• 映画『高沢折々』制作チーム
  • 映画

熊本豪雨で被災したある集落。この土地を舞台にしたドキュメンタリー映画を配信して復興支援

再生する

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

このプロジェクトについて

令和2年7月豪雨で被災した熊本の小さな集落、高沢地区を支援するプロジェクトです。 私たちは2014年、学生時代にこの高沢地区を舞台にドキュメンタリー映画を制作・上映をしました。 被災後はコロナウィルスの影響もあり、しばらくは現地に出向くことを躊躇していましたが、住民の生活が少し落ち着いた頃、私たちは再び高沢へ向かいました。土砂で塞がれた車道、全世帯が床上浸水、一部家屋の全壊、ガードレールや電柱など公共物の損壊。高沢地区は変わり果てており、住民の方々は集落から離れた生活をを余儀なくされています。 地区の復旧の目処は未だにたっていません。高沢地区が大変な状況の今、もう一度この映画を大勢の人に届けたいと思いました。そして映画のご鑑賞と共に、高沢の人たちが一刻も早く元の生活に戻るために復興支援金を募らせていただきます。 高沢観音堂・この地区で暮らす子どもたちは朝、この前に集合し送迎バスにより10キロ近く離れた小中学校まで登校する 沢見展望所からの球磨川・豪雨により球磨川も各地で氾濫し多くの集落が水災害に悩まされている 高沢地区とは熊本県球磨郡球磨村の山間に位置する、人口約100人、40世帯ほどの集落。高沢は真宗への信仰が深く、江戸時代の真宗禁制の時代に権力の目を逃れ、信仰を続けた 「隠れ念仏」の歴史があります。 集落の中心にある説教所では、毎日住民が出入りお仏飯を供えるなど、信仰は現在も受け継がれており、高沢は「隠れ念仏の里」と呼ばれています。 また、山の暮らしならではの郷土料理や祭りなど高沢地区ならではの文化も多くあります。人口減少、高齢化、後継者不足などの問題を抱えながらも、高沢特有の文化を人々は守り続けています。 高沢地区中心にある説教所・阿弥陀如来が安置されている(2014年当時) 高沢観音堂前でのお花見の様子(2014年当時) 2013年当時の高沢。Googleマップより 豪雨による被害状況 2020年7月(上記、写真二枚)、九州全域で起こった記録的豪雨により、高沢は大きな被害を受けました。 被災直後は集落の川が氾濫し、集落の丘にある小学校で五日間の避難生活を余儀なくされました。 また全世帯が床上浸水し、家屋の修理は必須。一部の世帯では行政からの支援だけでは復旧が難しいほど損壊が激しいです。 高沢では現在も住民の多くが集落を離れ、避難生活を続けています。 高沢地区入り口の県道。最寄り駅から高沢までの道も地面の底が抜け、車両が通れない状態に 高沢地区内・ガードレールや標識、電信柱も激しく損壊 同地区内・川沿いの道路は砂利が溜まり、1メートル近くかさが増している 住民を代表して 高澤康成さんよりメッセージ隠れ念仏の里として信仰心のある我が故郷 少子高齢化が顕著の中に一度ふるさとを離れた若者がふるさとへ帰り今一度復活を願い活動を始めたのが18年前。 7月豪雨災害で一瞬にその夢と希望は強制的に失われた。復旧・復興の計画が示され愕然とする中半年が経ち、現実を受け止め復活を遂げてやると新たな灯に火が付いた。 本当の自助・共助とは何か?皆様のご支援が力となります。宜しくお願いします。 高沢校区活性化実行委員会青年部 高澤康成 高沢のドキュメンタリー映画を配信 ~ドキュメンタリー映画『高沢折々』~ 高沢を舞台にした日本映画大学一期生による卒業制作作品。2014年制作。様々な 歴史や文化がある一方で、過疎化、高齢化が進む高沢。ここで生きる人々の1年を 描いた。その後追加シーンを加えた再編集版は第35回「地方の時代」映像祭2015で奨励賞を受賞。 今回の豪雨災害で高沢地区は存続の危機にあります。 高沢の営み、文化がこの災害によって消えてしまうのをなんとか食い止めたい。 被災する前の高沢の風景、暮らしの様子を少しでも多くの人に観てもらいたい。 そんな思いから本作のweb配信を決めました。 配信するのは再編集版で、下記のホームページにて公開。プロジェクトの期間中は支援の有無に関わらず、どなたでもご覧いただけます。ご視聴の際に鑑賞料としてご支援いただければ幸いです。 映画『高沢折々』HP  ⇒ www.takasawa-oriori.com 資金用途豪雨の影響により高沢は電気が通らなくなり、厳しい避難生活を強いられました。 集落で発電機は用意していましたが、老朽化により十分な電力供給ができませんでした。 これからも起こりうる災害や非常時に備えた設備をはじめ、高沢地区がこれからも共同体として持続するために必要な経費に、支援金を充てたいと思います。 目標金額:50万円 <主な使用用途> 発電機(1台50万円相当) 豪雨で損壊した消防団の詰所の修理費 ユンボなど溜まった土砂を取り除くために必要な用具 AED(自動体外式除細動器) 消防団 詰所・入り口も破損し、横にある消化器も現在使用できない状態に 今回、クラウドファンディングで得た皆様の支援金は全て高沢校区活性化実行委員会青年部・高澤康成様を通じ、高沢地区の修繕費用として活用させていただきます。 リターンについて ◎1000円のコースにご支援くださった方へ 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント プロジェクト終了後、支援状況をご報告、高沢地区の近況をご報告 ◎3000円のコースにご支援くださった方へ 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告 ◎5000円のコースにご支援くださった方へ 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告 お礼のメッセージカードプレゼント(郵送) ◎10000円のコースにご支援くださった方へ     映画『高沢折々』視聴URLプレゼント プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告 お礼のメッセージカードプレゼント(郵送) 映画『高沢折々』公式HPにお名前を掲載 故郷のために過疎化、高齢化が進む高沢。そんな土地での暮らしが少しでも豊かで充実したものであるために、住民の方々は様々な工夫とひたむきな努力をしてきました。それは故郷を愛する思いがあってこそです。 しかし、今回の災害によりその愛する故郷が失われようとしています。 誰かにとってのかけがえのない故郷が失われないためのご支援。また、映画『高沢折々』を鑑賞していただき、この土地の営みが皆様の記憶に残りつづけること。そして、高沢の方々が再びこの土地で生活ができることを切に願っております。 最後までお読みいただきありがとうございました。 問い合わせ先ご不明な点がありましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。 Eメール:takasawaori2@gmail.com

令和2年7月豪雨で被災した熊本の小さな集落、高沢地区を支援するプロジェクトです。

私たちは2014年、学生時代にこの高沢地区を舞台にドキュメンタリー映画を制作・上映をしました。

被災後はコロナウィルスの影響もあり、しばらくは現地に出向くことを躊躇していましたが、住民の生活が少し落ち着いた頃、私たちは再び高沢へ向かいました。土砂で塞がれた車道、全世帯が床上浸水、一部家屋の全壊、ガードレールや電柱など公共物の損壊。高沢地区は変わり果てており、住民の方々は集落から離れた生活をを余儀なくされています。

地区の復旧の目処は未だにたっていません。高沢地区が大変な状況の今、もう一度この映画を大勢の人に届けたいと思いました。そして映画のご鑑賞と共に、高沢の人たちが一刻も早く元の生活に戻るために復興支援金を募らせていただきます。

高沢観音堂・この地区で暮らす子どもたちは朝、この前に集合し送迎バスにより10キロ近く離れた小中学校まで登校する

沢見展望所からの球磨川・豪雨により球磨川も各地で氾濫し多くの集落が水災害に悩まされている


高沢地区とは

熊本県球磨郡球磨村の山間に位置する、人口約100人、40世帯ほどの集落。高沢は真宗への信仰が深く、江戸時代の真宗禁制の時代に権力の目を逃れ、信仰を続けた 「隠れ念仏」の歴史があります。

集落の中心にある説教所では、毎日住民が出入りお仏飯を供えるなど、信仰は現在も受け継がれており、高沢は「隠れ念仏の里」と呼ばれています。

また、山の暮らしならではの郷土料理や祭りなど高沢地区ならではの文化も多くあります。人口減少、高齢化、後継者不足などの問題を抱えながらも、高沢特有の文化を人々は守り続けています。

高沢地区中心にある説教所・阿弥陀如来が安置されている(2014年当時)

高沢観音堂前でのお花見の様子(2014年当時)

2013年当時の高沢。Googleマップより


豪雨による被害状況

2020年7月(上記、写真二枚)、九州全域で起こった記録的豪雨により、高沢は大きな被害を受けました。 被災直後は集落の川が氾濫し、集落の丘にある小学校で五日間の避難生活を余儀なくされました。

また全世帯が床上浸水し、家屋の修理は必須。一部の世帯では行政からの支援だけでは復旧が難しいほど損壊が激しいです。 高沢では現在も住民の多くが集落を離れ、避難生活を続けています。

高沢地区入り口の県道。最寄り駅から高沢までの道も地面の底が抜け、車両が通れない状態に

高沢地区内・ガードレールや標識、電信柱も激しく損壊

同地区内・川沿いの道路は砂利が溜まり、1メートル近くかさが増している


住民を代表して 高澤康成さんよりメッセージ

隠れ念仏の里として信仰心のある我が故郷

少子高齢化が顕著の中に一度ふるさとを離れた若者がふるさとへ帰り
今一度復活を願い活動を始めたのが18年前。

7月豪雨災害で一瞬にその夢と希望は強制的に失われた。
復旧・復興の計画が示され愕然とする中
半年が経ち、現実を受け止め復活を遂げてやると新たな灯に火が付いた。

本当の自助・共助とは何か?
皆様のご支援が力となります。
宜しくお願いします。

高沢校区活性化実行委員会青年部 高澤康成


高沢のドキュメンタリー映画を配信

~ドキュメンタリー映画『高沢折々』~

高沢を舞台にした日本映画大学一期生による卒業制作作品。2014年制作。様々な 歴史や文化がある一方で、過疎化、高齢化が進む高沢。ここで生きる人々の1年を 描いた。
その後追加シーンを加えた再編集版は第35回「地方の時代」映像祭2015で奨励賞を受賞。


今回の豪雨災害で高沢地区は存続の危機にあります。

高沢の営み、文化がこの災害によって消えてしまうのをなんとか食い止めたい。

被災する前の高沢の風景、暮らしの様子を少しでも多くの人に観てもらいたい。

そんな思いから本作のweb配信を決めました。 配信するのは再編集版で、下記のホームページにて公開。プロジェクトの期間中は支援の有無に関わらず、どなたでもご覧いただけます。ご視聴の際に鑑賞料としてご支援いただければ幸いです。

映画『高沢折々』HP  ⇒ www.takasawa-oriori.com


資金用途

豪雨の影響により高沢は電気が通らなくなり、厳しい避難生活を強いられました。 集落で発電機は用意していましたが、老朽化により十分な電力供給ができませんでした。

これからも起こりうる災害や非常時に備えた設備をはじめ、高沢地区がこれからも共同体として持続するために必要な経費に、支援金を充てたいと思います。

目標金額:50万円

<主な使用用途>

  • 発電機(1台50万円相当)
  • 豪雨で損壊した消防団の詰所の修理費
  • ユンボなど溜まった土砂を取り除くために必要な用具
  • AED(自動体外式除細動器)

消防団 詰所・入り口も破損し、横にある消化器も現在使用できない状態に


今回、クラウドファンディングで得た皆様の支援金は全て高沢校区活性化実行委員会青年部・高澤康成様を通じ、高沢地区の修繕費用として活用させていただきます。


リターンについて


    ◎1000円のコースにご支援くださった方へ
  • 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント
  • プロジェクト終了後、支援状況をご報告、高沢地区の近況をご報告

  • ◎3000円のコースにご支援くださった方へ
  • 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント
  • プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告

  • ◎5000円のコースにご支援くださった方へ
  • 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント
  • プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告
  • お礼のメッセージカードプレゼント(郵送)

  • ◎10000円のコースにご支援くださった方へ     
  • 映画『高沢折々』視聴URLプレゼント
  • プロジェクト終了後、支援状況をご報告 、高沢地区の近況をご報告
  • お礼のメッセージカードプレゼント(郵送)
  • 映画『高沢折々』公式HPにお名前を掲載


故郷のために

過疎化、高齢化が進む高沢。そんな土地での暮らしが少しでも豊かで充実したものであるために、住民の方々は様々な工夫とひたむきな努力をしてきました。それは故郷を愛する思いがあってこそです。

しかし、今回の災害によりその愛する故郷が失われようとしています。

誰かにとってのかけがえのない故郷が失われないためのご支援。また、映画『高沢折々』を鑑賞していただき、この土地の営みが皆様の記憶に残りつづけること。そして、高沢の方々が再びこの土地で生活ができることを切に願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。


問い合わせ先

ご不明な点がありましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。

Eメール:takasawaori2@gmail.com

支援期間終了

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    21

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    99,555

    目標金額:500,000

  • 達成率19%

    FUNDED!

2021年06月09日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

映画『高沢折々』制作チーム

ドキュメンタリー映画『高沢折々』 高沢 ... を舞台にした日本映画大学一期生による卒業制作作品。2014年制作。様々な 歴史や文化がある」一方で、過疎化、高齢化が進む高沢。ここで生きる人々の1年を 描いた。その後追加シーンを加えた再編集版は第35回「地方の時代」映像祭201 5で奨励賞を受賞。
  • 1,000

    このプロジェクトをきっかけに高沢を知ってください!

    リターン

      ・『高沢折々』視聴URLプレゼント
      ・支援状況をご報告
      ・高沢地区の近況をご報告

    支援者の数 4

    支援期間終了

  • 3,000

    このプロジェクトをきっかけに高沢を知ってください②!

    リターン

      ・『高沢折々』視聴URLプレゼント
      ・支援状況をご報告
      ・高沢地区の近況をご報告

    支援者の数 6

    支援期間終了

  • 5,000

    高沢写真付きお礼のメッセージカードプレゼント!

    リターン

      ・『高沢折々』視聴URLプレゼント
      ・支援状況をご報告
      ・高沢地区の近況をご報告

      ・高沢写真付きお礼のメッセージカードプレゼント

    支援者の数 8

    お届け予定:2021年7月

    支援期間終了

  • 10,000

    映画『高沢折々』公式HPにお名前クレジット!

    リターン

      ・『高沢折々』視聴URLプレゼント
      ・支援状況をご報告
      ・高沢地区の状況をご報告

      ・高沢写真付きお礼のメッセージカードプレゼント
      ・映画『高沢折々』公式HPにお名前クレジット

    支援者の数 3

    お届け予定:2021年7月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす