メニュー
支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001(平日10時~17時)

みらい古民家プロジェクト〜子どもと大人が0から創る"体験の場"を作りたい!〜

再生する

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

プロジェクトへの想いはじめまして。株式会社みらいスクールと申します。子どもたちの未来の学校をつくりたい!子どもたちが社会に出る意欲をつけてあげたい!そのために我々の体験事業「Gifte!(ギフテ!)」では、「古民家 宙/そら」を整備し、子どもたちが安心・安全に遊んだり、体験に出会える場づくりをしたいと考えております。みなさまからのご支援、よろしくお願いします。 体験の場「古民家 宙/そら」 について 「この場所を子どもたちのために活用できませんか?」という所有者の方からの連絡をきっかけに、今回のプロジェクトはスタートしました。 ひっそりと顔を出した伝統的な和の住居、広大な裏山を持つこの古民家が、子どもたちの体験の場となるこのプロジェクトの舞台です。 その名は「古民家 宙/そら」。 千葉市の土気駅にほど近い上大和田にあり、豊かな農村風景が広がっています。 広い古民家は子どもの絶好の遊び場このプロジェクトは、幼少期をこの家で過ごした女性建築家・石井ひろみさんの子を持つ母としての想いから始まります。 「未登記のまま空き家となり、草木に埋もれそうなこの古民家に、あるとき都会に住む子ども達を連れてきました。テレビもおもちゃもない空間で、子どもたちは自分たちで工夫して遊び始めたんです。」(石井さん) 人さし指をなめて障子に穴を開けたり、友だちと家の中を走り回ったり。子どもたちは、開放的な雰囲気に大興奮。 「私には当たり前だった、広くて回遊性ある古民家の間取り、障子に四方囲まれた部屋が、子ども達には非日常の遊びの空間だったのです。」 うっそうと植物が茂っていた庭も、1時間がかりで草刈りをすれば、古民家の全貌が見えてきました。 「一緒に草刈りをしたママ友が“ゼロから創りあげている、この面白さと達成感はほかでは体験できないよね。だんだん古民家に愛着がわいてきた”と呟いたときに、“ああ、これだ”と思いました。私の<原風景>と<希少性あるワクワクする体験>、そして<整備する過程を楽しむ>という3つが重なり合った瞬間です。」 いろいろな人にこの古民家の存在を伝えているうちに、周囲にその道のエキスパートが集まってきました。 「“子供が体験を通じて創造性を育む場を作ろう・古民家をもう一度輝きの場にしよう”と、再生に向けた話合いや課題を共有できる仲間ができました。そして<古民家 宙/そら>が動き出すことになったのです」 当初は草木に覆われていた古民家。入り口から全く見えない状態で、天井裏には小動物が入った痕跡も見られました。草刈りと枝木の伐採をし、徐々に古民家とその庭が元の形に戻ってきたのです。 自由に創造できる、3つのフィールド宙には古民家、庭、裏山の3つのフィールドがあり、そこでは月に1、2回整備作業を兼ねたワークショップを行っています。 整備が進めば、安心して参加者を募ることができ、いろいろな方に田舎での貴重な体験を提供できると考えています。 ①古民家(延床面積:123㎡ 庭:1314㎡) 活動の拠点としていく古民家の内部、襖の間を風が吹き抜ける開放感溢れる室内空間があります。 庭はさまざまなイベントを行う広さがあり、虫を探して走り回ってたり、ブランコやターザンロープをつくってみたり。活用の可能性は無限大です。 裏山の竹を活用した流しそうめん制作もこの庭で行いました。 ② 畑(901㎡) 古民家から2,3分歩くと段々になった畑があります。3月のイベントでその一部の開墾を行い、じゃがいもを植えました。しかし、整備できたのは、まだほんの一部。この畑も整備して、地域の人たちを交えた収穫祭ができたらと思っています。 ③ 裏山(6745㎡) 古民家の裏手には、多くの竹林が広がる山があります。 竹の侵食が進み、日光もあまり入りません。現段階では安全とは言い難いですが、子どもたちの好奇心をくすぐる山の環境は、秘密基地をつくるにはぴったりです。 「古民家 宙/そら」と未来の子どもたちの可能性 都心から車で1時間弱の場所にある「古民家 宙/そら」。ここでは昔ながらの田舎体験から感じることを大事にし、子どもの自主性を養う親子の居場所づくりを試みています。 【0から自分の居場所を創り出す場としての可能性】 ここでは、子どもたちの創造力のすばらしさを感じることが多くあります。 参加者の兄妹は、伐採した大量の竹の枝を1ヵ所に集めて、自分たちだけのお手製テントを完成(下の写真)。 ほかにも、庭に落ちていた瓦を地面に敷き詰めて秘密基地を作ったり(下の写真)、大人と一緒にターザンロープを作ったり(下の写真)。 参加者全員で竹を活用し「スタードーム」を作ったこともあります(下の写真)。こうして、この場所には子どもたちの大切な居場所がどんどんと創り出されています。 【親と子が共に学べる場としての可能性】 発見と学びをするのは、子どもたちだけではありません。子どもと共に参加する親もこの場所で貴重な「体験」をします。無心になって畑を耕したり、物づくりをしたりすることで、リフレッシュできます。 参加者からも「子どもの自主性を大事にすることを学びました」という言葉が多く聞かれます。子どもの主体性を大事にする「古民家 宙/そら」の空間が、大切なことに気づかせてくれます。 子どもたちの安心のために改修が必要な場所現在も有志によって少しずつ整備を進めていますが危険が伴い、ヒヤリとする場面もあります。 1.倒れ掛かる木々の伐採 古民家の東側は、裏山から屋根へ倒れがかっている木々があり、早くに伐採する必要があります。 2.壁面の修繕 周囲の外壁の塗装は朽ち果てている状態。東側には動物の侵入口の穴があり早い改善が必要です。 3.雨戸・杉板の修繕 老朽化で建物がきしんでおり、杉板やガラスもボロボロ。雨戸の開閉がままらない状態です。 4.玄関土間再生 土間床は玄関内部も敷居の外側も腐朽が進行。灰墨入りモルタルを入れ直すことで、田舎の古民家の土間空間を再生させます。 5.古民家内部の修繕 天井の屋根が腐りかけており、崩れ落ちる可能性があり、とても危険な状態です。屋根材を新たなものに改修し、安全な住環境を取戻したいと思います。 6.裏山へ続くフットパスの整備 子どもたちの好奇心をそそる裏山への道はとても滑りやすく、地盤も崩れています。踏み外すとケガをしかけない状態を整備して、子どもたちが安全に通ることのできる道を作りたいです。 目標金額とその内訳について子どもたちが安心・安全に過ごすための整備としてクラウドファンディング手数料を考慮すると300万円が必要となる見込みです。緊急度・優先度で考え以下の3つのステップで計画しています。今回は優先度が特に高い危険箇所の修繕分として110万円を目標金額とさせていただきました。 優先度★★★★★ 危険な箇所の修繕(110万円) ・子どもたちの安全を守るためにぜひ行いたい整備です。古民家の屋根に裏山から倒れかかっている樹木の伐採/その樹木を伐採するための裏山の整備/古民家東面の壁面の動物侵入の穴を埋める/古民家東面の雨で朽ちている壁の穴を埋める/南面のアルミサッシとガラス交換(不審者にカッターを入れられた跡)/玄関土間の再生(室外と室内部分の土間を灰炭入りモルタルの床へ) 優先度★★★★ 古民家内部の整備(90万円) ・衛生面の向上、天候に関わらず古民家内で安全に過ごせるために必要な整備です。南面と東面の杉板の雨戸/台所上部の屋根の張替え/西面出窓の外壁の張替え/給湯器の新設 優先度★★★ 裏山の整備(100万円) ・子どもの好奇心をくすぐる環境に自由に思う存分動き回れる安心を加える整備です。裏山のフットパスの整備/裏山の一時伐採と搬出作業/古民家の裏山にあがるスロープの整備 リターンについて(物・体験)このプロジェクトにご賛同いただいた方へ、古民家ならではの物のほか、実際にお越しいただきそのよさも体感いただける体験へのご招待をご用意しました。 (1)支援金額3,000円の方へ 感謝の気持ちを込めたサンクスメール+プロジェクト報告書(支援いただいた方のお名前を記載いたします) ★★以下、(1)のリターンに加えてお送りします★★ (2)支援金額5,000円の方へ +ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5%オフクーポンをプレゼントします。※2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きますプロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。 (3)支援金額5,000円の方へ +流しそうめん・竹馬作りに利用できる「竹」をお渡しします(3本以内)。※こちらのリターンは、竹を現地(千葉県土気駅から車で10分程度)まで取りに来ていただける方に限ります。 (4)支援金額10,000円の方へ +ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5%オフクーポンプレゼント+特製竹とんぼ製作キッド※クーポンは2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きますプロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。(5)支援金額10,000円の方へ +ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5%オフクーポンプレゼント+特製竹のビールジョッキ※クーポンは2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きますプロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。 (6)支援金額10,000円の方へ +改修後の「古民家 宙/そら」での子どもたちの様子をおさめた報告映像&エンドロールにお名前をお入れします。(7)支援金額10,000円の方へ+「古民家 宙/そら」で行う「竹の駆逐と再利用体験ワークショップ」にご参加いただけます。<ワークショップ内容(予定)>日程1:竹の伐採&竹チップづくり体験(午前・午後各5組)日程2の午前:竹ランプ造り体験(10組)日程2の午後:竹うつわ造り体験(10組)※体験は竹の伐採 &竹チップ作り または 竹ランプ造り または 竹うつわ造りのいずれかをお選びください(それぞれ実施日が異なります)。※10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへ振替の可能性があります。※体験は、支援者+お子様での参加が可能です (8)支援金額10,000円の方へ+「古民家 宙/そら」で行う「竹の伐採&竹飯盒体験ワークショップ」にご参加いただけます。<ワークショップ内容(予定)>竹の伐採体験&竹飯盒の加工&焚き火で飯盒体験&昼食:8組※体験は10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへ振替の可能性があります。※体験は、支援者+お子様での参加が可能です。(9)支援金額10,000円の方へ +「古民家 宙/そら」で行う「畑の開墾体験ワークショップ」にご参加いただけます。※体験は10月以降に複数の候補日を設定の上、実施予定です。※体験は支援者+お子様での参加が可能です (10)支援金額30,000円の方へ+竹で作った特製のスマートフォン用スピーカーをお送りします※写真はイメージです。実際の商品とは異なることがあります。 (11)支援金額30,000円の方へ+「古民家 宙/そら」の整備工事の際、支援いただいた方のお名前を刻ませていただきます。 (12)支援金額50,000円の方へ +新しく作成するかまどや、裏山整備後の子どもたちの遊び場にお名前をつけていただけます(13)支援金額200,000円の方へ +「古民家 宙/そら」を1日貸し切りできます。イベント利用・バーベキューのほか、写真や動画の撮影にも適しています。※日程は要調整です※バーベキュー機材や什器、撮影時の照明道具の貸し出しはありません。ご利用の場合はご用意をお願いします 想定されるリスク<リターンについて>こちらをご覧ください→リターンにについて<改修内容について>・目標金額が達成しなかった場合もプロジェクトは少しずつ実行していきます。 その場合、上に挙げた内容すべてを行うことはできないため、ご支援いただいた金額に応じた改修内容となります。・改修工事は9月の着手を予定していますが、天候や諸事情によりスジュールが遅れる場合があります。 さいごにAIが台頭し実体験が消失していく、これからの時代。未来の子どもたちのためには、教科書やインターネットだけでは学ぶことのできない、“新たな体験の場”が必要です。 私たちみらいスクールは「古民家 宙/そら」の運営の方たちと共に『子どもと大人たちが0から自由に創造できる、里山の古民家を生かした創造的田舎体験空間づくり』に取り組んで参ります。 子どもたちの未来へ繋がるこのチャレンジに、クラウドファンディングのご支援をどうぞよろしくお願い致します!! そして0円の支援としてSNSでのシェアを是非お願い致します! 株式会社みらいスクールのホームページはこちらワクワクの学び体験を、子どもに贈る。ギフテ!のホームページはこちら古民家 宙/そら のホームページはこちら facebookページはこちら

プロジェクトへの想い


はじめまして。株式会社みらいスクールと申します。子どもたちの未来の学校をつくりたい!子どもたちが社会に出る意欲をつけてあげたい!そのために我々の体験事業「Gifte!(ギフテ!)」では、「古民家 宙/そら」を整備し、子どもたちが安心・安全に遊んだり、体験に出会える場づくりをしたいと考えております。みなさまからのご支援、よろしくお願いします。



体験の場「古民家 宙/そら」 について

「この場所を子どもたちのために活用できませんか?」という所有者の方からの連絡をきっかけに、今回のプロジェクトはスタートしました。

ひっそりと顔を出した伝統的な和の住居、広大な裏山を持つこの古民家が、子どもたちの体験の場となるこのプロジェクトの舞台です。

その名は「古民家 宙/そら」。

千葉市の土気駅にほど近い上大和田にあり、豊かな農村風景が広がっています。

広い古民家は子どもの絶好の遊び場


このプロジェクトは、幼少期をこの家で過ごした女性建築家・石井ひろみさんの子を持つ母としての想いから始まります。

「未登記のまま空き家となり、草木に埋もれそうなこの古民家に、あるとき都会に住む子ども達を連れてきました。テレビもおもちゃもない空間で、子どもたちは自分たちで工夫して遊び始めたんです。」(石井さん)

人さし指をなめて障子に穴を開けたり、友だちと家の中を走り回ったり。子どもたちは、開放的な雰囲気に大興奮。

「私には当たり前だった、広くて回遊性ある古民家の間取り、障子に四方囲まれた部屋が、子ども達には非日常の遊びの空間だったのです。」

うっそうと植物が茂っていた庭も、1時間がかりで草刈りをすれば、古民家の全貌が見えてきました。

「一緒に草刈りをしたママ友が“ゼロから創りあげている、この面白さと達成感はほかでは体験できないよね。だんだん古民家に愛着がわいてきた”と呟いたときに、“ああ、これだ”と思いました。私の<原風景>と<希少性あるワクワクする体験>、そして<整備する過程を楽しむ>という3つが重なり合った瞬間です。」

いろいろな人にこの古民家の存在を伝えているうちに、周囲にその道のエキスパートが集まってきました。

子供が体験を通じて創造性を育む場を作ろう・古民家をもう一度輝きの場にしよう”と、再生に向けた話合いや課題を共有できる仲間ができました。そして<古民家 宙/そら>が動き出すことになったのです」

当初は草木に覆われていた古民家。入り口から全く見えない状態で、天井裏には小動物が入った痕跡も見られました。草刈りと枝木の伐採をし、徐々に古民家とその庭が元の形に戻ってきたのです。

自由に創造できる、3つのフィールド


宙には古民家、庭、裏山の3つのフィールドがあり、そこでは月に1、2回整備作業を兼ねたワークショップを行っています。

整備が進めば、安心して参加者を募ることができ、いろいろな方に田舎での貴重な体験を提供できると考えています。

①古民家(延床面積:123㎡ 庭:1314㎡)

活動の拠点としていく古民家の内部、襖の間を風が吹き抜ける開放感溢れる室内空間があります。

庭はさまざまなイベントを行う広さがあり、虫を探して走り回ってたり、ブランコやターザンロープをつくってみたり。活用の可能性は無限大です。

裏山の竹を活用した流しそうめん制作もこの庭で行いました。

② 畑(901㎡)

古民家から2,3分歩くと段々になった畑があります。3月のイベントでその一部の開墾を行い、じゃがいもを植えました。

しかし、整備できたのは、まだほんの一部。この畑も整備して、地域の人たちを交えた収穫祭ができたらと思っています。

③ 裏山(6745㎡)

古民家の裏手には、多くの竹林が広がる山があります。

竹の侵食が進み、日光もあまり入りません。現段階では安全とは言い難いですが、子どもたちの好奇心をくすぐる山の環境は、秘密基地をつくるにはぴったりです。


「古民家 宙/そら」と未来の子どもたちの可能性


都心から車で1時間弱の場所にある「古民家 宙/そら」。ここでは昔ながらの田舎体験から感じることを大事にし、子どもの自主性を養う親子の居場所づくりを試みています。


【0から自分の居場所を創り出す場としての可能性】

ここでは、子どもたちの創造力のすばらしさを感じることが多くあります。

参加者の兄妹は、伐採した大量の竹の枝を1ヵ所に集めて、自分たちだけのお手製テントを完成(下の写真)。

ほかにも、庭に落ちていた瓦を地面に敷き詰めて秘密基地を作ったり(下の写真)、大人と一緒にターザンロープを作ったり(下の写真)。

参加者全員で竹を活用し「スタードーム」を作ったこともあります(下の写真)。こうして、この場所には子どもたちの大切な居場所がどんどんと創り出されています。



【親と子が共に学べる場としての可能性】

発見と学びをするのは、子どもたちだけではありません。子どもと共に参加する親もこの場所で貴重な「体験」をします。無心になって畑を耕したり、物づくりをしたりすることで、リフレッシュできます。

参加者からも「子どもの自主性を大事にすることを学びました」という言葉が多く聞かれます。子どもの主体性を大事にする「古民家 宙/そら」の空間が、大切なことに気づかせてくれます。

子どもたちの安心のために改修が必要な場所


現在も有志によって少しずつ整備を進めていますが危険が伴い、ヒヤリとする場面もあります。


1.倒れ掛かる木々の伐採

古民家の東側は、裏山から屋根へ倒れがかっている木々があり、早くに伐採する必要があります。

2.壁面の修繕

周囲の外壁の塗装は朽ち果てている状態。東側には動物の侵入口の穴があり早い改善が必要です。

3.雨戸・杉板の修繕


老朽化で建物がきしんでおり、杉板やガラスもボロボロ。雨戸の開閉がままらない状態です。

4.玄関土間再生


土間床は玄関内部も敷居の外側も腐朽が進行。灰墨入りモルタルを入れ直すことで、田舎の古民家の土間空間を再生させます。

5.古民家内部の修繕

天井の屋根が腐りかけており、崩れ落ちる可能性があり、とても危険な状態です。屋根材を新たなものに改修し、安全な住環境を取戻したいと思います。

6.裏山へ続くフットパスの整備

子どもたちの好奇心をそそる裏山への道はとても滑りやすく、地盤も崩れています。踏み外すとケガをしかけない状態を整備して、子どもたちが安全に通ることのできる道を作りたいです。

目標金額とその内訳について


子どもたちが安心・安全に過ごすための整備としてクラウドファンディング手数料を考慮すると300万円が必要となる見込みです。
緊急度・優先度で考え以下の3つのステップで計画しています。

今回は優先度が特に高い危険箇所の修繕分として110万円を目標金額とさせていただきました。

優先度★★★★★ 危険な箇所の修繕(110万円)

・子どもたちの安全を守るためにぜひ行いたい整備です。

古民家の屋根に裏山から倒れかかっている樹木の伐採/その樹木を伐採するための裏山の整備/古民家東面の壁面の動物侵入の穴を埋める/古民家東面の雨で朽ちている壁の穴を埋める/南面のアルミサッシとガラス交換(不審者にカッターを入れられた跡)/玄関土間の再生(室外と室内部分の土間を灰炭入りモルタルの床へ)

優先度★★★★ 古民家内部の整備(90万円)

・衛生面の向上、天候に関わらず古民家内で安全に過ごせるために必要な整備です。
南面と東面の杉板の雨戸/台所上部の屋根の張替え/西面出窓の外壁の張替え/給湯器の新設

優先度★★★ 裏山の整備(100万円)

・子どもの好奇心をくすぐる環境に自由に思う存分動き回れる安心を加える整備です。
裏山のフットパスの整備/裏山の一時伐採と搬出作業/古民家の裏山にあがるスロープの整備


リターンについて(物・体験)


このプロジェクトにご賛同いただいた方へ、古民家ならではの物のほか、実際にお越しいただきそのよさも体感いただける体験へのご招待をご用意しました。

(1)支援金額3,000円の方へ
感謝の気持ちを込めたサンクスメール+プロジェクト報告書(支援いただいた方のお名前を記載いたします)

★以下、(1)のリターンに加えてお送りします

(2)支援金額5,000円の方へ
+ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5%オフクーポンをプレゼントします。
※2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きます
プロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。

(3)支援金額5,000円の方へ
+流しそうめん・竹馬作りに利用できる「竹」をお渡しします(3本以内)。
※こちらのリターンは、竹を現地(千葉県土気駅から車で10分程度)まで取りに来ていただける方に限ります。

(4)支援金額10,000円の方へ
+ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5%オフクーポンプレゼント+特製竹とんぼ製作キッド
※クーポンは2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きます
プロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。

(5)支援金額10,000円の方へ

+ギフテ!で1年間・何度でも使える体験5オフクーポンプレゼント+特製竹のビールジョッキ
※クーポンは2019年10月まで何度も利用可/本人のみのご利用に限ります/ツアーは除きます
プロに学ぶワクワク体験が30種類以上!ギフテ!の体験はこちらをご覧ください。

(6)支援金額10,000円の方へ
+改修後の「古民家 宙/そら」での子どもたちの様子をおさめた報告映像&エンドロールにお名前をお入れします。


(7)支援金額10,000円の方へ

+「古民家 宙/そら」で行う「竹の駆逐と再利用体験ワークショップ」にご参加いただけます。
<ワークショップ内容(予定)>
日程1:竹の伐採&竹チップづくり体験(午前・午後各5組)
日程2の午前:竹ランプ造り体験(10組)
日程2の午後:竹うつわ造り体験(10組)
※体験は竹の伐採 &竹チップ作り または 竹ランプ造り または 竹うつわ造りのいずれかをお選びください(それぞれ実施日が異なります)。
※10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへ振替の可能性があります。
※体験は、支援者+お子様での参加が可能です

(8)支援金額10,000円の方へ
+「古民家 宙/そら」で行う「竹の伐採&竹飯盒体験ワークショップ」にご参加いただけます。

<ワークショップ内容(予定)>
竹の伐採体験&竹飯盒の加工&焚き火で飯盒体験&昼食:8組
※体験は10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへ振替の可能性があります。
※体験は、支援者+お子様での参加が可能です。


(9)支援金額10,000円の方へ

+「古民家 宙/そら」で行う「畑の開墾体験ワークショップ」にご参加いただけます。
※体験は10月以降に複数の候補日を設定の上、実施予定です。
※体験は支援者+お子様での参加が可能です


(10)支援金額30,000円の方へ

+竹で作った特製のスマートフォン用スピーカーをお送りします

※写真はイメージです。実際の商品とは異なることがあります。

(11)支援金額30,000円の方へ
+「古民家 宙/そら」の整備工事の際、支援いただいた方のお名前を刻ませていただきます。

(12)支援金額50,000円の方へ
+新しく作成するかまどや、裏山整備後の子どもたちの遊び場にお名前をつけていただけます

(13)支援金額200,000円の方へ

+「古民家 宙/そら」を1日貸し切りできます。
イベント利用・バーベキューのほか、写真や動画の撮影にも適しています。
※日程は要調整です
バーベキュー機材や什器、撮影時の照明道具の貸し出しはありません。ご利用の場合はご用意をお願いします


想定されるリスク


<リターンについて>
こちらをご覧ください→リターンにについて

<改修内容について>
・目標金額が達成しなかった場合もプロジェクトは少しずつ実行していきます。 その場合、上に挙げた内容すべてを行うことはできないため、ご支援いただいた金額に応じた改修内容となります。
・改修工事は9月の着手を予定していますが、天候や諸事情によりスジュールが遅れる場合があります。


さいごに


AIが台頭し実体験が消失していく、これからの時代。未来の子どもたちのためには、教科書やインターネットだけでは学ぶことのできない、“新たな体験の場”が必要です。

私たちみらいスクールは「古民家 宙/そら」の運営の方たちと共に『子どもと大人たちが0から自由に創造できる、里山の古民家を生かした創造的田舎体験空間づくり』に取り組んで参ります。

子どもたちの未来へ繋がるこのチャレンジに、クラウドファンディングのご支援をどうぞよろしくお願い致します!!

そして0円の支援としてSNSでのシェアを是非お願い致します!


株式会社みらいスクールのホームページはこちら
ワクワクの学び体験を、子どもに贈る。ギフテ!のホームページはこちら
古民家 宙/そら のホームページはこちら facebookページはこちら




このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    13

  • 残り期間

    81

  • 集まっている金額

    87,000

    目標金額:1,100,000

  • 達成率7%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2018年09月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

Gifte!(株式会社みらいスクール)

Gifte!は子どもにワクワクの学び体験 ... を贈るサービスです。宇宙ミッション体験や忍者体験など、本物、本場、本人をキーワードに子どもの未来につながる特別な体験を揃えています。
  • 3,000

    (1)サンクスメール&プロジェクト報告書をお送りします

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します

    支援者の数 4

  • 5,000

    (2)ギフテ!で1年間・何度でも使える5%オフクーポンをプレゼントします

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・子どもの未来につながるワクワク体験全て(※ツアーは除く)に使える5%オフクーポン[繰り返し利用可能・1年間有効・本人のみ利用可]をプレゼントします
      →ギフテ!のワクワク体験は https://gifte.jp をご覧ください

    支援者の数 2

    お届け予定:2018年11月

  • 5,000

    (3)流しそうめん・竹馬作りなどで利用できる「竹」をお渡しします(3本以内)

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・竹をお譲りします(3本以内)。流しそう・竹馬作りなどで是非ご活用ください。

      ※こちらのリターンは、竹を現地(千葉県土気駅から車で10分程度)まで取りに来ていただける方に限ります。

      ※クラウドファンディング終了前の6月〜8月でもお引き渡しは可能です。

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年11月

  • 残り6枚

    10,000

    (4)竹とんぼ製作キット+ギフテ!5%オフクーポン

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・子どもの未来につながるワクワク体験全て(※ツアーは除く)に使える5%オフクーポン[繰り返し利用可能・1年間有効・本人のみ利用可]をプレゼントします。
      →ギフテ!のワクワク体験は https://gifte.jp をご覧ください
      自分でオリジナルの竹とんぼが作れる、特製の製作キットをお送りします
      ※写真はイメージです。実際の商品とは異なることがあります。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年11月

  • 残り14枚

    10,000

    (5)竹のビールジョッキ+ギフテ!5%オフクーポン

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・子どもの未来につながるワクワク体験全て(※ツアーは除く)に使える5%オフクーポン[繰り返し利用可能・1年間有効・本人のみ利用可]をプレゼントします。
      →ギフテ!のワクワク体験は https://gifte.jp をご覧ください
      竹の香りが爽やかな、特製竹ビールジョッキをお送りします
      ※写真はイメージです。

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年11月

  • 10,000

    (6)改修後の子どもたちの様子をおさめた報告映像&エンドロールクレジット

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      改修後の体験イベントの子どもたちの様子をおさめた報告映像をお送りします。
      ※エンドロールには支援者の方のお名前を記載します

    支援者の数 1

  • 残り29枚

    10,000

    (7)竹の駆逐と再利用体験ワークショップご招待

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・「古民家 宙/そら」で行う「竹の駆逐」または「再利用体験ワークショップ」のいずれかに参加いただけます

      <内容(予定)>
      日程1:竹の伐採&竹チップづくり体験(午前・午後各5組)
      日程2の午前:竹ランプ造り体験(10組)
      日程2の午後:竹うつわ造り体験(10組)

      ※10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへの振替の可能性があります。

      ※体験は、支援者+お子様での参加が可能です。

    支援者の数 1

  • 残り6枚

    10,000

    (8)竹の伐採&竹飯盒体験ワークショップご招待

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・「古民家 宙/そら」で行う「竹の伐採体験&竹飯盒体験ワークショップ」に参加いただけます

      <ワークショップ内容(予定)>
      竹の伐採体験&竹飯盒の加工&焚き火で飯盒体験&昼食:8組

      ※体験は10月以降に実施予定です。日程が合わない場合は、宙で開催する他のイベントへの振替の可能性があります。

      ※体験は、支援者+お子様での参加が可能です。

    支援者の数 2

  • 残り49枚

    10,000

    (9)畑の開墾体験ワークショップご招待

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・古民家宙で行う畑の開墾体験ワークショップに参加いただけます。

      ※体験は10月以降に複数の候補日を設定の上、実施予定です。

      ※体験は、支援者+お子様での参加が可能です。

    支援者の数 1

  • 残り5枚

    30,000

    (10)竹で作った特製のスマートフォン用スピーカーをお送りします

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・宙の竹で作った特製のスマートフォン用スピーカーを送ります。

      ※写真はイメージです。実際の商品とは異なる可能性があります。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年11月

  • 30,000

    (11)修繕箇所にお名前を刻ませていただきます

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・「古民家 宙/そら」の修繕工事の際、支援者の方のお名前を刻ませていただきます

    支援者の数 0

  • 残り5枚

    50,000

    (12)新しく作成するかまどや、裏山整備後の子ども達の遊び場​への命名権

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・新しく作成するかまどや、裏山整備後の子どもたちの遊び場​にお名前をつけていただけます(いずれか1つ)

    支援者の数 0

  • 残り2枚

    200,000

    (13)宙を1日貸し切れます

    リターン

      ・感謝の気持ちを込めてサンクスメールをお送りします
      ・改修の様子、改修後の体験イベント開催の様子をもり込んだレポートをお送りします
      ・レポートには支援者の方のお名前を記載します
      ・宙を1日貸し切れます

      ※イベント利用・バーベキューのほか、写真や動画の撮影にも適しています。
      ※日程は所有者と相談をしていただきます。
      ※バーベキュー機材や什器、撮影時の照明道具の貸し出しはありません。ご利用の場合はご用意をお願いします。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年11月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす