめる世界に向けて、是非、皆様のご支援とご協力をお願いいたします!! きっかけはSDGsの授業私自身、うまれた時から卵・乳製品アレルギーがあり、外食の際にはとても困っていました。食材や、料理の選択肢が限られますし、食べられるものが無い場合も多いです。 触れただけでも湿疹が出るため、外出先では常に細心の注意を払っています。飲食店で「食べられるものを持ち込みたい」とお願いしても断られ、道端でおにぎりをほおばった悲しい出来事もありました。友達とお店に入っても、食べられるものがない・・・そんな事が重なり、私はみんなと外食を楽しめる日なんて来ないのかな・・・と諦めかけていました。 そんな時、学校でSDGsを学ぶ機会があり、SDGsの理念である「誰ひとり取り残さない」という言葉を知りました。その言葉は私の心にとても響いてきました。そう、私はまさに取り残されている気持ちになっていたのです!「このままでは何も変わらないかもしれない」「何か私にもできることはないかな?」と思い、食物アレルギーの人も気軽に外食できる環境づくりに挑戦しようと決心しました!まずアレルギーを持つ人・家族など約50人にアンケートを実施。ほとんどの人が外食をしたいと思っていたり、アレルギーのため利用を断わられたり、食べるものがなくて入店を諦めたりした経験があり、私と同様に当事者が外食に壁を感じていることが分かりました。 次に飲食店の考えを調べました。食物アレルギーの人の対応は大変なため、お店側から敬遠されているのではないかと思っていたのですが、約20人の飲食店関係者のアンケートでは、ほとんどの方が「できる限りの対応はしたいと思う」「アレルギーのある人も来てほしい」という考えをもっていると分かりました! ステッカーとフラッグ の制作両者の思いを繋げるために思いついたのが、店頭など目立つ所に貼ってもらう「ウェルカムステッカー」と卓上フラッグです。このステッカーは、食物アレルギーの人に寄り添ってくれるお店だということを表し、卓上フラッグは、使用している人が食物アレルギーがあるということを示します。 ステッカーや、卓上フラッグのデザインに関しては、どんなお店にもあうようなもので、また食物アレルギーの人たちがすぐ分かるような、目につきやすく、シンプルなデザインと色にこだわりました! このプロジェクトに共感してくれた、グラフィックデザイナーをしている、友達のお父さんの協力で、私のイメージ以上の素敵なデザインになりました! 周りの協力を得ながら、試作品の制作までこぎつけることができました! 食べ物アレルギーの人も、みんなと一緒に、同じ空間で、同じ時間を楽しむことができる世界を目指します! <ステッカー画像> <フラッグ画像> リターンについて■1000円:お礼のメールを送らせていただきます。 ■2000円:協力してくださった方のお名前をHP(協力してくれる飲食店を紹介)に記載    (名前の大きさ:小)■5000円:HPへのお名前掲載(名前の大きさ:小)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況) ■10000円:HPへのお名前掲載(名前の大きさ:中)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況) ■30000円:HPへのお名前掲載(名前の大きさ:大)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)2000円・5000円・10000円・30000円のリターンの「HPへのお名前掲載」について、A-portの支援者欄(https://a-port.asahi.com/supporters/happiness_proj...)に表示されているお名前を掲載させていただきます(掲載を希望されない方は、リターンの申込フロー中の質問にて、「希望しない」をご選択ください)。※HPに掲載されるお名前(表示名)は、A-port会員登録時に本名もしくはニックネームのどちらかを選択できるようになっております。会員登録後も、A-portのマイページ(https://a-port.asahi.com/mypage/)から“プロフィール編集”より変更が可能です。資金の用途について■ステッカーの制作費 ■卓上フラッグの制作費 ■HP作成費(開設が決まったら、活動報告などでお知らせします) 今夏~秋にステッカー・卓上フラッグを作成し、年末までにステッカー約200枚、卓上フラッグ約400個の飲食店への配布をめざします。 想定されるリスク・コロナ禍で、ステッカー、卓上フラッグの使用機会が限られる場合もあります。 ・目標額に届かなかった場合もプロジェクトは実施しますが、プロジェクトの実施が遅れる可能性や制作するステッカー・フラッグの数が少なくなる可能性があります。 最後に「外食をすること」それは食物アレルギーのある私にとって特別なことでした。食物アレルギーをもつ人が、気軽にお店に立ち寄れて、私たちを歓迎してくれるお店は、その気持ちを表明できるこのウェルカムステッカーで、お互いにHAPPYになれればと思います! 食物アレルギーを持つ人たちが、もっと気軽に外食を楽しめる世界になるように精一杯頑張りますので応援よろしくお願い致します! ご覧いただきありがとうございました!!

ステッカーの普及に皆様のお力をお貸しください!

食物アレルギーがあっても気軽に外食を楽しめる世界にしたい

食物アレルギーを持つ人たちには、外食に大きな壁があります。「アレルギー発症のリスク」や「飲食店に手間や迷惑をかけてしまう」という思いなどから、飲食店で食事を楽しみたいと思う気持ちがありつつも、遠慮してしまい、外食が遠のいてしまいがちです。しかし、実は、飲食店側には「食物アレルギーがあってもぜひ来店してほしい」と、歓迎してくれるお店は多くあります。このすれ違った両者の思いを繋げるために考えたのが、この「Happiness Project」です!

具体的にはステッカーと卓上フラッグを制作します。

飲食店の店先に「食物アレルギーのかたも来てください」「食品の持ち込みOKです」「アレルギーの人、気軽に相談してね」といった、食物アレルギーがあっても歓迎するよという意味をもつ「ウェルカムステッカー」を貼ることで、食物アレルギーをもつ人が、気軽に飲食店に入店しやすくなり、入店できるお店を探しまわる労力も軽減させることができます!

また店内では、テーブルの上に「私は食べ物アレルギーです」という意味の卓上フラッグを置くことで、お店の方がアレルギーに配慮した対応をしやすくなります。持ち込みの場合は、食物アレルギーのために許可を得て持ちこんでいるということを示し、他のお客さんの目を気にすることなく、気兼ねせずに外食を楽しむことができるようになります!

ステッカーと、卓上フラッグを作って、より多くの協力してくださる飲食店に配布したいと思います!

食べ物アレルギーがあっても、気軽に外食を楽しめる世界に向けて、是非、皆様のご支援とご協力をお願いいたします!!


きっかけはSDGsの授業

私自身、うまれた時から卵・乳製品アレルギーがあり、外食の際にはとても困っていました。食材や、料理の選択肢が限られますし、食べられるものが無い場合も多いです。

触れただけでも湿疹が出るため、外出先では常に細心の注意を払っています。飲食店で「食べられるものを持ち込みたい」とお願いしても断られ、道端でおにぎりをほおばった悲しい出来事もありました。友達とお店に入っても、食べられるものがない・・・そんな事が重なり、私はみんなと外食を楽しめる日なんて来ないのかな・・・と諦めかけていました。

そんな時、学校でSDGsを学ぶ機会があり、SDGsの理念である「誰ひとり取り残さない」という言葉を知りました。その言葉は私の心にとても響いてきました。そう、私はまさに取り残されている気持ちになっていたのです!「このままでは何も変わらないかもしれない」「何か私にもできることはないかな?」と思い、食物アレルギーの人も気軽に外食できる環境づくりに挑戦しようと決心しました!

まずアレルギーを持つ人・家族など約50人にアンケートを実施。ほとんどの人が外食をしたいと思っていたり、アレルギーのため利用を断わられたり、食べるものがなくて入店を諦めたりした経験があり、私と同様に当事者が外食に壁を感じていることが分かりました。

次に飲食店の考えを調べました。食物アレルギーの人の対応は大変なため、お店側から敬遠されているのではないかと思っていたのですが、約20人の飲食店関係者のアンケートでは、ほとんどの方が「できる限りの対応はしたいと思う」「アレルギーのある人も来てほしい」という考えをもっていると分かりました!


ステッカーとフラッグ の制作

両者の思いを繋げるために思いついたのが、店頭など目立つ所に貼ってもらう「ウェルカムステッカー」と卓上フラッグです。このステッカーは、食物アレルギーの人に寄り添ってくれるお店だということを表し、卓上フラッグは、使用している人が食物アレルギーがあるということを示します。

ステッカーや、卓上フラッグのデザインに関しては、どんなお店にもあうようなもので、また食物アレルギーの人たちがすぐ分かるような、目につきやすく、シンプルなデザインと色にこだわりました!

このプロジェクトに共感してくれた、グラフィックデザイナーをしている、友達のお父さんの協力で、私のイメージ以上の素敵なデザインになりました!

周りの協力を得ながら、試作品の制作までこぎつけることができました!

食べ物アレルギーの人も、みんなと一緒に、同じ空間で、同じ時間を楽しむことができる世界を目指します!

<ステッカー画像>

<フラッグ画像>


リターンについて

■1000円:お礼のメールを送らせていただきます。

■2000円:協力してくださった方のお名前をHP(協力してくれる飲食店を紹介)に記載

    (名前の大きさ:小)

■5000円:

HPへのお名前掲載(名前の大きさ:小)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

■10000円:

HPへのお名前掲載(名前の大きさ:中)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

■30000円:

HPへのお名前掲載(名前の大きさ:大)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)


2000円・5000円・10000円・30000円のリターンの「HPへのお名前掲載」について、A-portの支援者欄(https://a-port.asahi.com/supporters/happiness_proj...)に表示されているお名前を掲載させていただきます(掲載を希望されない方は、リターンの申込フロー中の質問にて、「希望しない」をご選択ください)。

※HPに掲載されるお名前(表示名)は、A-port会員登録時に本名もしくはニックネームのどちらかを選択できるようになっております。会員登録後も、A-portのマイページ(https://a-port.asahi.com/mypage/)から“プロフィール編集”より変更が可能です。


資金の用途について

■ステッカーの制作費

■卓上フラッグの制作費

■HP作成費(開設が決まったら、活動報告などでお知らせします)

今夏~秋にステッカー・卓上フラッグを作成し、年末までにステッカー約200枚、卓上フラッグ約400個の飲食店への配布をめざします。


想定されるリスク

・コロナ禍で、ステッカー、卓上フラッグの使用機会が限られる場合もあります。

目標額に届かなかった場合もプロジェクトは実施しますが、プロジェクトの実施が遅れる可能性や制作するステッカー・フラッグの数が少なくなる可能性があります。


最後に

「外食をすること」それは食物アレルギーのある私にとって特別なことでした。食物アレルギーをもつ人が、気軽にお店に立ち寄れて、私たちを歓迎してくれるお店は、その気持ちを表明できるこのウェルカムステッカーで、お互いにHAPPYになれればと思います!

食物アレルギーを持つ人たちが、もっと気軽に外食を楽しめる世界になるように精一杯頑張りますので応援よろしくお願い致します!

ご覧いただきありがとうございました!!

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    57

  • 残り期間

    39

  • 集まっている金額

    447,000

    目標金額:500,000

  • 達成率89%

    89%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2021年07月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

藤本真己

中学三年生、藤本真己です!
私は生まれ ... た時から食物アレルギーがあったため、どんな食材を使用しているかが全くわからない飲食店で『外食をする』というのが、したくても出来ませんでした。
そんな中、学校でSDGsを習った際、SDGsの理念に『誰1人取り残さない』という言葉があると知りました。私に何か出来ることはないかなと考え、同じように外食に困っている人たちのために、気軽に外食ができるような世界にしたい!と思って、このプロジェクトを進めています!
  • 1,000

    お礼のメール

    リターン

      ご支援くださったお礼としまして、私がお礼のメールをお送りさせていただきます。

    支援者の数 5

  • 2,000

    HPにお名前を掲載!

    リターン

      Happiness project の公式HPに、ご支援いただいた方としてお名前を掲載させていただきます!(名前の大きさ:小)

    支援者の数 13

  • 5,000

    活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    リターン

      HPへのお名前掲載(名前の大きさ:小)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    支援者の数 17

  • 10,000

    活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    リターン

      HPへのお名前掲載(名前の大きさ:中)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    支援者の数 17

  • 30,000

    活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    リターン

      HPへのお名前掲載(名前の大きさ:大)+活動ご報告メール(飲食店への配布状況)

    支援者の数 5

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす