• 地下綾音(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム2021)
  • スポーツ

北海道のアスリート・スノーボードアルペン 地下綾音 応援プロジェクト by 明治安田生命

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

国内大会で結果を積み上げ国際大会へ! 悔しい1年の次は盛り返す1年に小2でスノーボードデビュー 2021年春に北海道札幌国際情報高校に入学した地下(ぢげ)綾音選手は、スノーボードアルペン19/20シーズンにSAJ(全日本スキー連盟)国内強化指定選手に選ばれた期待の新星。学校から帰るとスキー場へ向かい、夜遅くまで練習に励む日々を送っています。 スノーボードを始めたのは小学2年生の時。最初は思い通りに滑れず、早くみんなと一緒に滑りたい一心で練習に向き合っていました。3年生になると、地元のスノーボードスクールで習い始め、更にのめり込んでいきました。初めて大会に出場したのもこのころ。競技の面白さにハマると、「スノーボード検定1級に合格したい」「大会で優勝したい」と、目標を立てて練習するようになりました。 「今になって振り返ってみると、練習することや努力することの楽しさ、そこから得られる達成感や喜び、悔しさなど、競技をする上で大切な感情が、自分でも気づかないうちに芽生えていたんです」 4年生の時には、ゲート(ポール)を立てての滑走を初体験。フリースタイルしか経験がなかった彼女が、「私がやりたいのはアルペンだ!」と直感した瞬間でした。5年生になると、スノーボードアルペンの練習を開始。登別を拠点とするスノーボードチーム「SIG-NATURE」に所属して本腰を入れることに。19年からは、世界トップをめざす選手を対象とした「&tomoka」にも所属しています。 小学5年生の時の地下選手(右)。アルペンを始めた時から指導を受けている宮武祥子先生と FISレース挑戦1年目感じたプレッシャーそして20年10月、FIS(国際スキー連盟)レースの参加条件である15歳の誕生日を迎え、「ようやく世界に挑戦するスタートラインに立てた」と地下選手。21年2月には初のFISレースとなった北海道選手権でGS(ジャイアントスラローム)8位となり、続くSAJ全日本ジュニアスキー選手権大会ではGS5位(中学生の部で優勝)。そしてシーズン最後の大会となるFIS全日本スキー選手権大会に臨み、PGS(パラレルジャイアントスラローム)で11位でした。 「今までの自分はただスノーボードを楽しんで滑っていましたが、今シーズンは結果を意識し過ぎるあまり、絶対にミスをしてはいけないと自分でも気づかないうちに強く思い過ぎてしまっていたと思います。それは初めての経験でした。レース直後は結果を受け入れることができませんでしたが、今考えてみると、それがその時の実力だったんだと思っています」 初めてのFISレースは、世界で戦うためにこれから身につけなければいけないことを肌で感じるレースとなりました。 20年に始めたクラウドファンディングでは、活動報告として大会結果やレースを通じて感じたことをつづってきました。文章を考えることで自分の考えや思いを整理でき、また自分の活動報告に対して、様々な方からエールをもらえたことはなによりもうれしかったと言います。「結果がいい時だけじゃなくて、思うような結果を残せなかった時も、『次頑張ろう!』などと応援していただけて、私も気持ちを切り替えて頑張ろうと前を向くことができました」 コロナ禍で国際大会に出場できず 目標であるワールドカップなどに出場するにはまず、国際大会に出場しなければなりません。これまでは母親がなんとか費用を工面してくれていましたが、現状では渡航費や現地滞在費、指導費に至るまでの全てを用意するのは難しい状況です。そこで地下選手は、明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に支えてもらいながら、20/21シーズンに韓国や中国で行なわれる予定の国際大会に参加したいと考えました。また、北海道で生まれ育った地下選手にとって、地元のアスリートを応援しようとする制度そのものにも心強さを感じています。 応援してくださる方々の思いに結果で応えたいと考えています 「日本各地で頑張っているアスリートを応援しようという取り組みは、競技をやっている私たちにとっては本当にうれしいことだし、目標を実現するための大きなチャンスになると思っています。コロナ禍で大会開催が見えないところがありますが、サポートしていただくことへの感謝の気持ちを忘れず、一つひとつ確実に結果を出していきたいです」 新型コロナウイルスの影響でめざしていた大会の中止や諸条件の調整のため、20/21シーズンは海外遠征ができませんでした。みなさんから支援いただいたお金は今回のクラウドファンディングで集まった支援金とともに、これからチャンスをつかんだ時に使いたいと考えています。 「スポーツの力で北海道を元気にしたい」「私が生まれ育った北海道は、自然が豊かで美しい生き物がたくさん生息しています。登山中にヒグマに出会ったこともあるし、登下校中に見かける花やチョウはとてもキレイです。そして何より、地元に暮らしている方々が優しく接してくれるから、北海道が大好きです」 そう語る地下選手は、練習や大会のためにスキー場に赴く際も、様々な方に協力してもらってきたと振り返ります。役場の方が駅からスキー場の宿泊施設まで送ってくれたこともあれば、道に迷っていた時に声をかけてもらったこともありました。その度に、「将来は地元・北海道に貢献できる人間になりたい」という思いが強くなっていきました。 「スポーツの力で北海道を元気にしたいんです。その実現のためにも、まずは私自身が競技で実績を出すことが大切だと考えています」 ゴールした後、選手たちの姿にも注目を「スノーボードアルペンは速さを競う競技。細かいルールを知らなくても誰が勝ったかは分かるので、スピード感とスリルを楽しみながら見てほしいです」と、地下選手は競技の魅力について語ってくれました。 スピード感とスリルがスノーボードアルペンの醍醐(だいご)味 しかし、常に最短ルートを分析しつつ、スピードを落とさずに滑りきることが必要なため、勝つためには体幹の強さや瞬発力、持久力など様々な要素を身につけなければなりません。そのため、オフシーズンもスケートボードやサーフィン、トレイルランニング、水泳のほか、21年4月からは高校の陸上競技部での練習とスポーツジムでのトレーニングも加えて鍛えています。 また、「ゴールした後、選手同士がお互いをたたえて握手やハグを交わすんですけど、そういうところにも注目してほしいですね」の一言は地下選手らしさ満載。常に周りの人への感謝の気持ちを大切にしているからこそ、一緒に戦う相手への尊敬の念も大切にしています。 FISレースに挑む2年目は、大好きなスノーボードを楽しむ気持ちも大切にして挑んでいきます。 (取材・制作:4years.編集部)

国内大会で結果を積み上げ国際大会へ! 悔しい1年の次は盛り返す1年に

小2でスノーボードデビュー

地元アスリート応援プログラム

2021年春に北海道札幌国際情報高校に入学した地下(ぢげ)綾音選手は、スノーボードアルペン19/20シーズンにSAJ(全日本スキー連盟)国内強化指定選手に選ばれた期待の新星。学校から帰るとスキー場へ向かい、夜遅くまで練習に励む日々を送っています。

スノーボードを始めたのは小学2年生の時。最初は思い通りに滑れず、早くみんなと一緒に滑りたい一心で練習に向き合っていました。3年生になると、地元のスノーボードスクールで習い始め、更にのめり込んでいきました。初めて大会に出場したのもこのころ。競技の面白さにハマると、「スノーボード検定1級に合格したい」「大会で優勝したい」と、目標を立てて練習するようになりました。

「今になって振り返ってみると、練習することや努力することの楽しさ、そこから得られる達成感や喜び、悔しさなど、競技をする上で大切な感情が、自分でも気づかないうちに芽生えていたんです」

4年生の時には、ゲート(ポール)を立てての滑走を初体験。フリースタイルしか経験がなかった彼女が、「私がやりたいのはアルペンだ!」と直感した瞬間でした。5年生になると、スノーボードアルペンの練習を開始。登別を拠点とするスノーボードチーム「SIG-NATURE」に所属して本腰を入れることに。19年からは、世界トップをめざす選手を対象とした「&tomoka」にも所属しています。


小学5年生の時の地下選手(右)。アルペンを始めた時から指導を受けている宮武祥子先生と


FISレース挑戦1年目感じたプレッシャー

そして20年10月、FIS(国際スキー連盟)レースの参加条件である15歳の誕生日を迎え、「ようやく世界に挑戦するスタートラインに立てた」と地下選手。21年2月には初のFISレースとなった北海道選手権でGS(ジャイアントスラローム)8位となり、続くSAJ全日本ジュニアスキー選手権大会ではGS5位(中学生の部で優勝)。そしてシーズン最後の大会となるFIS全日本スキー選手権大会に臨み、PGS(パラレルジャイアントスラローム)で11位でした。

「今までの自分はただスノーボードを楽しんで滑っていましたが、今シーズンは結果を意識し過ぎるあまり、絶対にミスをしてはいけないと自分でも気づかないうちに強く思い過ぎてしまっていたと思います。それは初めての経験でした。レース直後は結果を受け入れることができませんでしたが、今考えてみると、それがその時の実力だったんだと思っています」

初めてのFISレースは、世界で戦うためにこれから身につけなければいけないことを肌で感じるレースとなりました。

20年に始めたクラウドファンディングでは、活動報告として大会結果やレースを通じて感じたことをつづってきました。文章を考えることで自分の考えや思いを整理でき、また自分の活動報告に対して、様々な方からエールをもらえたことはなによりもうれしかったと言います。「結果がいい時だけじゃなくて、思うような結果を残せなかった時も、『次頑張ろう!』などと応援していただけて、私も気持ちを切り替えて頑張ろうと前を向くことができました」


コロナ禍で国際大会に出場できず

目標であるワールドカップなどに出場するにはまず、国際大会に出場しなければなりません。これまでは母親がなんとか費用を工面してくれていましたが、現状では渡航費や現地滞在費、指導費に至るまでの全てを用意するのは難しい状況です。そこで地下選手は、明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に支えてもらいながら、20/21シーズンに韓国や中国で行なわれる予定の国際大会に参加したいと考えました。また、北海道で生まれ育った地下選手にとって、地元のアスリートを応援しようとする制度そのものにも心強さを感じています。


応援してくださる方々の思いに結果で応えたいと考えています


「日本各地で頑張っているアスリートを応援しようという取り組みは、競技をやっている私たちにとっては本当にうれしいことだし、目標を実現するための大きなチャンスになると思っています。コロナ禍で大会開催が見えないところがありますが、サポートしていただくことへの感謝の気持ちを忘れず、一つひとつ確実に結果を出していきたいです」

新型コロナウイルスの影響でめざしていた大会の中止や諸条件の調整のため、20/21シーズンは海外遠征ができませんでした。みなさんから支援いただいたお金は今回のクラウドファンディングで集まった支援金とともに、これからチャンスをつかんだ時に使いたいと考えています。


「スポーツの力で北海道を元気にしたい」

「私が生まれ育った北海道は、自然が豊かで美しい生き物がたくさん生息しています。登山中にヒグマに出会ったこともあるし、登下校中に見かける花やチョウはとてもキレイです。そして何より、地元に暮らしている方々が優しく接してくれるから、北海道が大好きです」

そう語る地下選手は、練習や大会のためにスキー場に赴く際も、様々な方に協力してもらってきたと振り返ります。役場の方が駅からスキー場の宿泊施設まで送ってくれたこともあれば、道に迷っていた時に声をかけてもらったこともありました。その度に、「将来は地元・北海道に貢献できる人間になりたい」という思いが強くなっていきました。

「スポーツの力で北海道を元気にしたいんです。その実現のためにも、まずは私自身が競技で実績を出すことが大切だと考えています」


ゴールした後、選手たちの姿にも注目を

「スノーボードアルペンは速さを競う競技。細かいルールを知らなくても誰が勝ったかは分かるので、スピード感とスリルを楽しみながら見てほしいです」と、地下選手は競技の魅力について語ってくれました。

スピード感とスリルがスノーボードアルペンの醍醐(だいご)味


しかし、常に最短ルートを分析しつつ、スピードを落とさずに滑りきることが必要なため、勝つためには体幹の強さや瞬発力、持久力など様々な要素を身につけなければなりません。そのため、オフシーズンもスケートボードやサーフィン、トレイルランニング、水泳のほか、21年4月からは高校の陸上競技部での練習とスポーツジムでのトレーニングも加えて鍛えています。

また、「ゴールした後、選手同士がお互いをたたえて握手やハグを交わすんですけど、そういうところにも注目してほしいですね」の一言は地下選手らしさ満載。常に周りの人への感謝の気持ちを大切にしているからこそ、一緒に戦う相手への尊敬の念も大切にしています。

FISレースに挑む2年目は、大好きなスノーボードを楽しむ気持ちも大切にして挑んでいきます。

(取材・制作:4years.編集部)


地元アスリートに あなたの愛と支援を

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    6

  • 残り期間

    123

  • 集まっている金額

    23,000

    目標金額:300,000

  • 達成率7%

    7%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2022年02月28日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

地下綾音(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム2021)

明治安田生命「地元の元気プロジェクト」の ... 一環として、地元の若手アスリートを地域社会とともに応援することで、地域の一体感醸成や地域で育つ子どもたちの夢や地元愛を育むことへの貢献を目的とします。

当制度を通じて、出身地や活動拠点地域など、サポートを受ける「地元」に対して貢献したいというアスリートの活動を支援します。
  • 1,000

    お礼のメール

    リターン

      感謝の気持ちを込めて、お礼のメールをお送りします。

    支援者の数 2

  • 5,000

    お礼のお手紙

    リターン

      感謝の気持ちを込めて、お礼のお手紙をお送りします。

    支援者の数 4

    お届け予定:2022年4月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす