A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


    • 小須田祐二

    生誕150年の2017年に向け、夏目漱石先生の代表作「草枕」で絵本を作ります

    再生する

    プロジェクトイメージ
    プロジェクトイメージ

    このプロジェクトについて

    2016年は夏目漱石の没後100年、...

    2016年は夏目漱石の没後100年、2017年は生誕150年を迎えます。この2つの年にかけて漱石先生へのリスペクトとして、代表先の一つ「草枕」を絵本にします。小学校高学年~大人向けの内容で、B5横、約48ページ、ハードカバー。出版社を介さず、2017年2月に、約500部限定で刊行する予定です。その資金を募ります。


    ■あの「草枕」って、こんなお話だったんだ!?

    1916年(大正5年)に49歳の生涯を閉じた夏目漱石。いわゆる小説家としての活動期間は10年あまりの短いものでした。

    「草枕」は、1906年に発表された初期の作品です。漱石自ら、この「草枕」を「私の『草枕』は、この普通にいう小説とは全く反対の意味で書いたのである。唯、一種の感じ―美しい感じが読書の頭に残りさえすればよい。」と述べています。「筋の無い小説」とも言われる「草枕」、決して長い小説ではありませんが、タイトルに比べて意外に、そのストーリーを知っている人は少ないのではないでしょうか。

     「草枕」の「美しい感じ」とストーリーのエッセンスを、絵本化を通じて皆様に伝えることが出来れば、「草枕」を皆さんにもっと親しんでもらえるとともに、漱石先生にも草葉の陰から、ほんの少し喜んで頂けるのではと思いいたりました。これが「絵本 草枕 ~kusamakura~」制作プロジェクトです。



    ■しっとりした水彩画と映像的なイマジネーションで実現

    「草枕」の絵に相応しいのはどんな絵だろうか?

    読者の自由な想像力を妨げない、リアルではない、空気のような絵。「草枕」の美しい感じ、春の朧(おぼろ)な空気感、雨、湯気、水といった全体をおおう「しっとり」とした感じ。そして全編の主題とも言える「憐れ」を感じてもらえるような絵。

    ある展示会でお会いした、いとう良一さんに絵を依頼することにしたのは、彼の手書きの水彩画が「草枕」の世界に読者を引き込むのに最適と考えたからです。

    そして、「草枕」の「筋の無い小説」から、あえて「お話」を取り出し、脚色をお願いしたのが結城志帆さんです。結城さんは文学部出身で、現在は映像関係の仕事についています。もちろん大の「草枕」ファン。結城さんは約2年ほど試行錯誤を繰り返し、漱石の文章のリズムを活かしながら、映像分野で培ったイマジネーションで、どのシーンが絵本に相応しいか、いとうさんと打合せながら作業を進めています。




    ■みんなの「草枕」、みんなの漱石!

    いとうさん、結城さんの力で、画も文も最終版に近いところまで完成しつつあります。

    通常ですと出版社に企画を持ち込んで、出版企画を通してもらうのが流れですが、あえて、それを行わず、クラウドファンディングに挑戦したのは、今なお、みずみずしい魅力を持つ「草枕」を、必ずしも出版とは関係の無い人たちの力で、絵本化することができれば、きっと漱石先生も、その取り組みを、喜んでくれる気がしたからです。

    皆さんの力で、「草枕」の絵本化を実現しましょう。漱石先生は、文豪などと称せられる「遠い人」では決してなく、100年経っても、そしてこれから100年後も、私たちの身近に存在する人です。そのことを、この「絵本 草枕」を通じて、多くの人に(日本の人に、将来的には世界の人にも ※英訳版準備中)実感してもらえると思います。



    ■想定されるリスク

    2017年2月に、限定500部で刊行予定です。限定、500部での刊行を予定していますが、ゆくゆくは書店、アマゾンなどでの販売、電子書籍化なども考えています。その場合、支援者の方々に失礼にならないように注意したいと思います。



    ■100年たっても古びない魅力を絵本に

    100年経っても、全然古びない、むしろ「新しい」とも言える「草枕」の魅力。「草枕」には日露戦争の陰や、明治時代以降の行き過ぎた文明化への警笛もメッセージに含まれています。     

    「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい。」。

    これからの100年後も読み継がれ、読み直されていくであろう「草枕」の魅力を共有するための挑戦に、是非ご賛同ください。


    このプロジェクトが気に入ったら
    いいね!しよう

    最新のプロジェクト情報をお届けします。

    • 支援者

      180

    • 残り期間

      7

    • 集まっている金額

      942,000

      目標金額:1,000,000

    • 達成率94%

    このプロジェクトでは、2017年01月27日23:59までに目標に到達した場合のみ、ファンディングが実行されます。

    起案者

    実行者イメージ

    小須田祐二

    印刷会社勤務のサラリーマンです。この写真 ... は、今年2月、熊本県小天温泉を訪れた際、「草枕の道」を案内され、峠の茶屋で撮影したものです。
    • 1,000

      支援者限定活動報告の共有

      リターン

        ・支援者限定活動報告の共有

      支援者の数 0

    • 残り382枚

      2,000

      「絵本・草枕」(初版本)の郵送

      リターン

        ・2017年初版「絵本 草枕」(1冊)のお届け。
        ・支援者限定活動報告の共有

      支援者の数 118

      お届け予定:2017年2月

    • 残り75枚

      4,000

      「絵本 草枕」2冊+α

      リターン

        ・2016年初版「絵本 草枕」(2冊)のお届け。
        ・絵本原画のポストカードセット
        ・「草枕」便箋1冊
        ・支援者限定活動報告の共有

      支援者の数 25

      お届け予定:2017年2月

    • 残り51枚

      10,000

      協力クレジット表記

      リターン

        ・2017年初版「絵本 草枕」(2冊)のお届け。
        ・初版本の奥付に、協力者のお名前を表記させて頂きます(「絵本 草枕」に協力してくれた方々・・・(※表示例)
        ・絵本原画のポストカードセット
        ・「草枕」便箋
        ・支援者限定活動報告の共有

      支援者の数 29

      お届け予定:2017年2月

    • 残り12枚

      20,000

      協力クレジット表記+「草枕」ゆかりの地、熊本県小天温泉のギフトセット

      リターン

        ・2017年初版「絵本 草枕」(2冊)のお届け。
        ・初版本の奥付に、協力者のお名前を表記させて頂きます(「絵本 草枕」に協力してくれた方々・・・(※表示例)
        ・「草枕」の舞台とされる、熊本県小天温泉のギフト
         (みかんジュース、特製ジャムなど3,000円相当)
        ・絵本原画のポストカードセット
        ・支援者限定活動報告の共有

      支援者の数 8

      お届け予定:2017年2月

    このプロジェクトをシェアする

    TOPへ戻る