A-portは朝日新聞社のクラウドファンディングサイトです

支援にお困りの方はこちら ☎ 03-6869-9001 (平日10時~17時)


    • 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
    • 写真

    アートの力で中銀カプセルタワービルを未来へ!写真集「中銀カプセルガール」の出版

    プロジェクトイメージ
    プロジェクトイメージ

    このプロジェクトについて

    銀座のはずれに建つ中銀カプセルタワー...

    銀座のはずれに建つ中銀カプセルタワービル。黒川紀章が設計したメタボリズム建築の代表作です。2007年に建替えが決定しましたが、その後保存・再生の動きが高まり、現在では様々な保存活動が展開されています。その一環として写真展「中銀カプセルガール」(撮影:Kazan Yamamoto)が開催されます。今回はその写真展作品の出版プロジェクトです。

    ドラム式洗濯機を積み重ねたような、独特のデザイン

    宇宙船を思わせるような、昭和が見た近未来空間

    存在感のあるポスト。大きなサイズのものは残念ながら入らない

    老朽化したビルの看板。よく見るとカプセルの「プ」のまるとビルの「ビ」の濁点がない

    ■写真集「中銀カプセルガール」の出版について
    2016年8月25日~28日の期間、神楽坂のGallery NIWで、写真家Kazan Yamamotoの写真展「中銀カプセルガール」が開催されます。8人の女性モデルを異なる10のカプセルで撮影した写真です。これは中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトが「アートの力で建物を再生」をテーマとした「中銀カプセルアートプロジェクト」の第一弾としておこなわれます。写真展「中銀カプセルガール」が伝えたいことはギャラリーに足を運ばれた方にしかわかりませんが、もっと広く、多くの方にこの世界的に有名な建物を知っていただき、未来に引き継ぐために写真集を出版します。写真集の著作料は、全額が保存・再生プロジェクトの活動費として活用されます。

    フォトグラファープロフィール KazanYamamoto【 山本華漸・やまもとかざん】
    2000 年にファッションデザイナーとしてブランドを立ちあげ、伊勢丹・パルコ・三越などで展開。ブランドのファッションフォトを自ら撮影していたことからプロフォトグラファーとして転身。現在ファッションの広告・カタログ撮影と各種ポートレート写真を中心に活動中。

    写真展作品の撮影は、テレビ局からも取材されました。8月末に放映予定です。

    ■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトについて
    中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」は、2014年11月に、建物のオーナー、住人、ファンを中心に設立されました。中銀カプセルタワービルの「今」をできるだけ多くの方に知ってもらうのが主な目的です。特にPR活動に力を入れ、テレビ、新聞、雑誌、インターネットなどのメディアで紹介されています。2015年10月には、クラウドファンディングで集めた約200万円を基に、ビジュアルファンブック「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」(青月社・定価2000円)を出版し、多くのカプセルファンを育ててきました。また、使えないカプセルを修繕することで、建物を再生する「中銀カプセルリノベーション」も主催し、1カプセル単位の保存・再生のお手伝いもしています。

    カプセル内の生活模様「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」より

    リノベーション前とリノベーション後のカプセル(上2点)

    リノベーション前とリノベーション後のカプセル(上2点)

    ■このプロジェクトの意義
    昨年「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」を出版することで、中銀カプセルタワービルを多くのメディアに取り上げていただきました。世の中にはすでに解体されたと思われていた中銀カプセルタワービルですが、今の姿を建築ファンはもちろん、多くに方に広めることができたと自負しています。インターネットが幅を利かせるこの時代でも、やはり書籍の影響力は絶大です。写真集の出版をフックに中銀カプセルタワービルの認知度に拍車をかけたいと思います。著作料は全額保存・再生プロジェクトのために使われます。さらに多くの方に広め、いずれは重要文化財や世界遺産に登録されるきっかけに寄与したいです。

    朝日新聞デジタル

    朝日新聞デジタル 2016年5月20日掲載

    Yahoo!ニュース撮影:John Enos
    Yahoo!ニュース 2015年9月7日掲載

    ■リターンについて

    (1)活動報告 1,000円 イベントの写真等を共有します。

    (2)写真集「中銀カプセルガール」とポストカード3点セット 3,000円 ※2017年1月までにお届け予定

    (3)中銀カプセルタワービルのカプセル内見学会 定員2名まで 10,000円(限定31口*好評のため9月15日に10枠追加しました)期間:2016年11月~1月末までの土日11時から17時まで。1グループ45分程度(詳細はメールで案内)

    (4)中銀カプセルタワービルのカプセル内半日利用権 MAX5名様まで 50,000円(限定6口)期間:2016年11月~1月末までの土日13時から17時まで。(詳細はメールで案内)

    中銀カプセルタワーの1室を、撮影スタジオとして使用しませんか?カプセルは建築としてはもちろんですが、撮影スタジオとしても人気があります。過去には雑誌を中心に、有名タレントやアイドルをはじめ、ブランドの撮影にも使用されてきました。モデルさん+写真仲間4名でのシェアも可能です。

    (5)「中銀カプセルガール」の写真家Kazan Yamamotoがあなたを撮る!世界に一冊だけのオリジナル中銀カプセルタワー写真集 100,000円(限定10口)(撮影は11月の土日2日間に5名ずつ撮影をおこないます。時間は30分程度。詳細はメールで案内※撮影日を指定することはできませんので、11土日のスケジュールを調整できる方のみお申し込みください)※2017年1月までにお届け予定

    <こんな方にお勧め>

    ・プロの写真家に撮影してもらいたい

    ・中銀カプセルタワーで撮影してもらいたい

    ・今の自分を中銀カプセルタワーと共に記録したい

    ・記念日の思い出に

    ・知人へのプレゼントに

    <写真集体裁> ハードカバー/左右33 x 天地25cm/20ページ

    <Kazan Yamamotoプロフィール> 元ファッションデザイナー。当時、自身のブランドフォトを担当していたことからプロフォトグラファーに転身。現在ファッション関連の広告・雑誌撮影を中心に企画・デザイン制作を含め活動中。http://kazanyamamoto.wixsite.com/photo/photo

    ■想定されるリスク
    出版社の都合により写真集が発行されないことがあります。昨年発行された「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」を担当した出版社にお願いする予定ですので、リスクは非常に少ないと思います。カプセル内見学会、カプセル半日利用は使用できるカプセルが少ないため、希望通りの日程が取れない場合があります。期間は長めに設けておりますが、土日の都合をつけやす方のみお申し込みください。

    ■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトの思い
    この建物の魅力は、建築物としてはもちろんですが、ここに集まる個性あふれる人達につきると思います。現在のマンションなどの集合住宅は、隣人とのコミュニケーションすら取れないことが社会問題として取り上げられています。一方、中銀カプセルタワーは住人同士の交流も非常に密で、節目の暑気払いや新年会・忘年会はもちろんのこと、新しい人が引っ越して来れば歓迎会など、いわゆる「カプのみ」(カプセル飲み会)が頻繁に開催されます。住人以外でもカプセルに興味がある人にはオープンな環境で、建築やインテリア、デザインをはじめ、アートや音楽、映像に携わるクリエイティブな人々が自然に集まってきます。メタボリズム建築なのに44年間カプセルは交換されず、失敗作ではないかといわれることもあります。しかし黒川紀章が思い描いていたメタボリズムは、カプセルでは実現されませんでしたが、人と人との交流や移動により新陳代謝や細胞分裂が繰り広げられているのではないかと信じています。是非一度、中銀カプセルタワービルを訪れて、その魅力に触れてみてください。


    住人やオーナーのコミュニティ「カプのみ」風景

    応援期間終了

    このプロジェクトが気に入ったら
    いいね!しよう

    最新のプロジェクト情報をお届けします。

    • 支援者

      174

    • 残り期間

      0

    • 集まっている金額

      2,112,000

      目標金額:2,000,000

    • 達成率105%

      FUNDED!

    2016年10月21日23:59に終了しました。

    支援期間終了

    起案者

    実行者イメージ

    中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

    中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェ ... クトは、カプセルオーナーと住人を中心に構成され、建物の保存と再生を目的に結成されました。メタボリズム建築の代表作である「中銀カプセルタワービル」を未来に引き継ぐために様々な活動をおこなっています。昨年はクラウドファンディングで「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」(青月社)を出版し、中銀カプセルタワービルの「今」を伝えました。今年は「アートの力で建物を再生」をコンセプトに、カプセルに関わる様々な創作活動を支援しています。
    • 1,000

      支援者限定活動報告

      リターン

        ●支援者限定活動報告
        ●イベント等の写真を共有

      支援者の数 6

      支援期間終了

    • 3,000

      写真集「中銀カプセルガール」

      リターン

        ●出版する写真集1冊
        ●オリジナルポストカード(3枚1組)

      支援者の数 125

      お届け予定:2017年1月

      支援期間終了

    • 残り16枚

      10,000

      カプセル見学会

      リターン

        ●中銀カプセルタワービルの内部(カプセル内)をご案内
        ●定員2名まで

      支援者の数 35

      支援期間終了

    • 残り1枚

      50,000

      カプセル半日利用権

      リターン

        ●カプセル(内部)の半日利用
        ●土日祝日、時間は13時から17時
        ●MAX5名様まで

      支援者の数 5

      支援期間終了

    • 残り7枚

      100,000

      世界に一冊だけのオリジナル写真集

      リターン

        ●写真家Kazan Yamamotoがあなたを中銀カプセルタワー内部で撮影
        ●それを世界で一冊だけのオリジナル写真集に加工

      支援者の数 3

      お届け予定:2017年1月

      支援期間終了

    このプロジェクトをシェアする

    TOPへ戻る