• 認定NPO法人JVC(カンボジア)
  • SDGs

100円から応援!カンボジア“ため池”掘削プロジェクト

祝・目標達成!2/15まで頑張ります!

  • Vol.7
  • 2020年02月07日 21時51分

こんにちは。駐在員の大村です。先月、ひどい腰痛に襲われ病院に行ったところ、腰の骨が折れていまして、初めて救急車で首都の病院まで医療搬送(4時間)されました。生きていると色々あるものですね・・・苦笑。ということで現在現地の活動は、この数回活動報告を更新している下田と、頼れるスタッフ達がバッチリ進めてくれています。

■達成しました!

そんな私の近況はいいとして、昨夜、皆様の応援のおかげで目標の30万円を達成することができました!!!本当にありがとうございます。これでため池を新規にひとつ、掘削することができます。前回の下田の報告にもあったとおり、これは本当に本当に大きなことです。

昨年私たちが掘ったため池は、今、近隣住民の皆さんの手により周囲に作物が共同で植えられ、それを元に収入を得て、その収入は各家庭で役立てられているほか、とうとう共同でハンド・ポンプを購入するまでになりました。今日はまた、このため池の周囲で、新たな作物を植える研修を実施しました。昨年にはなかった様々な景色が、今、たしかにここに広がっています。(写真は今日のもの。一部、視察に来た日本人の方が写っています)


■これからのこと

2015年から、私たちは25のため池を掘削してきました。2019年度、私たちは新規で5つ分のため池掘削費用を確保していたのですが、今回のクラウドファンディングのおかげで、更にひとつ、6つ目のため池を掘削する費用を得ることができました。池は乾季にしか掘ることができません。乾季は12月からはじまり、5月頃まで続く予定です。この2月、3月で集中してできる限りのため池を掘削し、村の暮らしのサポートができればと思っています。

ため池の掘削は、活動村6村での地道な調査をもとにいくつかの候補地を選定し、それらを行政と村長、そしてもちろん村の皆さんに共有。全員で集まる数回の会議を持って、決定します。掘削自体は数日で終わるのですが、この調査から掘削場所の決定までがキモです。この活動報告でも随時紹介していきますので、引き続き見守っていただけたら幸いです。(先日最新の調査を終えました。スタッフが自分の足で担当の村の地図を作成するところから始まります)


・これまでのため池掘削会議の様子はこちらから

30万円を越えた分は、新たなため池掘削費用のほか、各種農業研修などに使わせていただく予定です。2月15日まで応援どうぞよろしくお願いいたします!


現地から、感謝の気持ちをこめて・・・。

    寄付型
  • 支援者

    104

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    373,547

    (達成) 目標金額:300,000

  • 達成率124%

    FUNDED!

2020年02月15日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

認定NPO法人JVC(カンボジア)

1980年から活動するNGOのJVC(日 ... 本国際ボランティアセンター)のカンボジア事業です。シェムリアップの街から1時間程のコンポンクダイという農村部で活動しています。本ページの更新は、現地駐在の大村真理子と東京本部勤務の下田寛典がメインです。
  • 100

    全力応援100円コース

    リターン

      ◎御礼メール
      ◎インスタグラム(支援者限定公開)での進捗報告

    支援者の数 83

    お届け予定:2020年2月

    支援期間終了

  • 10,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎御礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎インスタグラム(支援者限定公開)での進捗報告

    支援者の数 9

    お届け予定:2020年2月

    支援期間終了

  • 10,000

    もりもり育ったハーブティコース

    リターン

      ◎御礼メール(2020年2月)
      ◎寄付金控除用の領収書発行(2020年2月)
      ◎インスタグラム(支援者限定公開)での進捗報告(2020年2月)
      ◎ため池の周囲で育ったハーブを使ったハーブティ1パック(モリンガリラックスブレンド/モリンガ、レモングラス、青マンゴー)

    支援者の数 12

    お届け予定:2020年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする