• 佐藤優(さとう・まさる)
  • アート

佐藤優の 古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室

プロジェクトイメージ
プロジェクトイメージ

元外交官で作家の佐藤優氏は言います。 「いまは、会社においても、学校においても、前のめりになって進むことばかり教えられる時代。目先の業績を早く上げねば、早回しで勉強を進めねば…、と。情報の取り方も同じで、早く処理することばかりに重きがおかれている。しかしその分、文脈をしっかりつかんだり、言葉に隠された真意を読み解いたりする力が、とても衰えてきています。しっかりと文章を〝読み解く力〟を、回復させねばなりません」。 このサロンでは、月1回開催の【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】を通して、そのテクニックを身に着けるのが目標です。「例えるなら、魚を提供するのではなく〝釣りの仕方〟を教えるようなもの。〝読み解く技法〟をこの教室でしっかり身につけてしまえば、あとは自力で、この先ずっと、本から教養を吸収していけるようになるでしょう」。〝読み解く技法〟が身につけば、日々接するネットの情報やニュースからも、まるで違った何かが読み取れるようになるはずです。 プロフィール 佐藤優(さとう・まさる)/1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務など経て、本省国際情報局分析第一課に配属、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年、鈴木宗男事件に連座する形で、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年有罪確定(懲役2年6か月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が2005年に出版されると大反響を呼ぶ。翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『私のマルクス』(文春文庫)、『先生と私』(幻冬舎文庫)、『人に強くなる極意』(青春出版社)ほか著書多数。 <古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室>を開講! 今回のテーマ本は…? ■授業のテーマ本現在、「新書で現代社会を読み解く」をテーマに、新書もしくは現代社会をテーマにした本、合計5冊を読んでいます。●2023年1月に扱う本は次の2冊の予定です。『1%の努力』ひろゆき(西村博之)・著(ダイヤモンド社)『人新世の「資本論」』斎藤幸平・著(集英社新書)●2~3月は以下の本を読み解きます。『ストーリーが世界を滅ぼす』ジョナサン・ゴットシャル・著(東洋経済新報社)『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』原田曜平・著 (光文社新書)※2022年12月のテーマ本は『現代思想入門』千葉雅也・著(講談社現代新書)でした。※テーマ本は、各自ご持参ください。新書から「現代社会」を読み解く 新書や単行本を読み、内容について議論することによって、読書力と「現代社会」を読み解く知識を身に付けます。まず、講義前の準備として書籍を通読し、自分が重要だと思った箇所を3か所抜き出し、なぜ重要なのかを200字程度でまとめていただきます。講義では担当者による発表と、佐藤優さんによる解説、参加者の質疑応答などによって、読解を深めます。これにより、短期間で一流の読書術、現代社会に関する基礎知識、優れた批判的思考力(物事を批評する能力)を身に付けることを目指します。 佐藤優のオンラインサロンに入会したら何ができるの? (1)【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】への参加(毎月1回) ※「Zoomによるオンライン授業形式」となります。 (2)上記、授業風景を動画配信(会員のみ限定公開) ※ご視聴いただくには「Gmailのメールアドレス」が必要です。お持ちでない方は、下記のリンクより無料で取得できます。https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja (3)授業中に「課題」が出されます。課題レポートをご提出いただいた方は、佐藤優がチェックを入れてお戻しします。※現在進行中の授業では、「テキストの要約」が課題となっています。(4)あなたからのご質問やご意見などに、佐藤優が授業時間のなかで直接お答えします。(5)2019年7月より毎月1回配信している「授業動画」を、すべてご覧いただけます。※内容は、ダンテ『神曲』の授業(全29回分)、および、『カラマーゾフの兄弟』の授業(全12回分)、「新書から「現代社会」を読み解く」(2022年12月~)です。(6)佐藤優を囲んでの懇親会(オフ会)への参加※年2~3回程度。参加費(飲食代)は、月会費と別途になります。※新型コロナウイルス感染の影響のため、しばらく取り止めとさせていただいています。 <古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室> 今後の予定 1月18日(水)朝7:00〜8:30 2月15日(水)朝7:00〜8:30 3月15日(水)朝7:00〜8:30※Zoomによるオンライン授業形式の予定です。 ・「加入する」ボタンから、オンラインサロンに入会できます。月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金となり、日割り計算はいたしませんのでご注意ください。*クレジットカードのみご利用できます。オンラインサロンは銀行振込(ペイジー)、コンビニ払いには対応しておりません。*本オンラインサロンを解約したい場合、当月の末日23:59までに、マイページの“オンラインサロン・サポータークラブ情報”から、該当サロンの“解約”をクリックしてください。 ・他の支援者への名誉毀損や誹謗中傷などの行為があった場合、強制的に退会となる可能性があります。・本オンラインサロンの情報、サロンオーナーが発信する内容をサロン外へ口外、転載することは固く禁止致します。・営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、運営・サロンオーナーの注意に従わない行為は固く禁止致します。それに該当する行為があった場合、強制的に退会となる可能性があります。 ・オンラインサロンとは、月額会費を支払うことで参加できるクローズドなコミュニティです。様々な知識やネットワークを持つ著名人、文化人などの方々が起案者・主宰者となり、その思いに共感した支援者は居住地にとらわれずに、ウェブを通じて起案者・主宰者と双方向にコミュニケーションを取ることができます。

元外交官で作家の佐藤優氏は言います。

「いまは、会社においても、学校においても、前のめりになって進むことばかり教えられる時代。目先の業績を早く上げねば、早回しで勉強を進めねば…、と。情報の取り方も同じで、早く処理することばかりに重きがおかれている。しかしその分、文脈をしっかりつかんだり、言葉に隠された真意を読み解いたりする力が、とても衰えてきています。しっかりと文章を〝読み解く力〟を、回復させねばなりません」。

このサロンでは、月1回開催の【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】を通して、そのテクニックを身に着けるのが目標です。「例えるなら、魚を提供するのではなく〝釣りの仕方〟を教えるようなもの。〝読み解く技法〟をこの教室でしっかり身につけてしまえば、あとは自力で、この先ずっと、本から教養を吸収していけるようになるでしょう」。〝読み解く技法〟が身につけば、日々接するネットの情報やニュースからも、まるで違った何かが読み取れるようになるはずです。

プロフィール

佐藤優(さとう・まさる)/1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務など経て、本省国際情報局分析第一課に配属、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年、鈴木宗男事件に連座する形で、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年有罪確定(懲役2年6か月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が2005年に出版されると大反響を呼ぶ。翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『私のマルクス』(文春文庫)、『先生と私』(幻冬舎文庫)、『人に強くなる極意』(青春出版社)ほか著書多数。


<古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室>を開講! 今回のテーマ本は…?

■授業のテーマ本

現在、「新書で現代社会を読み解く」をテーマに、新書もしくは現代社会をテーマにした本、合計5冊を読んでいます。


●2023年1月に扱う本は次の2冊の予定です。

『1%の努力』ひろゆき(西村博之)・著(ダイヤモンド社)

『人新世の「資本論」』斎藤幸平・著(集英社新書)


●2~3月は以下の本を読み解きます。

『ストーリーが世界を滅ぼす』ジョナサン・ゴットシャル・著(東洋経済新報社)

『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』原田曜平・著 (光文社新書)


※2022年12月のテーマ本は

『現代思想入門』千葉雅也・著(講談社現代新書)

でした。

※テーマ本は、各自ご持参ください。


新書から「現代社会」を読み解く

新書や単行本を読み、内容について議論することによって、読書力と「現代社会」を読み解く知識を身に付けます。

まず、講義前の準備として書籍を通読し、自分が重要だと思った箇所を3か所抜き出し、なぜ重要なのかを200字程度でまとめていただきます。

講義では担当者による発表と、佐藤優さんによる解説、参加者の質疑応答などによって、読解を深めます。

これにより、短期間で一流の読書術、現代社会に関する基礎知識、優れた批判的思考力(物事を批評する能力)を身に付けることを目指します。




佐藤優のオンラインサロンに入会したら何ができるの?

(1)【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】への参加(毎月1回)
 ※「Zoomによるオンライン授業形式」となります。

(2)上記、授業風景を動画配信(会員のみ限定公開)
 ※ご視聴いただくには「Gmailのメールアドレス」が必要です。お持ちでない方は、下記のリンクより無料で取得できます。
https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja

(3)授業中に「課題」が出されます。課題レポートをご提出いただいた方は、佐藤優がチェックを入れてお戻しします。
※現在進行中の授業では、「テキストの要約」が課題となっています。

(4)あなたからのご質問やご意見などに、佐藤優が授業時間のなかで直接お答えします。

(5)2019年7月より毎月1回配信している「授業動画」を、すべてご覧いただけます。
※内容は、ダンテ『神曲』の授業(全29回分)、および、『カラマーゾフの兄弟』の授業(全12回分)、「新書から「現代社会」を読み解く」(2022年12月~)です。

(6)佐藤優を囲んでの懇親会(オフ会)への参加
※年2~3回程度。参加費(飲食代)は、月会費と別途になります。

※新型コロナウイルス感染の影響のため、しばらく取り止めとさせていただいています。




<古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室> 今後の予定

 1月18日(水)朝7:00〜8:30

 2月15日(水)朝7:00〜8:30

 3月15日(水)朝7:00〜8:30


※Zoomによるオンライン授業形式の予定です。




------オンラインサロン入会方法------

・「加入する」ボタンから、オンラインサロンに入会できます。月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金となり、日割り計算はいたしませんのでご注意ください。
*クレジットカードのみご利用できます。オンラインサロンは銀行振込(ペイジー)、コンビニ払いには対応しておりません。
*本オンラインサロンを解約したい場合、当月の末日23:59までに、マイページの“オンラインサロン・サポータークラブ情報”から、該当サロンの“解約”をクリックしてください。


------------------注意事項------------------------

・他の支援者への名誉毀損や誹謗中傷などの行為があった場合、強制的に退会となる可能性があります。
・本オンラインサロンの情報、サロンオーナーが発信する内容をサロン外へ口外、転載することは固く禁止致します。
・営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、運営・サロンオーナーの注意に従わない行為は固く禁止致します。それに該当する行為があった場合、強制的に退会となる可能性があります。

------オンラインサロンとは?------

・オンラインサロンとは、月額会費を支払うことで参加できるクローズドなコミュニティです。様々な知識やネットワークを持つ著名人、文化人などの方々が起案者・主宰者となり、その思いに共感した支援者は居住地にとらわれずに、ウェブを通じて起案者・主宰者と双方向にコミュニケーションを取ることができます。

このプロジェクトが気に入ったら
いいね!しよう

最新のプロジェクト情報をお届けします。

    オンラインサロン
  • 参加者

    81

起案者

実行者イメージ

佐藤優(さとう・まさる)

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主 ... 任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務など経て、本省国際情報局分析第一課に配属、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年、鈴木宗男事件に連座する形で、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年有罪確定(懲役2年6か月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が2005年に出版されると大反響を呼ぶ。翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『私のマルクス』(文春文庫)、『先生と私』(幻冬舎文庫)、『人に強くなる極意』(青春出版社)ほか著書多数。
  • 10,000円/月

    佐藤優の 古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室に参加

    リターン

      (1)【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】への参加(毎月1回)
       ※「Zoomによるオンライン授業形式」となります。

      (2)上記、授業風景を動画配信(会員のみ限定公開)
       ※ご視聴いただくには「Gmailのメールアドレス」が必要です。お持ちでない方は、下記のリンクより無料で取得できます。
      https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja

      (3)授業中に「課題」が出されます。課題レポートをご提出いただいた方は、佐藤優がチェックを入れてお戻しします。
      ※現在進行中の授業では、「テキストの要約」が課題となっています。

      (4)あなたからのご質問やご意見などに、佐藤優が授業時間のなかで直接お答えします。

      (5)2019年7月より毎月1回配信している「授業動画」を、すべてご覧いただけます。
      ※内容は、ダンテ『神曲』の授業(全29回分)、および、『カラマーゾフの兄弟』の初回授業から直近の授業まで
      ※『神曲』の授業動画については、今年夏頃までの期間限定配信となります

      (6)佐藤優を囲んでの懇親会(オフ会)への参加
      ※年2~3回程度。参加費(飲食代)は、月会費と別途になります。

      ※新型コロナウイルス感染の影響のため、しばらく取り止めとさせていただいています。

    参加者の数 69

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす