• 佐藤優(さとう・まさる)
  • アート

佐藤優の 古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室

  • NoImage

    MinatoYu

    2022年を目前に学んでみたいと思いました。このような機会をありがたく思います。

    2021年08月04日 18:38:36

    × 1
  • NoImage

    石田 孝一

    2021年08月04日 15:25:49

    × 1
  • NoImage

    TARAO

    2021年08月03日 21:06:09

    × 1
  • NoImage

    玉谷 直紀

    2021年06月12日 16:47:30

    × 1
  • NoImage

    ゆっきー

    2021年06月09日 16:42:02

    × 1
  • NoImage

    下田 康博

    今回初めて参加させていただきます。佐藤先生の著作はいくつかよませていただいております。「知の教室」に圧倒されました。さて今回はダンテ「新曲」ということですが、あまりにも読んだことのないタイプの古典のため私は苦労ると思います。その努力に報いるほどの新な気づきをいただけると幸いです。

    2021年04月09日 05:13:21

    × 1
  • 杉山 優一

    佐藤優さんから学びたいです

    2020年11月10日 02:25:31

    × 1
  • NoImage

    西村 朋子

    よろしくお願いします。

    2020年11月03日 07:36:51

    × 1
  • NoImage

    小川 雄生

    2020年11月01日 20:22:23

    × 1
  • NoImage

    over

    とても楽しみです。

    2020年09月18日 17:53:19

    × 1
    オンラインサロン
  • 参加者

    65

起案者

実行者イメージ

佐藤優(さとう・まさる)

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主 ... 任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務など経て、本省国際情報局分析第一課に配属、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍する。2002年、鈴木宗男事件に連座する形で、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴される。2009年有罪確定(懲役2年6か月、執行猶予4年)。2013年6月に執行猶予期間を満了、刑の言い渡しが効力を失う。捜査の内幕を描いた『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)が2005年に出版されると大反響を呼ぶ。翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『私のマルクス』(文春文庫)、『先生と私』(幻冬舎文庫)、『人に強くなる極意』(青春出版社)ほか著書多数。
  • 10,000円/月

    佐藤優の 古典の名作で磨く!「読み解く技法」教室に参加

    リターン

      (1)【古典の名作で磨く「読み解く技法」教室】への参加(毎月1回)
      ※「Zoomによるオンライン授業形式」となります。

      (2)上記、授業風景を動画配信(会員のみ限定公開)
      ※ご視聴いただくには「Gmailのメールアドレス」が必要です。お持ちでない方は、下記リンクより無料で取得できます。https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja

      (3)授業中に「課題レポート」をお出します。それにご回答しご提出いただくと、佐藤優が個別にチェックを入れてお戻しします
      ※レポートのご提出・チェック済レポートのお受取は、「メールで」「郵送で」など、ご希望の方法でやりとりができます。

      (4)あなたからのご質問やご意見などメールいただくと、佐藤優が授業のなかでそれにお答えします

      (5)2019年7月より、月1回配信している「過去動画」を、すべてご覧いただけます
      ※内容は、『神曲 地獄篇』、『神曲 煉獄篇』についての講義となっています。

      (6)佐藤優を囲んでの懇親会(オフ会)への参加
      ※年2~3回程度。参加費(飲食代)は、月会費と別途になります。
      ※新型コロナウイルス感染の影響のため、しばらく取り止めとさせていただいています。

    参加者の数 59

このプロジェクトをシェアする

カテゴリーから
プロジェクトをさがす

プロジェクトをはじめる