• 株式会社E-パートナーズ
  • SDGs

コロナ禍、飲食店での飛沫感染を防ぐ為、客同士の大声会話時、警報を発する音声警報装置の開発 

再生する

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

【コロナ対策】大声防止装置で飛沫を防ぎたい!音声警報装置の動画はこちらから コロナ感染拡大の原因とされている夜の会食。再三に渡る緊急事態宣言により飲食店が大打撃を受けております。感染拡大防止対策として店側も消毒液、換気扇、アクリル板の設置、マスク着用など様々な策を講じ、感染拡大に努めてこられました。 ただ、客側の意識が不十分で、ついつい大声になり感染拡大が広がっているケースが見られます。今回の開発製品は客側の意識変容を促すもので、スタッフに代わり、装置が大声を感知し注意喚起を図る装置の開発、PRのための資金調達に是非ご協力ください。 コロナ禍において、少しでも飲食店を救いたい思いから 新型コロナの発生以降、飲食店での感染が原因のように言われております。 飲食店では、コロナ感染防止対策として、アクリル板、消毒液の設置、新たな換気装置の設置など、ありとあらゆる感染防止対策がとられ努力されております。 しかしながら、緊急事態宣言、まん延防止などで標的にされているのが飲食店です。 本当に悪いのは飲食店でしょうか?私は違うと思っております。店側が感染対策をしていても、一部の客の中に飛沫が飛ぶくらいの大声で会話した結果、感染が拡大するケースもあり、気を付けるべきは店側だけではなく、私たち客側も必要だと思います。 私は普段は河川の安全のための製品開発をしている会社の代表をしております。各都道府県、及び国土交通省所管の河川の安全対策で全国を訪問している最中、コロナがどんどん感染拡大していきました。商店なども閑散とし、また多くの飲食店関係で大打撃を受けております。統計局の平成28年度調査によれば、全国で飲食の提供に関連した店舗数は約62万店舗、そこでの従事者は約481万人とされております。 しかしながら、度重なる緊急事態宣言、時短営業など飲食店は疲弊し、廃業、若しくは廃業を検討している店舗も増えており、先行きが見えない状況です。普段よく通っているお店も度重なる休業、時短要請で客足は遠のき、この先廃業も考えていると悲痛な声を上げられ、何も悪くないお店がコロナウィルス感染源とされ、何とかお店を助ける手立てがないものか?安全安心をテーマに製品開発を行っている弊社としても、何らかの形で飲食店に支援が出来ないかと思い今回の音声警報装置を開発することといたしました。 人の行動変容を変える事が目的 従来、コロナ対策として飲食店向けに国が推奨している対策として、消毒液の設置、より高い精度の換気装置、マスク着用の呼びかけ、アクリル板設置などでした。しかしながら、客側への呼びかけは、大声を出さない、マスク着用による食事の推奨などに留まり、これといった対策はありませんでした。客も会話が弾むと自ずと大声になり、そういった行動そのものが飛沫感染の原因になりえます。また度重なる緊急事態宣言発出により、日本人の間にもコロナ疲れが重なり心に隙間ができ、尚更感染拡大に歯止めが利かない状況になっています。また自治体の責任者からは、店のスタッフが客の大声を注意してトラブルになる、といったケースも聞かれます。 少しでも飲食店からのクラスターを無くすため 今回お寄せていただいた資金を元に開発を加速させ8月の大量生産を目指します。人間の意識変容は容易ではありませんが、まずは気づきから意識変容への変化を期待しております。大声で会話した場合に警告音声が流れる事で、大きな声を出していたと自覚して、それが静かな会話へと変容していくきっかけになればと考えております。それが延いては飛沫感染防止になることを期待します。また本年、大規模な国際大会も開催が予定されており、多言語対応もしているので、世界に向けた発信にも繋がります。

【コロナ対策】大声防止装置で飛沫を防ぎたい!

音声警報装置の動画はこちらから


コロナ感染拡大の原因とされている夜の会食。再三に渡る緊急事態宣言により飲食店が大打撃を受けております。感染拡大防止対策として店側も消毒液、換気扇、アクリル板の設置、マスク着用など様々な策を講じ、感染拡大に努めてこられました。

ただ、客側の意識が不十分で、ついつい大声になり感染拡大が広がっているケースが見られます。今回の開発製品は客側の意識変容を促すもので、スタッフに代わり、装置が大声を感知し注意喚起を図る装置の開発、PRのための資金調達に是非ご協力ください。


コロナ禍において、少しでも飲食店を救いたい思いから

新型コロナの発生以降、飲食店での感染が原因のように言われております。

飲食店では、コロナ感染防止対策として、アクリル板、消毒液の設置、新たな換気装置の設置など、ありとあらゆる感染防止対策がとられ努力されております。

しかしながら、緊急事態宣言、まん延防止などで標的にされているのが飲食店です。

本当に悪いのは飲食店でしょうか?私は違うと思っております。店側が感染対策をしていても、一部の客の中に飛沫が飛ぶくらいの大声で会話した結果、感染が拡大するケースもあり、気を付けるべきは店側だけではなく、私たち客側も必要だと思います。

私は普段は河川の安全のための製品開発をしている会社の代表をしております。各都道府県、及び国土交通省所管の河川の安全対策で全国を訪問している最中、コロナがどんどん感染拡大していきました。商店なども閑散とし、また多くの飲食店関係で大打撃を受けております。統計局の平成28年度調査によれば、全国で飲食の提供に関連した店舗数は約62万店舗、そこでの従事者は約481万人とされております。

しかしながら、度重なる緊急事態宣言、時短営業など飲食店は疲弊し、廃業、若しくは廃業を検討している店舗も増えており、先行きが見えない状況です。普段よく通っているお店も度重なる休業、時短要請で客足は遠のき、この先廃業も考えていると悲痛な声を上げられ、何も悪くないお店がコロナウィルス感染源とされ、何とかお店を助ける手立てがないものか?安全安心をテーマに製品開発を行っている弊社としても、何らかの形で飲食店に支援が出来ないかと思い今回の音声警報装置を開発することといたしました。


人の行動変容を変える事が目的


従来、コロナ対策として飲食店向けに国が推奨している対策として、消毒液の設置、より高い精度の換気装置、マスク着用の呼びかけ、アクリル板設置などでした。しかしながら、客側への呼びかけは、大声を出さない、マスク着用による食事の推奨などに留まり、これといった対策はありませんでした。客も会話が弾むと自ずと大声になり、そういった行動そのものが飛沫感染の原因になりえます。また度重なる緊急事態宣言発出により、日本人の間にもコロナ疲れが重なり心に隙間ができ、尚更感染拡大に歯止めが利かない状況になっています。また自治体の責任者からは、店のスタッフが客の大声を注意してトラブルになる、といったケースも聞かれます。


少しでも飲食店からのクラスターを無くすため

 今回お寄せていただいた資金を元に開発を加速させ8月の大量生産を目指します。人間の意識変容は容易ではありませんが、まずは気づきから意識変容への変化を期待しております。大声で会話した場合に警告音声が流れる事で、大きな声を出していたと自覚して、それが静かな会話へと変容していくきっかけになればと考えております。それが延いては飛沫感染防止になることを期待します。また本年、大規模な国際大会も開催が予定されており、多言語対応もしているので、世界に向けた発信にも繋がります。


資金の使途について

皆様方からお寄せいただいたご支援は下記の使途として使わせていただきます。

①開発関連諸経費 1,000,000円

②広報活動資金  500,000円


リターンについて

主なリターンとして今回開発の音声警告装置のほか、弊社と付き合いのある神奈川県相模原市の日本サーマルエンジニアリング株式会社より、エタノール純度80%の国内最高品質無添加アルコールスプレー、また熊本県八代市のローズマリー紅茶セットを用意しております。また弊社ホームページ支援者ページへお名前を掲載させていただきたいと思います。

「ホームページへのお名前掲載」について、A-portの支援者欄(https://a-port.asahi.com/supporters/partners/)に表示されているお名前を掲載させていただきます(掲載を希望されない方は、リターンの申込フロー中の質問にて、「希望しない」をご選択ください)。

※支援者欄に表示されるお名前(表示名)は、A-port会員登録時に本名もしくはニックネームのどちらかを選択できるようになっております。会員登録後も、A-portのマイページ(https://a-port.asahi.com/mypage/)から“プロフィール編集”より変更が可能です。


想定されるリスクについて

目標額150万円に到達しなかった場合、不足金は個人・企業からの出資金や融資で補う予定です。その場合、開発スケジュールに変更が生じたり、開発する数量が少なくなったりする可能性がありますが、支援者の皆様には活動報告などを通じてお伝えします。


最後に

今回のプロジェクトにご関心をお寄せいただきまして誠にありがとうございます。今回のコロナウイルスでは飲食店を中心に大打撃を受けており、日頃お世話になっている飲食店を少しでも救うために企画したものです。コロナが一日も早く収束することを願うばかりです。


支援期間終了

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    1

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    10,000

    目標金額:1,500,000

  • 達成率0%

    FUNDED!

2021年08月30日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

株式会社E-パートナーズ

はじめまして、合瀬亙と申します。私は大学 ... 卒業後、生命保険会社入社。その後外資系化粧品メーカー入社。主に営業部長など歴任し、数々の賞に輝きました。48歳の時独立し、環境など社会貢献に寄与する事を理念とした会社、株式会社Eーパートナーズを福岡市にて2009年4月設立いたしました。
 東日本大震災では福島県知事より感謝状をいただき、現在は主に河川の安全対策を中心に製品開発を行っております。

  • 5,000

    音声警報装置もしくは紅茶セット

    リターン

      ①発売予定の音声警報装置
       もしくは紅茶セット(お選びいただけます)
      ②弊社ホームページ支援者ページにご支援いただきました方のお名前を記載(匿名をご希望の場合はその旨をお伝えください。)

    支援者の数 0

    お届け予定:2021年10月

    支援期間終了

  • 10,000

    音声警報装置+エタノール消毒液5本 もしくは 紅茶セット

    リターン

      ①発売予定の音声警報装置+エタノール消毒液5本
       もしくは紅茶セット(お選びいただけます)
      ②弊社ホームページ支援者ページにご支援いただきました方のお名前を記載(匿名をご希望の場合はその旨お伝えください。)

    支援者の数 1

    お届け予定:2021年10月

    支援期間終了

  • 30,000

    音声警報装置+エタノール消毒液5本+紅茶セット

    リターン

      ①発売予定の音声警報装置+エタノール消毒液5本+紅茶セット
      ②弊社ホームページ支援者ページにご支援いただきました方のお名前を記載(匿名をご希望の場合はその旨お伝えください。)

    支援者の数 0

    お届け予定:2021年10月

    支援期間終了

  • 50,000

    音声警報装置+エタノール消毒液5本+豪華紅茶セット

    リターン

      ①発売予定の音声警報装置+エタノール消毒液5本+豪華紅茶セット
      ②弊社ホームページ支援者ページにご支援いただきました方のお名前を記載(匿名をご希望の場合はその旨お伝えください。)

    支援者の数 0

    お届け予定:2021年10月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす