• 山下学人(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム)
  • スポーツ

宮崎県のアスリート・ボクシング 山下学人 応援プロジェクト by 明治安田生命

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

日章学園OB・齋藤麗王選手を超える高校6冠を! その先に世界を見すえて 元球児が年代における43kg級日本王者に 福岡県で小学3年生から6年生まで打ち込んだ野球では、スポットライトをほとんど浴びることはありませんでした。宮崎県宮崎市にある日章学園高校の1年生になった現在、高校ボクシング界のホープとして期待される山下学人(まなと)選手(宮崎県在住)は、苦笑しながら必死で白球を追いかけたころを振り返っていました。 「試合にはセカンドでたまに出るくらいでした。レギュラーではなかったので、正直、勝利の喜びも心からは味わえませんでした」 幼いころから周りの仲間に比べると身長が低く、体格面のハンデがあったようです。小柄な少年に転機が訪れたのは、中学1年生の時。成長を見守ってきた親が、息子に手を差し伸べるように言いました。 「ボクシングを始めてみないか」 父は元プロボクサーなのです。福岡県糟屋郡新宮町にあるスタービーアマチュアボクシングスクールに通い始めると、すぐにとりこになりました。野球時代は右投げ右打ちでしたが、ボクシングは父の勧めもあり、サウスポースタイルに。 入会してから約3カ月が経過したころです。ジム主催の小さな大会に初めて出場し、同じ36kgの選手と拳を交えました。無我夢中に出したパンチはワンツーのみ。まだそのコンビネーションしか教えてもらっていなかったのです。それでも判定勝ちを収めました。あの時の左ストレートの感触は、今も拳に残っています。 「めちゃくちゃ気持ち良かったので。勝った瞬間も最高でした。これが勝利なのかって。野球のベンチで味わったものとは全く違いました」 “初勝利”は格別でした。山下少年はずっとこの感覚を求め続けていたのです。 中学生の時の山下選手 それからジムが休みの日曜日以外は、毎日のように通い詰めました。継続は力なり。中学3年生の夏、全日本アンダージュニア王座決定戦で優勝を飾り、同年の冬にはキッズボクシング統一王座決定戦でも勝利。名実ともに中学年代における43kg級日本王者となりました。そして2020年4月からは、名門の日章学園高校に通っています。 宮崎の名門私立高で寮生活、親の負担を減らしたい 明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に応募したきっかけは、はっきりしています。故郷の福岡県に住む両親の経済的な負担を少しでも減らすためです。現在、山下選手は親元の福岡を離れ、宮崎の日章学園高校で寮生活を送っています。私立の学費に加えて、寮費もかかっていることが気になっているのです。 「寮で暮らし始め、改めて両親のありがたみを感じています。少しでも役に立つことがしたいと思いました」 ボクシングに打ち込める環境に感謝しながら、日々を過ごしています。 「宮崎を代表する選手」になりたい 郷里のことを思えば、両親だけではなく、スタービーアマチュアボクシングスクールでミットを持ってくれた西重智織コーチの顔もすぐに思い浮かびます。ジムでは毎日のように約1時間半、みっちり基礎から指導してくれました。目標にしていた中学年代の日本一をかけたキッズボクシング統一王座決定戦では、セコンドから大きな声で的確な指示をくれました。 「“足を使っていけ”など、コーチの声は全て聞こえていました」 全国の大舞台となった墨田区総合体育館のリングから見た光景は、脳裏に焼き付いています。会場をぐるりと見渡すと、お世話になったボクシング関係者や、福岡から一緒に上京してきた母親など、たくさんの知っている顔が見えました。勝者として名前が呼ばれた瞬間の母親の喜ぶ顔は、一生忘れることができません。リングを降りる時、ボクシングのイロハから教えてくれた西重コーチからは、「おめでとう」と心のこもった言葉をもらいました。 山下選手にとって、日章学園高校がある宮崎も自分のボクシングで恩返しがしたいと考える地元です。中学生の時に日章学園高校の長嶺秀昭監督に出会いました。「監督の元でもっと強くなりたい」。その思いを胸に、親元を離れて宮崎での生活を始めました。 しかし2020年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止になり、一時は練習もできない状況になりました。そんな中、山下選手が取り組んだのが体づくりです。山下選手は2019年12月以降、フライ級の選手としてトレーニングを重ねていますが、高校に入学したばかりの時は同じ階級の高校生に当たり負けをしていました。そこで高校のトレーナーにメニューを作ってもらい、週に1回、上半身・下半身・体幹と3部位に分けての筋トレをこなしています。 次第に接近戦でも当たり負けすることなく戦えるようになりましたが、「フライ級ではまだ小柄なんで」と更なる筋力アップをめざしています。いい環境で練習をさせてもらえているという思いがあるからこそ、結果を出して「宮崎を代表する選手」になりたいと考えています。 1回戦負けの悔しさからもっと強くなれた 山下選手は指導者と仲間に恵まれてきましたが、自身も努力を怠りませんでした。中学2年生で初めて公式戦に出場し、九州大会を順調に勝ち進み、西日本大会に臨んだ時のことです。まさかの1回戦負け。悔しくて、悔しくてたまりませんでした。初めての黒星です。 「絶対に次は勝ちたいと思い、練習に臨む姿勢をイチから見直しました」。どれだけ追い込まれても、諦めなくなりました。苦しい時こそ足を動かし、ミットにパンチを打ち込んだのです。「僕はあの負けで強くなったと思います」 打ち終わりにパンチをもらう悪癖は修正。相手が前に出てきても後ろに下がらなくなり、サイドに回って反撃できるようになりました。そして、世代で全国トップクラスの素早い出入りで勝負する今のスタイルが出来上がったのです。 「国際大会で金メダルを取りたい」 日章学園高校のOBにはボクシング界を代表する選手が数多くいます。そのひとり、アマチュア8冠を達成し、2020年にプロへ転向した中垣龍汰朗選手(現・大橋ジム)とは1度、日章学園高校で一緒に練習をさせてもらったことがあります。「とてもきれいなボクシングをしていて、パンチが見えないくらい速くて、めちゃくちゃ強いなと思いました」。そんな中垣選手は身近に感じられる目標になっています。 齋藤麗王選手(現・帝拳ジム)もまた、日章学園高校のOBです。齋藤選手は明治安田生命の前身の制度「次世代トップアスリート 応援プロジェクト~めざせ世界大会~」の卒業生(2016~2020年)でもあります。山下選手が高校入学時に掲げた目標は、齋藤選手が高校時代に達成した高校6冠を超えること。ただ、コロナ禍の影響で2020年の主要大会は全て中止になりました。残るタイトルはちょうど6個です。2021年以降、その全てを手に入れることを誓っています。 そのために2020年は体をつくり直し、フィジカルトレーニングに精を出してきました。栄養バランスにも気を使い、生活面からもアプローチしています。めざすべき場所は、国内にとどまりません。「最終的にはアジアジュニア、世界ユースなど、国際大会で金メダルを取りたいと思っています」 色々な人たちの支えで今、ボクシングができている 2020年、15歳になったばかりの山下選手はボクシングを通じて、学んだことがあります。 「応援してくれる人、一緒に練習してくれる人、指導してくれる人、競技を続けさせてくれる親、色々な人たちに支えられて競技に集中することができています。これから支援してもらう人たちにも、その感謝の気持ちを忘れないようにします」 そんな気持ちがあるからこそ、地元のアスリートを応援しようとする制度趣旨にも賛同しました。支援で集まった資金は両親への経済的な負担の軽減するために、ボクシングに必要な道具、遠征時の交通費などに充ててていくつもりです。 (取材・制作:4years.編集部)

日章学園OB・齋藤麗王選手を超える高校6冠を! その先に世界を見すえて

元球児が年代における43kg級日本王者に

福岡県で小学3年生から6年生まで打ち込んだ野球では、スポットライトをほとんど浴びることはありませんでした。宮崎県宮崎市にある日章学園高校の1年生になった現在、高校ボクシング界のホープとして期待される山下学人(まなと)選手(宮崎県在住)は、苦笑しながら必死で白球を追いかけたころを振り返っていました。

「試合にはセカンドでたまに出るくらいでした。レギュラーではなかったので、正直、勝利の喜びも心からは味わえませんでした」

幼いころから周りの仲間に比べると身長が低く、体格面のハンデがあったようです。小柄な少年に転機が訪れたのは、中学1年生の時。成長を見守ってきた親が、息子に手を差し伸べるように言いました。

「ボクシングを始めてみないか」

父は元プロボクサーなのです。福岡県糟屋郡新宮町にあるスタービーアマチュアボクシングスクールに通い始めると、すぐにとりこになりました。野球時代は右投げ右打ちでしたが、ボクシングは父の勧めもあり、サウスポースタイルに。

入会してから約3カ月が経過したころです。ジム主催の小さな大会に初めて出場し、同じ36kgの選手と拳を交えました。無我夢中に出したパンチはワンツーのみ。まだそのコンビネーションしか教えてもらっていなかったのです。それでも判定勝ちを収めました。あの時の左ストレートの感触は、今も拳に残っています。

「めちゃくちゃ気持ち良かったので。勝った瞬間も最高でした。これが勝利なのかって。野球のベンチで味わったものとは全く違いました」

“初勝利”は格別でした。山下少年はずっとこの感覚を求め続けていたのです。

中学生の時の山下選手

それからジムが休みの日曜日以外は、毎日のように通い詰めました。継続は力なり。中学3年生の夏、全日本アンダージュニア王座決定戦で優勝を飾り、同年の冬にはキッズボクシング統一王座決定戦でも勝利。名実ともに中学年代における43kg級日本王者となりました。そして2020年4月からは、名門の日章学園高校に通っています。


宮崎の名門私立高で寮生活、親の負担を減らしたい

明治安田生命の「地元アスリート応援プログラム」に応募したきっかけは、はっきりしています。故郷の福岡県に住む両親の経済的な負担を少しでも減らすためです。現在、山下選手は親元の福岡を離れ、宮崎の日章学園高校で寮生活を送っています。私立の学費に加えて、寮費もかかっていることが気になっているのです。

「寮で暮らし始め、改めて両親のありがたみを感じています。少しでも役に立つことがしたいと思いました」

ボクシングに打ち込める環境に感謝しながら、日々を過ごしています。


「宮崎を代表する選手」になりたい

郷里のことを思えば、両親だけではなく、スタービーアマチュアボクシングスクールでミットを持ってくれた西重智織コーチの顔もすぐに思い浮かびます。ジムでは毎日のように約1時間半、みっちり基礎から指導してくれました。目標にしていた中学年代の日本一をかけたキッズボクシング統一王座決定戦では、セコンドから大きな声で的確な指示をくれました。

「“足を使っていけ”など、コーチの声は全て聞こえていました」

全国の大舞台となった墨田区総合体育館のリングから見た光景は、脳裏に焼き付いています。会場をぐるりと見渡すと、お世話になったボクシング関係者や、福岡から一緒に上京してきた母親など、たくさんの知っている顔が見えました。勝者として名前が呼ばれた瞬間の母親の喜ぶ顔は、一生忘れることができません。リングを降りる時、ボクシングのイロハから教えてくれた西重コーチからは、「おめでとう」と心のこもった言葉をもらいました。

山下選手にとって、日章学園高校がある宮崎も自分のボクシングで恩返しがしたいと考える地元です。中学生の時に日章学園高校の長嶺秀昭監督に出会いました。「監督の元でもっと強くなりたい」。その思いを胸に、親元を離れて宮崎での生活を始めました。

しかし2020年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止になり、一時は練習もできない状況になりました。そんな中、山下選手が取り組んだのが体づくりです。山下選手は2019年12月以降、フライ級の選手としてトレーニングを重ねていますが、高校に入学したばかりの時は同じ階級の高校生に当たり負けをしていました。そこで高校のトレーナーにメニューを作ってもらい、週に1回、上半身・下半身・体幹と3部位に分けての筋トレをこなしています。

次第に接近戦でも当たり負けすることなく戦えるようになりましたが、「フライ級ではまだ小柄なんで」と更なる筋力アップをめざしています。いい環境で練習をさせてもらえているという思いがあるからこそ、結果を出して「宮崎を代表する選手」になりたいと考えています。


1回戦負けの悔しさからもっと強くなれた

山下選手は指導者と仲間に恵まれてきましたが、自身も努力を怠りませんでした。中学2年生で初めて公式戦に出場し、九州大会を順調に勝ち進み、西日本大会に臨んだ時のことです。まさかの1回戦負け。悔しくて、悔しくてたまりませんでした。初めての黒星です。

「絶対に次は勝ちたいと思い、練習に臨む姿勢をイチから見直しました」。どれだけ追い込まれても、諦めなくなりました。苦しい時こそ足を動かし、ミットにパンチを打ち込んだのです。「僕はあの負けで強くなったと思います」

打ち終わりにパンチをもらう悪癖は修正。相手が前に出てきても後ろに下がらなくなり、サイドに回って反撃できるようになりました。そして、世代で全国トップクラスの素早い出入りで勝負する今のスタイルが出来上がったのです。


「国際大会で金メダルを取りたい」

日章学園高校のOBにはボクシング界を代表する選手が数多くいます。そのひとり、アマチュア8冠を達成し、2020年にプロへ転向した中垣龍汰朗選手(現・大橋ジム)とは1度、日章学園高校で一緒に練習をさせてもらったことがあります。「とてもきれいなボクシングをしていて、パンチが見えないくらい速くて、めちゃくちゃ強いなと思いました」。そんな中垣選手は身近に感じられる目標になっています。

齋藤麗王選手(現・帝拳ジム)もまた、日章学園高校のOBです。齋藤選手は明治安田生命の前身の制度「次世代トップアスリート 応援プロジェクト~めざせ世界大会~」の卒業生(2016~2020年)でもあります。山下選手が高校入学時に掲げた目標は、齋藤選手が高校時代に達成した高校6冠を超えること。ただ、コロナ禍の影響で2020年の主要大会は全て中止になりました。残るタイトルはちょうど6個です。2021年以降、その全てを手に入れることを誓っています。

そのために2020年は体をつくり直し、フィジカルトレーニングに精を出してきました。栄養バランスにも気を使い、生活面からもアプローチしています。めざすべき場所は、国内にとどまりません。「最終的にはアジアジュニア、世界ユースなど、国際大会で金メダルを取りたいと思っています」


色々な人たちの支えで今、ボクシングができている

2020年、15歳になったばかりの山下選手はボクシングを通じて、学んだことがあります。

「応援してくれる人、一緒に練習してくれる人、指導してくれる人、競技を続けさせてくれる親、色々な人たちに支えられて競技に集中することができています。これから支援してもらう人たちにも、その感謝の気持ちを忘れないようにします」

そんな気持ちがあるからこそ、地元のアスリートを応援しようとする制度趣旨にも賛同しました。支援で集まった資金は両親への経済的な負担の軽減するために、ボクシングに必要な道具、遠征時の交通費などに充ててていくつもりです。

(取材・制作:4years.編集部)


地元アスリートに あなたの愛と支援を

支援期間終了

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

  • 支援者

    47

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    416,100

    (達成) 目標金額:300,000

  • 達成率138%

    FUNDED!

2021年02月28日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

山下学人(明治安田生命・地元アスリート応援プログラム)

明治安田生命「地元の元気プロジェクト」の ... 一環として、地元の若手アスリートを地域社会とともに応援することで、地域の一体感醸成や地域で育つ子どもたちの夢や地元愛を育むことへの貢献を目的とします。

当制度を通じて、出身地や活動拠点地域など、サポートを受ける「地元」に対して貢献したいというアスリートの活動を支援します。
  • 3,000

    お礼のメール

    リターン

      山下学人本人より感謝の気持ちを込めて、お礼のメールをお送りします。

    支援者の数 15

    支援期間終了

  • 5,000

    お礼のお手紙

    リターン

      山下学人本人より感謝の気持ちを込めて、お礼のお手紙をお送りします。

    支援者の数 32

    お届け予定:2021年4月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす