• 日本大学商学部秋川ゼミナールチームサステナ
  • SDGs

未来に魚を残したい!「カードゲーム」で魚を守る輪を広げようプロジェクト

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

私たちは、日本大学商学部秋川ゼミナールのチームサステナです!チームの名前は、「将来も魚を食べられる未来を創りたい」という思いを表す、英語のサステナビリティ(=Sustainability)から名付けました。 2017年から、魚の資源について文献や実地調査、漁業関係者などに何度も訪問を重ね、魚の買い方カードゲーム「Loser of Loser」を制作しました。このゲームを通して、魚の枯渇問題を消費者が自分事として考え、買い方への意識変化を促すきっかけになりたいと考えています。 魚の資源を守る輪を消費者から広げるために、どうかカードゲーム制作へのご支援をお願い致します。 ■みなさん、魚は食べますか?おそらく多くの方が食べるとお答えになると思います。このプロジェクトを行う私たちも、普段当たり前のように魚を食べています。魚の枯渇問題について考えるとき、「枯渇を引き起こしているのは漁師の問題であり、自分には関係ない」と思うかもしれません。しかし、もし魚をこれから一生食べるなと言われたら、簡単に受け入れられるでしょうか。 魚食文化を育んできた私たち日本人は、昔も今も、そして将来も、魚を食べ続けられると漠然と捉えている方が多いと思います。近年、世界でも多く消費される魚は、この人気上昇に伴い漁獲量も増加させており、魚資源の枯渇や違法漁業などの社会問題にまで発展しています。 では、魚の枯渇を引き起こしているのは漁師なのでしょうか。私たちは実際に、漁師や漁業関係者への調査を続けたことで、これらの問題には私たち消費者の「魚を多く、安く買いたい」という需要が原因にあるということが分かりました。 ■カードゲームを制作した理由消費者の「魚を多く、安く買いたい」という需要が魚の枯渇する原因にあると知った私たちは、消費者から魚の買い方を考え、行動を変えることで、これからも魚を食べられる環境を作りたいと考えています。その解決策として挙げられるのが、資源に配慮して獲られたことを表す「MSC認証ラベル(※)」の付いた商品の購入です。 しかし、今までの説明だけで積極的にMSC商品を買おうと思わないのではないでしょうか。 活動を続ける中で、ただ一方的に説明を行っても消費者は今挙げた問題を自分事として考えられないという新たな問題に直面しました。そこで私たちは、魚資源が枯渇する一連の流れを仮想環境で体験し、当事者意識を持ってもらうこと、そしてなにより、みんなで楽しく学ぶことを狙いとして、カードゲームという手法を用いました。カードゲームを体験した方からは、ぜひ多くの人に体験してもらいたい!というお声が上がっています。 魚が枯渇していることを自分事に捉えて、一人ひとりが魚の買い方を考えながら行動することで、魚を守る輪が広がることを願っています。実現のために、ぜひみなさんのお力をお貸しください。よろしくお願い致します。 (※)MSC認証ラベル:MSCとは、Marin Stewardship Council(海洋管理協議会)の略称であり、持続可能で環境に配慮した漁業で獲られた水産物と、そこから獲られた水産物の製造、加工、販売のプロセスを認証する国際機関である。このラベルは、魚資源の持続可能性や環境保全に配慮した漁業で獲られた水産物にのみ与えられている。このMSCのラベルのついた商品を買うことで、消費者は魚の環境保全に間接的に応援できる仕組みである。 ■魚を食べ続けたい、その気持ちから始まった私たちが最初に問題を知ったのは、チームメンバーが「最近購入した魚の大きさが以前に比べて小さくなっている」という言葉がきっかけでした。 テーマを調べていけば、どんどんと問題が浮かび上がります。人口増加や魚食ブームにより、世界の魚の消費量は約6倍にまで増加し、それに伴い漁獲量も増加したことで、水産資源の93%が枯渇の危機に直面しています。また、魚食文化が発展している日本では昔から獲り過ぎが行われ、この状態が続けば2030年には、他国と比べ圧倒的に漁業生産量が減少すると予測されています。 この獲り過ぎの問題に対し政府は、漁獲量の規制などを行っていますが、違法漁業は後を絶たず、海全体を管理するのは難しい状態にあります。また現在、違法に獲られた魚は約4割市場に紛れていると言われ、皆さんも知らないうちに口にしているかもしれないのです。 ■消費者が魚の枯渇を引き起こす?!ここまでの調査の下、漁師や漁業関係者に実地調査をしたところ、私たちは衝撃な事実を知りました。それは、消費者の安く多く買いたいという需要が流通業者に薄利多売を強いているということ、そして漁師はそれらの市場の要求に応じる形で、獲り過ぎや違法漁業を行ってしまう、ということです。つまり、消費者の購買行動こそが、魚の獲り過ぎや違法漁業などの資源に配慮しない漁獲を促進し、資源の枯渇を引き起こしていたのです。 この新事実をもとに私たちは、消費者から魚を守る行動ができないかと考え、資源に配慮して獲られたことを表す「MSC認証ラベル」の付いた商品の購入を促せないかと考えました。このMSC認証ラベルは、資源に配慮して獲られた水産物に与えられ、資源が豊富な漁場から獲られていること、一度に大量に獲り過ぎていないことを保証しています。つまり、消費者がこの商品を購入することは獲り過ぎや違法漁業をなくすことに繋がるのです。 ■カードゲーム「Loser of Loser」完成への道のりWWFジャパンや漁業関係者などへの訪問を繰り返したことから、講義などで一方的に情報を伝えても、消費者は自身が資源に影響を及ぼしていることが想像しづらい状況にあると気づきました。そこで、問題を解決する画期的なアイディアとして導き出した手法が、「ゲームを利用した体験学習」です。この提案により、一人ひとりが問題を疑似体験することで、資源に対し責任を持ち、その解決のために何ができるかが分かる、という当事者意識を持つこと、また、みんなで楽しく学べることを狙いとしました。 ゲーム制作は2017年9月から開始し、ゲーム会社やMSC日本事務局、WWFジャパンなど数多くの協力と改善を繰り返し、約10カ月をかけてようやく完成したカードゲームが「Loser of Loser」!! (2018年7月に完成したカードゲームですので、今回のリターンの絵柄とは異なります。) ゲームは、小学5年生から大人の方まで幅広くプレイすることができ、2018年には、学童保育や会社のワークショップなどでゲーム体験会を8回、277名の方に体験していただきました。参加者からは、「問題意識を持ちにくいテーマに対して自分事に考えられるいいツールだ」、「ゲーム性があり、子供だけでなく大人も楽しみながら学べてよかった」、「面白すぎてたまらない!」などと意見をいただき、実際にゲームを受けて消費行動を変えたという連絡もいただくほどの影響がありました。 私たちの制作したゲームを体験した子供や大人の方が、魚を買う意識や行動が変化したことから、さらに多くの人にこのゲームを体験してもらうことで魚の枯渇を防ぐ手段になると考え、ゲームを製品化することを目指します。 ■資金の用途みなさまからご支援いただいた資金は、以下の用途で使わせていただきます。 ◇FSC森林認証マーク(※1)を利用した印刷料 ◇オリジナルデザイン料(※2) ◇リターン制作費用や送料 (※1)FSC森林認証マーク:FSCとは、Forest Stewardship Council(森林管理協議会)の略省であり、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関である。この認証は、地域社会の利益を得ながら森林の環境保全に配慮、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられている。このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者は世界の森林保全を間接的に応援できる仕組み。 (※2)今まで著作権フリー素材のデザインを使用していたため、著作権の関係からこのプロジェクトではオリジナルデザインで製品化致します。 ■リターン詳細資金を回収でき次第リターンを送らせていただきます。その際は、事前にリターン商品の送付予定日をお知らせ致します。 (1)3000円「応援してますコース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージを送付させていただきます。 (2)5000円「ゲームで学ぼうコース」では、(1)の内容に加えて、ゲームキット「Loser of Loser」を1セット送付させていただきます。 (3)7000円「動画メッセージコース」では、メンバーからの動画感謝メッセージ(手書き感謝メッセージは付いてきません)をメールにて、また、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」1缶を送付させていただきます。 (4)10000円「ゲームも魚もゲットコース」では、(2)の内容に加えて、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」3缶を送付させていただきます。 (5)20000円「一緒にゲームをしませんかコース」では、(2)の内容に加えて、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。 (6)50000円「ゲームの普及をお手伝いコース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージに加えて、ゲームキット「Loser of Loser」3セットのうち1セットは寄付していただいたあなたに、残りの2セットを学童施設などに寄付致します。さらに、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。 (7)100000円「多くの人にゲームキットを寄付コース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージに加えて、ゲームキット「Loser of Loser」5セットのうち1セットは寄付していただいたあなたに、残りの4セットを学童施設などに寄付致します。さらに、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。 〇ゲームキット ゲーム内容:4人対戦で行い、共有の資源をなくさずに購入の早さを競うゲームです。YouTube動画にてさらに詳しい内容をご覧いただけます。 1セットの内容物:ルールブック1冊、手札カード1枚、魚カード72枚、ストーリーカード16枚、海洋1枚 今回のためにオリジナルデザインを採用致しました。FSC森林認証マークを利用し、魚だけでなく、森林など環境にも配慮して全て印刷を行います。印刷後の組立、梱包、郵送はメンバーが行うため、時期や個数に応じて配送が予定よりも遅れる可能性があります。 〇ゲームキット寄付 一度のお申込みで、ゲームキットを2セット、または4セット、学童や必要とされる施設に寄付いたします。 (6)「ゲームの普及をお手伝いコース」では、1セットを支援してくださったあなたに、残りの2セットを1つの学童もしくは施設に寄付致します。 (7)「多くの人にゲームキットを寄付コース」では、1セットを支援してくださったあなたに、残りの4セットは、2セットずつを異なる学童もしくは施設に寄付致します。 寄付先は、この活動でゲーム体験会に協力して下さった大島学童様への寄付を想定おります。また、お申し込みをたくさん頂いた場合には、その他に必要とされる施設などにも寄付させていただく予定です。寄付する時は実際に施設を回りますので、その様子や写真を手書きメッセージ内に付けさせていただきます。 〇ゲーム体験会へご招待 実際にメンバーやクラウドファンディングして下さった他の方々と楽しくゲームを体験することができます。ゲーム体験会の準備はこちらで行いますので、お気軽にご参加ください。なお、体験会中にゲームキットをお配り致します。 場所や日程は未定ですが、開催は令和2年の1月~3月頃を予定しております。ただし、参加者とのスケジュール調整などにより、開催を延期することがございます。 〇缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」 マルハニチロ株式会社様が協賛して下さる特別なリターン企画です!!ぜひこの機会に、MSC認証商品をお試し下さいませ。 (*こちらの画像は「ゲームも魚もゲットコース」のリターンの缶詰、3缶です。) 今回ご協賛いただきましたマルハニチロ様は、魚に関するさまざまな角度からの情報提供を通じて、SDGsの目標の一つである「海の豊かさを守ろう」に貢献されています。マルハニチロ様が運営する海といのちの未来をつくる(https://umito.maruha-nichiro.co.jp/)のサイトでは、知る・味わう・体験するという3つのカテゴリーのもと、魚の資源や身近な魚商品について学ぶことができます。 ■将来の世代が安心して魚を食べ続けられるように、あなたのお力をお貸しください最後まで目を通していただいて、本当にありがとうございます!! スーパーや寿司屋の魚を買うことで魚の枯渇を引き起こしていると今まで考えたことがあるでしょうか。水産資源の枯渇は深刻な問題であり、「自分には解決できない」と感じるかもしれません。 今回、このプロジェクトを通じて私たちのゲームが魚の枯渇問題を身近に感じ、前向きに解決していく、一つのきっかけになると信じています。

私たちは、日本大学商学部秋川ゼミナールのチームサステナです!チームの名前は、「将来も魚を食べられる未来を創りたい」という思いを表す、英語のサステナビリティ(=Sustainability)から名付けました。

Loser of Loser

2017年から、魚の資源について文献や実地調査、漁業関係者などに何度も訪問を重ね、魚の買い方カードゲーム「Loser of Loser」を制作しました。このゲームを通して、魚の枯渇問題を消費者が自分事として考え、買い方への意識変化を促すきっかけになりたいと考えています。

魚の資源を守る輪を消費者から広げるために、どうかカードゲーム制作へのご支援をお願い致します。


■みなさん、魚は食べますか?

おそらく多くの方が食べるとお答えになると思います。このプロジェクトを行う私たちも、普段当たり前のように魚を食べています。魚の枯渇問題について考えるとき、「枯渇を引き起こしているのは漁師の問題であり、自分には関係ない」と思うかもしれません。しかし、もし魚をこれから一生食べるなと言われたら、簡単に受け入れられるでしょうか。

魚食文化を育んできた私たち日本人は、昔も今も、そして将来も、魚を食べ続けられると漠然と捉えている方が多いと思います。近年、世界でも多く消費される魚は、この人気上昇に伴い漁獲量も増加させており、魚資源の枯渇や違法漁業などの社会問題にまで発展しています。

では、魚の枯渇を引き起こしているのは漁師なのでしょうか。私たちは実際に、漁師や漁業関係者への調査を続けたことで、これらの問題には私たち消費者の「魚を多く、安く買いたい」という需要が原因にあるということが分かりました



■カードゲームを制作した理由

消費者の「魚を多く、安く買いたい」という需要が魚の枯渇する原因にあると知った私たちは、消費者から魚の買い方を考え、行動を変えることで、これからも魚を食べられる環境を作りたいと考えています。その解決策として挙げられるのが、資源に配慮して獲られたことを表す「MSC認証ラベル(※)」の付いた商品の購入です。


しかし、今までの説明だけで積極的にMSC商品を買おうと思わないのではないでしょうか。


活動を続ける中で、ただ一方的に説明を行っても消費者は今挙げた問題を自分事として考えられないという新たな問題に直面しました。そこで私たちは、魚資源が枯渇する一連の流れを仮想環境で体験し、当事者意識を持ってもらうこと、そしてなにより、みんなで楽しく学ぶことを狙いとして、カードゲームという手法を用いました。カードゲームを体験した方からは、ぜひ多くの人に体験してもらいたい!というお声が上がっています。

魚が枯渇していることを自分事に捉えて、一人ひとりが魚の買い方を考えながら行動することで、魚を守る輪が広がることを願っています。実現のために、ぜひみなさんのお力をお貸しください。よろしくお願い致します。


(※)MSC認証ラベル:MSCとは、Marin Stewardship Council(海洋管理協議会)の略称であり、持続可能で環境に配慮した漁業で獲られた水産物と、そこから獲られた水産物の製造、加工、販売のプロセスを認証する国際機関である。このラベルは、魚資源の持続可能性や環境保全に配慮した漁業で獲られた水産物にのみ与えられている。このMSCのラベルのついた商品を買うことで、消費者は魚の環境保全に間接的に応援できる仕組みである。


■魚を食べ続けたい、その気持ちから始まった


私たちが最初に問題を知ったのは、チームメンバーが「最近購入した魚の大きさが以前に比べて小さくなっている」という言葉がきっかけでした。

テーマを調べていけば、どんどんと問題が浮かび上がります。人口増加や魚食ブームにより、世界の魚の消費量は約6倍にまで増加し、それに伴い漁獲量も増加したことで、水産資源の93%が枯渇の危機に直面しています。また、魚食文化が発展している日本では昔から獲り過ぎが行われ、この状態が続けば2030年には、他国と比べ圧倒的に漁業生産量が減少すると予測されています。


この獲り過ぎの問題に対し政府は、漁獲量の規制などを行っていますが、違法漁業は後を絶たず、海全体を管理するのは難しい状態にあります。また現在、違法に獲られた魚は約4割市場に紛れていると言われ、皆さんも知らないうちに口にしているかもしれないのです。

4割にも及ぶ違法水産物



■消費者が魚の枯渇を引き起こす?!

ここまでの調査の下、漁師や漁業関係者に実地調査をしたところ、私たちは衝撃な事実を知りました。それは、消費者の安く多く買いたいという需要が流通業者に薄利多売を強いているということ、そして漁師はそれらの市場の要求に応じる形で、獲り過ぎや違法漁業を行ってしまう、ということです。つまり、消費者の購買行動こそが、魚の獲り過ぎや違法漁業などの資源に配慮しない漁獲を促進し、資源の枯渇を引き起こしていたのです。

水産物の流通


この新事実をもとに私たちは、消費者から魚を守る行動ができないかと考え、資源に配慮して獲られたことを表す「MSC認証ラベル」の付いた商品の購入を促せないかと考えました。このMSC認証ラベルは、資源に配慮して獲られた水産物に与えられ、資源が豊富な漁場から獲られていること、一度に大量に獲り過ぎていないことを保証しています。つまり、消費者がこの商品を購入することは獲り過ぎや違法漁業をなくすことに繋がるのです。

MSC


■カードゲーム「Loser of Loser」完成への道のり

WWFジャパンや漁業関係者などへの訪問を繰り返したことから、講義などで一方的に情報を伝えても、消費者は自身が資源に影響を及ぼしていることが想像しづらい状況にあると気づきました。そこで、問題を解決する画期的なアイディアとして導き出した手法が、「ゲームを利用した体験学習」です。この提案により、一人ひとりが問題を疑似体験することで、資源に対し責任を持ち、その解決のために何ができるかが分かる、という当事者意識を持つこと、また、みんなで楽しく学べることを狙いとしました。

ゲーム制作は2017年9月から開始し、ゲーム会社やMSC日本事務局、WWFジャパンなど数多くの協力と改善を繰り返し、約10カ月をかけてようやく完成したカードゲームが「Loser of Loser」!!

ゲーム

(2018年7月に完成したカードゲームですので、今回のリターンの絵柄とは異なります。)

ゲームは、小学5年生から大人の方まで幅広くプレイすることができ、2018年には、学童保育や会社のワークショップなどでゲーム体験会を8回、277名の方に体験していただきました。参加者からは、「問題意識を持ちにくいテーマに対して自分事に考えられるいいツールだ」、「ゲーム性があり、子供だけでなく大人も楽しみながら学べてよかった」、「面白すぎてたまらない!」などと意見をいただき、実際にゲームを受けて消費行動を変えたという連絡もいただくほどの影響がありました。

体験会集

私たちの制作したゲームを体験した子供や大人の方が、魚を買う意識や行動が変化したことから、さらに多くの人にこのゲームを体験してもらうことで魚の枯渇を防ぐ手段になると考え、ゲームを製品化することを目指します。



■資金の用途

みなさまからご支援いただいた資金は、以下の用途で使わせていただきます。

◇FSC森林認証マーク(※1)を利用した印刷料

◇オリジナルデザイン料(※2)

◇リターン制作費用や送料

(※1)FSC森林認証マーク:FSCとは、Forest Stewardship Council(森林管理協議会)の略省であり、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関である。この認証は、地域社会の利益を得ながら森林の環境保全に配慮、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられている。このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者は世界の森林保全を間接的に応援できる仕組み。

(※2)今まで著作権フリー素材のデザインを使用していたため、著作権の関係からこのプロジェクトではオリジナルデザインで製品化致します。



■リターン詳細

資金を回収でき次第リターンを送らせていただきます。その際は、事前にリターン商品の送付予定日をお知らせ致します。

(1)3000円「応援してますコース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージを送付させていただきます。

(2)5000円「ゲームで学ぼうコース」では、(1)の内容に加えて、ゲームキット「Loser of Loser」を1セット送付させていただきます。

(3)7000円「動画メッセージコース」では、メンバーからの動画感謝メッセージ(手書き感謝メッセージは付いてきません)をメールにて、また、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」1缶を送付させていただきます。

(4)10000円「ゲームも魚もゲットコース」では、(2)の内容に加えて、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」3缶を送付させていただきます。

(5)20000円「一緒にゲームをしませんかコース」では、(2)の内容に加えて、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。

(6)50000円「ゲームの普及をお手伝いコース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージに加えて、ゲームキット「Loser of Loser」3セットのうち1セットは寄付していただいたあなたに、残りの2セットを学童施設などに寄付致します。さらに、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。

(7)100000円「多くの人にゲームキットを寄付コース」では、メンバーからの手書き感謝メッセージに加えて、ゲームキット「Loser of Loser」5セットのうち1セットは寄付していただいたあなたに、残りの4セットを学童施設などに寄付致します。さらに、マルハニチロ様協賛の缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶と、ゲーム体験会への1名様ご招待券を送付させていただきます。


〇ゲームキット

ゲーム内容:4人対戦で行い、共有の資源をなくさずに購入の早さを競うゲームです。YouTube動画にてさらに詳しい内容をご覧いただけます。

1セットの内容物:ルールブック1冊、手札カード1枚、魚カード72枚、ストーリーカード16枚、海洋1枚

今回のためにオリジナルデザインを採用致しました。FSC森林認証マークを利用し、魚だけでなく、森林など環境にも配慮して全て印刷を行います。印刷後の組立、梱包、郵送はメンバーが行うため、時期や個数に応じて配送が予定よりも遅れる可能性があります。


〇ゲームキット寄付

一度のお申込みで、ゲームキットを2セット、または4セット、学童や必要とされる施設に寄付いたします。

(6)「ゲームの普及をお手伝いコース」では、1セットを支援してくださったあなたに、残りの2セットを1つの学童もしくは施設に寄付致します。

(7)「多くの人にゲームキットを寄付コース」では、1セットを支援してくださったあなたに、残りの4セットは、2セットずつを異なる学童もしくは施設に寄付致します。

寄付先は、この活動でゲーム体験会に協力して下さった大島学童様への寄付を想定おります。また、お申し込みをたくさん頂いた場合には、その他に必要とされる施設などにも寄付させていただく予定です。寄付する時は実際に施設を回りますので、その様子や写真を手書きメッセージ内に付けさせていただきます。


〇ゲーム体験会へご招待

実際にメンバーやクラウドファンディングして下さった他の方々と楽しくゲームを体験することができます。ゲーム体験会の準備はこちらで行いますので、お気軽にご参加ください。なお、体験会中にゲームキットをお配り致します。

場所や日程は未定ですが、開催は令和2年の1月~3月頃を予定しております。ただし、参加者とのスケジュール調整などにより、開催を延期することがございます。


〇缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」

マルハニチロ株式会社様が協賛して下さる特別なリターン企画です!!ぜひこの機会に、MSC認証商品をお試し下さいませ。

(*こちらの画像は「ゲームも魚もゲットコース」のリターンの缶詰、3缶です。)

今回ご協賛いただきましたマルハニチロ様は、魚に関するさまざまな角度からの情報提供を通じて、SDGsの目標の一つである「海の豊かさを守ろう」に貢献されています。マルハニチロ様が運営する海といのちの未来をつくる(https://umito.maruha-nichiro.co.jp/)のサイトでは、知る・味わう・体験するという3つのカテゴリーのもと、魚の資源や身近な魚商品について学ぶことができます。



■将来の世代が安心して魚を食べ続けられるように、あなたのお力をお貸しください

最後まで目を通していただいて、本当にありがとうございます!!

スーパーや寿司屋の魚を買うことで魚の枯渇を引き起こしていると今まで考えたことがあるでしょうか。水産資源の枯渇は深刻な問題であり、「自分には解決できない」と感じるかもしれません。

今回、このプロジェクトを通じて私たちのゲームが魚の枯渇問題を身近に感じ、前向きに解決していく、一つのきっかけになると信じています。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    17

  • 残り期間

    59

  • 集まっている金額

    117,000

    目標金額:500,000

  • 達成率23%

    23%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2020年02月09日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

日本大学商学部秋川ゼミナールチームサステナ

私たちは日本大学商学部秋川ゼミナールのチ ... ームサステナです!
2017年からゼミの先生を始め、取組に賛同してくださった多くの漁業関係者や環境保護団体、ゲーム会社とともに魚資源の枯渇を防ぐ活動を進めてきました。2018年にはアグリカルチャーコンペティション、日本学生経済ゼミナール大会の2大会にて最優秀賞を受賞。普及では、読売・朝日新聞、国民生活センターのweb雑誌や違法漁業の対策を発信するメディア、そしてベネッセコーポレーショにも私たちの活動を掲載していただきました。また、市内団体や世界の海洋管理協議会・WWFなどにもカードゲームを譲渡するなど、多くの方々にむけてさらに普及活動を進めています。
  • 3,000

    応援してますコース

    リターン

      メンバーからの手書き感謝メッセージ

    支援者の数 0

    お届け予定:2020年3月

  • 5,000

    ゲームで学ぼうコース

    リターン

      ①メンバーからの手書き感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 1セット

    支援者の数 10

    お届け予定:2020年3月

  • 7,000

    動画メッセージコース

    リターン

      ①メンバーからの動画感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 1セット
      ③マルハニチロ様協賛!缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」1缶

    支援者の数 2

    お届け予定:2020年3月

  • 10,000

    ゲームも魚もゲットコース

    リターン

      ①メンバーからの手書き感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 1セット
      ③マルハニチロ様協賛!缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」3缶

    支援者の数 5

    お届け予定:2020年3月

  • 20,000

    一緒にゲームをしませんかコース

    リターン

      ①メンバーからの手書き感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 1セット
      ③マルハニチロ様協賛!缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶
      ④ゲーム体験会 1名様ご招待券

    支援者の数 0

    お届け予定:2020年3月

  • 50,000

    ゲームの普及をお手伝いコース

    リターン

      ①メンバーからの手書き感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 3セット
      (1セットは寄付していただいたあなたに、
      残りの2セットを学童施設などに寄付致します)
      ③マルハニチロ様協賛!缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶
      ④ゲーム体験会 1名様ご招待券

    支援者の数 0

    お届け予定:2022年3月

  • 100,000

    多くの人にゲームキットを寄付コース

    リターン

      ①メンバーからの手書き感謝メッセージ
      ②ゲームキット「Loser of Loser」 5セット
      (1セットは寄付していただいたあなたに、
      残りの4セットを学童施設などに寄付致します)
      ③マルハニチロ様協賛!缶詰「MSC認証材料使用 ライトツナフレーク 野菜スープ漬け」6缶
      ④ゲーム体験会 1名様ご招待券

    支援者の数 0

    お届け予定:2020年3月

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす