• 山本 洋美

妊婦さんが「はじめて読む絵本」を届けたい

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

妊婦さんは喜びよりも不安や戸惑い、体に起こる不快など、さまざまな辛さを抱えています。妊婦生活の辛さやしんどさをありのまま受け入れ「出産や子育てが楽しみになった」と思える絵本、初めて妊婦さんとなって手にする絵本を届けたいと思っています。今回のクラウドファンディングでは、絵本の作成と出版費用を募ります。ぜひ、みなさまに協力者となっていただき、絵本を一緒につくっていただけますよう、ご協力をお願いいたします。 妊娠・出産・育児で不安やストレスを抱える母親たち 私は大学で教員をしています山本洋美と申します。私は助産師、保健師、そして1人の子どもを妊娠・出産した経験から、妊婦さんが心に抱える不安や戸惑い、こころに影響される体の不快な症状にしんどさを抱えていることをよく知っています。 これから妊娠を希望される方、妊娠されている方は、喜びや幸せを感じる一方で、子供を育てていくためのお金、育児、ご主人との新たな関係など、たくさんの経験したことのない不安や戸惑いを感じています。 さらに、出産後、育児をする中で妊娠中から感じていた不安や戸惑いがさらに大きくなり、母親としての自分を責めるなど、ストレスに押しつぶされることも少なくありません。そのストレスを子どもにぶつけて虐待に至ってしまうという悲しいケースもある場合があります。 助産師・保健師・母親としての経験を詰め込んだ絵本を 私自信も初めての妊娠・出産にたくさんの不安や戸惑いもありました。つわりや腰痛で仕事が辛く、気持ちが凹むことも少なくありませんでした。その時に私を勇気づけてくれたのは、おなかの中ですくすくと育つわが子の命でした。 このようなかけがえのない思いを、不安で押しつぶされそうなたくさんの妊婦さんとそのご家族の方にもっと感じてもらいたい。そんな思いで、今までたくさんの妊婦さんのサポートをしてきました。妊婦さんから「自分を責めずに子育てができそうです。」「妊娠生活をもっと楽しもうと思うようになりました。」という声をたくさんいただいております。 もっと、たくさんの妊婦さんを勇気づけたいのですが、私1人が支援できる人数は限られています。そこで、妊婦さんの不安を取り除き、妊娠・出産の幸せを感じてもらえるような絵本を作成して、多くの人たちに伝えたいと考えています。 助産師、保健師、そして1人の母親として、私の体験を盛り込んだ絵本。多くの方に読みやすく、わかりやすいものをつくりたいと考えています。 Happyな妊婦さんや子どもたちのために 絵本は、そのページの向こうに楽しい時間をもたらしてくれるもの。誰もが思い出に残る絵本があるのではないでしょうか。大人になり、絵本の存在を忘れていた時、妊娠をきっかけに今から生まれてくるわが子のために絵本を探していくことになると思います。最初に手にとる絵本、そして最初に手にとる育児本にしたいと思っています。そんな親しみやすい絵本というツールがストレスや不安を感じている妊婦さんやご家族の気もちをあたたかく和らげてくれるのだと思います。 そんな気もちが妊娠中だけでなく、実際の育児においてもあたたかさを生み、親としての行動も変化していくのではないでしょうか。そういった一人ひとりの小さな心のあたたかさが行動を変化し、その積み重なりが、あたたかい気もちであふれた社会になっていくと信じています。 お互いがHappyな気もちを与えて、受けとれる社会、あたたかい心と心がつながる社会を目指して、妊活中、妊娠中、そして子育て中の方やご家族を応援していきたいと思っています。 どんな絵本 しーちゃんが妊娠に気づいて、しーちゃんがママとなって我が子を抱きしめるまでの絵本を書いています。その中で、あかちゃんがどんな気持ちでしーちゃんのもとにやってくるのか、しーちゃんがママになるまでの体の変化と気もちの変化を書いています。しーちゃんとおなかのあかちゃんのハートとハートのおはなしによって、ともに妊娠、出産をのりこえていく、そんな絵本です。この絵本をみてもらうと、妊娠中の心、妊娠中のおなかにいるわが子への接し方、からだの不快症状を少なくするためのヒントが絵本から伝わってくると思います。そして、これからの妊娠生活や出産のイメージがわいてきて、あたたかく、ほっとできるような絵本です。 妊活中の人もHappyな妊婦さんになれるように 妊活や不妊治療をしている方は、妊娠中とは違う不安やストレスにさらされています。そんな人たちがHappyな気持ちであかちゃんをもつことができるようにと、「あかちゃんを感じてみよう」という講演もさせていただきました。 妊活への不安という、今の自分の辛さやしんどさをありのままに受け入れること。それによって、新しい気持ちが生まれてきます。 「どう受け入れる?」「どんな気持ちを受け取る?」 そんなふうにありのままの自分の気もちを受けとめていくことで、希望やあたたかさというHappyを感じられるようになります。 これは私一人の小さな活動ですが、これからも皆さんを勇気付けていきたいと思っています。そして私が直接サポートできない、不安や焦りを抱えた妊活中の方にも、今回、制作する絵本によって、あたたかいメッセージを送りたいと思っています。 必要な資金とその使い道 このプロジェクトを実現させるためには約120万円のご支援が必要です。ぜひ、みなさん、ひとりひとりのお力をお貸しください! ・出版費用/約124万円  完成本仕様:A5判、ハードカバー、フルカラー印刷で300冊 ・クラウドファンディング手数料/約24.8万円 支援していただいたみなさんの心と心をつないだ絵本を作成し、たくさんの妊婦さんやご家族の方が心も体も幸せな妊娠生活を送ったり、育児ができるように願っています。 支援者のみなさんへのお礼 以下のお礼を予定しています。 (お礼の送付にかかる費用の一部は当方で自己負担します。) 3000円の支援をしていただいた方へ・・・①お礼のお手紙②支援者限定の活動報告配信③公式サイトにお名前掲載※1 5000円の支援をしていただいた方へ・・・①お礼のお手紙②支援者限定の活動報告配信③公式サイトにお名前掲載※1④絵本贈呈 10000円の支援をしていただいた方へ・・・①支援者限定の活動報告配信②公式サイトにお名前掲載※1③絵本贈呈(メッセージ付き) 20000円以上の支援をしていただいた方へ・・・①支援者限定の活動報告配信②公式サイトにお名前掲載※1③絵本贈呈(メッセージ付き)④SNSによる健康相談またはカウンセリング20分又は絵本もう一冊贈呈(希望者のみ) ※1プロジェクトの支援者欄に記入されているお名前を掲載します。最大20文字でお願いいたします。 ※2地域の保健センターや病院に絵本を寄贈したいという思いもあり、支援者の皆さんへの贈呈は100冊までとさせていただきます。ご了承ください。 想定されるリスク 絵本の完成は2020年5月に予定をしておりますが、万が一多少の遅れが発生する場合は速やかに活動報告にて進捗状況と新たな予定を報告させていただきます。 また、目標金額が達しなかった場合は、自費出版をするのは予算的に難しいため、絵本の出版は一度断念させていただくことになります。その場合はクラウドファンディングに再挑戦することを検討しています。 あたたかい心と心がつながる世界のために 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 妊娠中や子育ての方、そしてすべての子どもたちにとって、あたたかい心と心がつながる世の中でありますように。その世界の実現にこのプロジェクトの絵本が少しでも役に立つことを願っています。

妊婦さんは喜びよりも不安や戸惑い、体に起こる不快など、さまざまな辛さを抱えています。妊婦生活の辛さやしんどさをありのまま受け入れ「出産や子育てが楽しみになった」と思える絵本、初めて妊婦さんとなって手にする絵本を届けたいと思っています。
今回のクラウドファンディングでは、絵本の作成と出版費用を募ります。
ぜひ、みなさまに協力者となっていただき、絵本を一緒につくっていただけますよう、ご協力をお願いいたします。


妊娠・出産・育児で不安やストレスを抱える母親たち

私は大学で教員をしています山本洋美と申します。私は助産師、保健師、そして1人の子どもを妊娠・出産した経験から、妊婦さんが心に抱える不安や戸惑い、こころに影響される体の不快な症状にしんどさを抱えていることをよく知っています。

これから妊娠を希望される方、妊娠されている方は、喜びや幸せを感じる一方で、子供を育てていくためのお金、育児、ご主人との新たな関係など、たくさんの経験したことのない不安や戸惑いを感じています。

さらに、出産後、育児をする中で妊娠中から感じていた不安や戸惑いがさらに大きくなり、母親としての自分を責めるなど、ストレスに押しつぶされることも少なくありません。そのストレスを子どもにぶつけて虐待に至ってしまうという悲しいケースもある場合があります。



助産師・保健師・母親としての経験を詰め込んだ絵本を

私自信も初めての妊娠・出産にたくさんの不安や戸惑いもありました。つわりや腰痛で仕事が辛く、気持ちが凹むことも少なくありませんでした。その時に私を勇気づけてくれたのは、おなかの中ですくすくと育つわが子の命でした。

このようなかけがえのない思いを、不安で押しつぶされそうなたくさんの妊婦さんとそのご家族の方にもっと感じてもらいたい。そんな思いで、今までたくさんの妊婦さんのサポートをしてきました。妊婦さんから「自分を責めずに子育てができそうです。」「妊娠生活をもっと楽しもうと思うようになりました。」という声をたくさんいただいております。

もっと、たくさんの妊婦さんを勇気づけたいのですが、私1人が支援できる人数は限られています。そこで、妊婦さんの不安を取り除き、妊娠・出産の幸せを感じてもらえるような絵本を作成して、多くの人たちに伝えたいと考えています。

助産師、保健師、そして1人の母親として、私の体験を盛り込んだ絵本。多くの方に読みやすく、わかりやすいものをつくりたいと考えています。


Happyな妊婦さんや子どもたちのために

絵本は、そのページの向こうに楽しい時間をもたらしてくれるもの。誰もが思い出に残る絵本があるのではないでしょうか。大人になり、絵本の存在を忘れていた時、妊娠をきっかけに今から生まれてくるわが子のために絵本を探していくことになると思います。最初に手にとる絵本、そして最初に手にとる育児本にしたいと思っています。そんな親しみやすい絵本というツールがストレスや不安を感じている妊婦さんやご家族の気もちをあたたかく和らげてくれるのだと思います。

そんな気もちが妊娠中だけでなく、実際の育児においてもあたたかさを生み、親としての行動も変化していくのではないでしょうか。そういった一人ひとりの小さな心のあたたかさが行動を変化し、その積み重なりが、あたたかい気もちであふれた社会になっていくと信じています。

お互いがHappyな気もちを与えて、受けとれる社会、あたたかい心と心がつながる社会を目指して、妊活中、妊娠中、そして子育て中の方やご家族を応援していきたいと思っています。


どんな絵本

しーちゃんが妊娠に気づいて、しーちゃんがママとなって我が子を抱きしめるまでの絵本を書いています。その中で、あかちゃんがどんな気持ちでしーちゃんのもとにやってくるのか、しーちゃんがママになるまでの体の変化と気もちの変化を書いています。しーちゃんとおなかのあかちゃんのハートとハートのおはなしによって、ともに妊娠、出産をのりこえていく、そんな絵本です。この絵本をみてもらうと、妊娠中の心、妊娠中のおなかにいるわが子への接し方、からだの不快症状を少なくするためのヒントが絵本から伝わってくると思います。そして、これからの妊娠生活や出産のイメージがわいてきて、あたたかく、ほっとできるような絵本です。


妊活中の人もHappyな妊婦さんになれるように

妊活や不妊治療をしている方は、妊娠中とは違う不安やストレスにさらされています。そんな人たちがHappyな気持ちであかちゃんをもつことができるようにと、「あかちゃんを感じてみよう」という講演もさせていただきました。

妊活への不安という、今の自分の辛さやしんどさをありのままに受け入れること。それによって、新しい気持ちが生まれてきます。

「どう受け入れる?」「どんな気持ちを受け取る?」

そんなふうにありのままの自分の気もちを受けとめていくことで、希望やあたたかさというHappyを感じられるようになります。

これは私一人の小さな活動ですが、これからも皆さんを勇気付けていきたいと思っています。そして私が直接サポートできない、不安や焦りを抱えた妊活中の方にも、今回、制作する絵本によって、あたたかいメッセージを送りたいと思っています。



必要な資金とその使い道

このプロジェクトを実現させるためには約120万円のご支援が必要です。ぜひ、みなさん、ひとりひとりのお力をお貸しください!

・出版費用/約124万円

 完成本仕様:A5判、ハードカバー、フルカラー印刷で300冊

・クラウドファンディング手数料/約24.8万円

支援していただいたみなさんの心と心をつないだ絵本を作成し、たくさんの妊婦さんやご家族の方が心も体も幸せな妊娠生活を送ったり、育児ができるように願っています。


支援者のみなさんへのお礼

以下のお礼を予定しています。

(お礼の送付にかかる費用の一部は当方で自己負担します。)

3000円の支援をしていただいた方へ・・・①お礼のお手紙②支援者限定の活動報告配信③公式サイトにお名前掲載※1

5000円の支援をしていただいた方へ・・・①お礼のお手紙②支援者限定の活動報告配信③公式サイトにお名前掲載※1④絵本贈呈

10000円の支援をしていただいた方へ・・・①支援者限定の活動報告配信②公式サイトにお名前掲載※1③絵本贈呈(メッセージ付き)

20000円以上の支援をしていただいた方へ・・・①支援者限定の活動報告配信②公式サイトにお名前掲載※1③絵本贈呈(メッセージ付き)④SNSによる健康相談またはカウンセリング20分又は絵本もう一冊贈呈(希望者のみ)

※1プロジェクトの支援者欄に記入されているお名前を掲載します。最大20文字でお願いいたします。

※2地域の保健センターや病院に絵本を寄贈したいという思いもあり、支援者の皆さんへの贈呈は100冊までとさせていただきます。ご了承ください。


想定されるリスク

絵本の完成は2020年5月に予定をしておりますが、万が一多少の遅れが発生する場合は速やかに活動報告にて進捗状況と新たな予定を報告させていただきます。

また、目標金額が達しなかった場合は、自費出版をするのは予算的に難しいため、絵本の出版は一度断念させていただくことになります。その場合はクラウドファンディングに再挑戦することを検討しています。


あたたかい心と心がつながる世界のために

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

妊娠中や子育ての方、そしてすべての子どもたちにとって、あたたかい心と心がつながる世の中でありますように。その世界の実現にこのプロジェクトの絵本が少しでも役に立つことを願っています。

支援期間終了

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    6

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    83,000

    目標金額:1,488,000

  • 達成率5%

    5%

2020年02月28日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

山本 洋美

はじめまして
大学で教員をしています。 ... 山本洋美といいます。
また、私立大に在籍する娘をシングルマザーとして育てています。
私は8年前に膠原病と診断され、生物学、脳科学、免疫学、心理学など独学で勉強し、こころにも目を向けて病気と向き合うことで、病気の症状緩和や数値が低下するという経験をしました。その経験から、私はこころが身体に大きな影響を与えていることを体感しました。私が経験したこと、これから経験することが誰かの生きるヒントになって、少しでもたくさんの方がHappyな気持ちが感じれたらと思い活動しています。
  • 3,000

    3000円の支援をしていただいた方へ

    リターン

      お礼のお手紙
      支援者限定の活動報告配信
      公式サイトにお名前掲載

    支援者の数 1

    お届け予定:2020年7月

    支援期間終了

  • 5,000

    5000円の支援をしていただいた方へ

    リターン

      お礼のお手紙
      支援者限定の活動報告配信
      公式サイトにお名前掲載
      絵本贈呈

    支援者の数 2

    お届け予定:2020年7月

    支援期間終了

  • 10,000

    10000円の支援をしていただいた方へ

    リターン

      お礼のお手紙
      支援者限定の活動報告配信
      公式サイトにお名前掲載
      絵本贈呈(支援者の方へメッセージ付き)

    支援者の数 1

    お届け予定:2020年7月

    支援期間終了

  • 20,000

    20000円の支援をしていただいた方へ

    リターン

      支援者限定の活動報告配信
      公式サイトにお名前掲載
      絵本贈呈(支援者の方へメッセージ付き)
      SNSによる健康相談、カウンセリング20分または絵本もう一冊贈呈(希望者のみ)

    支援者の数 2

    お届け予定:2020年7月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす