• 前田知沙樹(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム)
  • スポーツ

長野県のアスリート・アルペンスキー 前田知沙樹 応援プロジェクト by 明治安田生命

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

「アルペンスキーといえば前田知沙樹、そうなることをめざします」冬は雪、夏は芝の上の二刀流 長野県の岡谷市で生まれ、塩尻市で育った生粋の信州人である前田知沙樹選手(松本大学4年)がスキーに出会ったのは、小学校入学前。父に連れられ、隣町のあさひプライムスキー場(朝日村)でゲレンデデビューを果たしました。 「あんまり遠くに滑っていかないように父にひもをつけてもらって滑るのがすごく好きでした」 4歳のころゲレンデで 競技としてアルペンスキーに興味を持ち始めたのは小学校入学後でした。長野県の多くのスキー場ではアマチュアレースが開催されています。大人も子供も問わずに「速い選手が強い」というシンプルな競技性に魅せられ、まず「FalconRacing」に加入し、小学5年生から現在まで「Team DLWH」というチームに所属して、本格的に競技にのめり込んでいきます。 トレーニングの一環として夏場には芝の上を滑走するグラススキーも始め、そのかいもあって全国中学スキー大会、全国高等学校選抜など多くの優勝カップを掲げる世代を代表するスラローマーとなりました。 スキー板などかさばる荷物、海外転戦で腕を磨きたい現在、松本大学の4年生である彼女は就職活動中でもあります。卒業後も働きながら競技を続けるために、長野県が主催する「アスリート就職支援事業」を活用し、その活動に理解を示してくれる企業を探している過程で明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に出会いました。自分のように地域に根ざし活動する選手には、願ってもない制度でした。 「アルペンスキーは遠征の機会が多く、支援をいただければ活動の幅や選択肢が広がるので本当にありがたい」 本人がそう語るように、クラウドファンディングで得た費用は渡航費、特にスキー板やブーツをはじめ荷物の点数や重量が多いアルペンスキーでは「毎回、すごい額になってしまう」という超過手荷物料金にも充てられる予定です。 40kmの自転車通学、レタスなどの差し入れに感謝合宿や大会に参加するために国内外を転戦する生活を送りますが、彼女が抱く地元への思いは強いものです。松商学園高時代は塩尻ー松本間の往復約40kmの道のりを、ほぼ毎日、クロスバイクでトレーニングを兼ねて通学しました。 グラススキーでは第一人者 「一つのことを継続することで精神面でも鍛えられると思って」と、雨の日もかっぱを羽織り、ペダルをこぎました。時には通学路脇の畑で働く方からレタスを差し入れてもらったり、いつもすれ違う車のドライバーから交通安全のお守りを受け取ったりしたこともあるそうです。そのような地元の持つ温かい雰囲気が大好きだと、笑顔を見せます。 はね返されたワールドカップの壁国内を代表する選手に成長した彼女ですが、世界ではまだまだニューフェイスです。昨シーズンにはワールドカップ(W杯)にも初出場を果たしますが、参加した4大会すべてで2本目に進むことができません(1本目のタイムが全体で31位以下)でした。 そこで感じたのは世界との差だと本人は語ります。 「レベルは高いと知ってはいたのですが、実際に世界の選手と同じシチュエーションで同じコースを滑ってみると、大きな差があるのが分かりました。それを壁として感じています」 しかし、本人は決してその壁をネガティブに捉えているわけではありません。W杯初出場の地はフィンランドだったのですが、「欧州の起伏だったり雪質だったりコースに対応できてないことが分かった」とむしろ足りないものを収穫のように挙げ、「技術面だけではなく根本的な身体の使い方、歩き方から改善してきたのでそれを今季は生かして、いつどこでも自分の滑りをできるようにしたいです」。 アルペン日本一、その先の世界大会で羽ばたく今シーズンは、まずロシアやアジアの国々が参加するファー・イースト・カップで好成績を収め、W杯の出場権を獲得することが目標となります。しかし、ただW杯出場権を取るだけではなく「地力を上げないと世界とは戦えない」という本人の決意どおり、レベルの高い舞台でどう戦うかの具体的なイメージを持ってトレーニングに取り組んでいる最中です。 その先に見据えるのは2021年の日本選手権制覇と、その先の冬の祭典への参戦です。さらに、近い将来にはW杯シリーズでポイントを獲得し、26年にむけてメダル獲得をめざします。 「アルペンスキーっていうマイナースポーツでは、競技を知っている方でも誰がトップ選手か分からない。だからアルペンスキーといったら前田知沙樹と言ってもらえるように」 そんな代名詞的な選手へ、彼女の挑戦は続きます。 2019年グラススキー世界Jr選手権、世界選手権8冠 明るい話題を提供し地元を象徴するアスリートに「私は地域に根差した選手をめざしていて、地元で応援してもらいながら競技をする選手に憧れがあります」 シビアな今季に挑む次世代のエース候補は、例えば、Jリーグの松本山雅FCや、同じ冬季アスリートであれば小平奈緒選手(スピードスケート、長野県茅野市出身)のような地域のシンボルとしての存在に、選手としての理想像を見出しています。 「そのためにも、まずは結果を出して地元に明るい話題を提供できれば。そう思っています」 (取材・制作:4years.編集部)

「アルペンスキーといえば前田知沙樹、そうなることをめざします」

冬は雪、夏は芝の上の二刀流

長野県の岡谷市で生まれ、塩尻市で育った生粋の信州人である前田知沙樹選手(松本大学4年)がスキーに出会ったのは、小学校入学前。父に連れられ、隣町のあさひプライムスキー場(朝日村)でゲレンデデビューを果たしました。

「あんまり遠くに滑っていかないように父にひもをつけてもらって滑るのがすごく好きでした」

4歳のころゲレンデで


競技としてアルペンスキーに興味を持ち始めたのは小学校入学後でした。長野県の多くのスキー場ではアマチュアレースが開催されています。大人も子供も問わずに「速い選手が強い」というシンプルな競技性に魅せられ、まず「FalconRacing」に加入し、小学5年生から現在まで「Team DLWH」というチームに所属して、本格的に競技にのめり込んでいきます。

トレーニングの一環として夏場には芝の上を滑走するグラススキーも始め、そのかいもあって全国中学スキー大会、全国高等学校選抜など多くの優勝カップを掲げる世代を代表するスラローマーとなりました。


スキー板などかさばる荷物、海外転戦で腕を磨きたい

現在、松本大学の4年生である彼女は就職活動中でもあります。卒業後も働きながら競技を続けるために、長野県が主催する「アスリート就職支援事業」を活用し、その活動に理解を示してくれる企業を探している過程で明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に出会いました。自分のように地域に根ざし活動する選手には、願ってもない制度でした。

「アルペンスキーは遠征の機会が多く、支援をいただければ活動の幅や選択肢が広がるので本当にありがたい」

本人がそう語るように、クラウドファンディングで得た費用は渡航費、特にスキー板やブーツをはじめ荷物の点数や重量が多いアルペンスキーでは「毎回、すごい額になってしまう」という超過手荷物料金にも充てられる予定です。


40kmの自転車通学、レタスなどの差し入れに感謝

合宿や大会に参加するために国内外を転戦する生活を送りますが、彼女が抱く地元への思いは強いものです。松商学園高時代は塩尻ー松本間の往復約40kmの道のりを、ほぼ毎日、クロスバイクでトレーニングを兼ねて通学しました。

グラススキーでは第一人者


「一つのことを継続することで精神面でも鍛えられると思って」と、雨の日もかっぱを羽織り、ペダルをこぎました。時には通学路脇の畑で働く方からレタスを差し入れてもらったり、いつもすれ違う車のドライバーから交通安全のお守りを受け取ったりしたこともあるそうです。そのような地元の持つ温かい雰囲気が大好きだと、笑顔を見せます。


はね返されたワールドカップの壁

国内を代表する選手に成長した彼女ですが、世界ではまだまだニューフェイスです。昨シーズンにはワールドカップ(W杯)にも初出場を果たしますが、参加した4大会すべてで2本目に進むことができません(1本目のタイムが全体で31位以下)でした。

そこで感じたのは世界との差だと本人は語ります。

「レベルは高いと知ってはいたのですが、実際に世界の選手と同じシチュエーションで同じコースを滑ってみると、大きな差があるのが分かりました。それを壁として感じています」

しかし、本人は決してその壁をネガティブに捉えているわけではありません。W杯初出場の地はフィンランドだったのですが、「欧州の起伏だったり雪質だったりコースに対応できてないことが分かった」とむしろ足りないものを収穫のように挙げ、「技術面だけではなく根本的な身体の使い方、歩き方から改善してきたのでそれを今季は生かして、いつどこでも自分の滑りをできるようにしたいです」。


アルペン日本一、その先の世界大会で羽ばたく

今シーズンは、まずロシアやアジアの国々が参加するファー・イースト・カップで好成績を収め、W杯の出場権を獲得することが目標となります。しかし、ただW杯出場権を取るだけではなく「地力を上げないと世界とは戦えない」という本人の決意どおり、レベルの高い舞台でどう戦うかの具体的なイメージを持ってトレーニングに取り組んでいる最中です。

その先に見据えるのは2021年の日本選手権制覇と、その先の冬の祭典への参戦です。さらに、近い将来にはW杯シリーズでポイントを獲得し、26年にむけてメダル獲得をめざします。

「アルペンスキーっていうマイナースポーツでは、競技を知っている方でも誰がトップ選手か分からない。だからアルペンスキーといったら前田知沙樹と言ってもらえるように」

そんな代名詞的な選手へ、彼女の挑戦は続きます。

2019年グラススキー世界Jr選手権、世界選手権8冠


明るい話題を提供し地元を象徴するアスリートに

「私は地域に根差した選手をめざしていて、地元で応援してもらいながら競技をする選手に憧れがあります」

シビアな今季に挑む次世代のエース候補は、例えば、Jリーグの松本山雅FCや、同じ冬季アスリートであれば小平奈緒選手(スピードスケート、長野県茅野市出身)のような地域のシンボルとしての存在に、選手としての理想像を見出しています。

「そのためにも、まずは結果を出して地元に明るい話題を提供できれば。そう思っています」

(取材・制作:4years.編集部)


地元アスリートに あなたの愛と支援を

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    12

  • 残り期間

    96

  • 集まっている金額

    66,000

    目標金額:300,000

  • 達成率22%

    22%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2021年02月28日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

前田知沙樹(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム)

明治安田生命「地元の元気プロジェクト」の ... 一環として、地元の若手アスリートを地域社会とともに応援することで、地域の一体感醸成や地域で育つ子どもたちの夢や地元愛を育むことへの貢献を目的とします。

当制度を通じて、出身地や活動拠点地域など、サポートを受ける「地元」に対して貢献したいというアスリートの活動を支援します。
  • 3,000

    お礼のメール

    リターン

      前田知沙樹本人より感謝の気持ちを込めて、お礼のお手紙をお送りします。

    支援者の数 2

  • 5,000

    お礼のお手紙

    リターン

      前田知沙樹本人より感謝の気持ちを込めて、お礼のお手紙をお送りします。

    支援者の数 10

    お届け予定:2021年4月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす