日本から「子どもの孤立」をなくしたい! 子どもと寄り添う優しい大人の育成プログラムを全国に展開します!

応援コメント|ナウシカのような「やさしさ」の技術(Dr.ゆうすけさん)

  • Vol.19
  • 2019年05月27日 10時27分

プロジェクト終了まで残り4日。ご支援・拡散に協力いただいた皆様、本当にありがとうございます!!

\ひろがれPIECES 全力応援シェア祭り!/
2019年5月28日(火)20:00-23:00 ✨ネクストゴール!250万円達成✨へ向けて、より多くの人にPIECESの挑戦を知ってもらい、支援に繋げるため、初めてのシェア祭り!を開催します!
地球上のどこにいても、facebook・twitterにつながる環境さえあれば簡単に参加できますのでどうか、ご協力をお願いいたします!
▶︎Facebookのイベントページにてご参加ください。 https://www.facebook.com/events/1033897813478412/



今回は、メンタルヘルスがライフワークの内科医である、Dr.ゆうすけさんから応援コメントをいただきました!


ナウシカのような「やさしさ」の技術を身につけたいので、
PIECESを応援します

職業柄、「やさしさ」とは何だろうか、ということをよく考える。

いろんなひとの生きづらさと触れ合う中で気づいたひとつの仮説として、やさしさとは「ひとの安心をつくる」技術なのではないかとおもっている。
周囲に信頼できる存在が誰もいないということは、子どもにとって生存レベルでの危機である。

彼らの世界観では、他人とは基本的にじぶんを傷つける存在であり、世界は危険でおそろしいものである。

「風の谷のナウシカ」で、本来は人間に心を開かないキツネリスのテトが、不安と警戒心のあまりナウシカの指に噛み付いてしまうシーンがある。ナウシカは指を噛まれたまま、「ほら、こわくない」とやさしく受けいれる。

テトはすぐにナウシカに懐き、その後生涯の相棒になる。

安心をつくる技術とは、そういう振る舞いのことだとおもう。

世界を信頼していない子どもに、安心を提供できるような関わりができるとしたら、それはもはやナウシカ並のやさしさが発揮されていると言っていいだろう。とてつもなく高度な技術だとおもう。

それを育成プログラムとして提供するのだから、なんて挑戦的なプロジェクトだろうかとおもう。

社会に余裕がなくなってると、安心を確保していくのがどんどん難しくなる。
そんな中で、安心をつくる能力が得られることの恩恵は、子どもの貧困の問題だけに留まらない。
なぜなら、すべての人間関係は、お互いが安心することからはじまるからだ。

安心がベースにある関係は、質の高いコミュニケーションを生み、人生を充実させる。
だから、ひとの安心を作る技術は、ひとの幸福に大きく寄与する、とても汎用性の高いものだと考える。

ぼくは幸せになりたいから、これからも日々の臨床の中で安心というものを研究していきたい。

なので、その先進事例であるPIECESの取り組みにはものすごく期待してるし、大いに参考にさせてもらうつもりである。

◆Dr.ゆうすけ


メンタルヘルスがライフワークの内科医


皆さまからの応援の声を受け、プロジェクト終了まで走り抜けていきたいと思っていますので、引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!

日本から「子どもの孤立」をなくしたい!
子どもと寄り添う優しい大人の育成プログラムを全国に展開します!
https://a-port.asahi.com/projects/PIECES_2019/


#子どもSDGs #広がれPIECES

    寄付型
  • 支援者

    269

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    2,621,143

    (達成) 目標金額:1,500,000

  • 達成率174%

    FUNDED!

2019年05月31日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

認定NPO法人PIECES

子どもも大人も、誰もが尊厳を持ち、平和に ... 向かっていける社会をめざして。
すべての子どもが権利と尊厳をもって社会に生きていくためには、子どもの育ちが、家族や専門家、行政など限られた人たちだけでなく、多様な人とのつながりの中で支えられることが必要です。
虐待をはじめとした子どもを取り巻く様々な社会課題を未然に防ぐこと。子どもが本来もっている力を発揮し、学ぶこと挑戦することにためらわずに向かっていけること。
地域や社会の多様な人を巻き込み、ヒト・モノ・コトとの関係性を数多くつくり出すことで、いわば「つながりによる子どもの育ちと学びのセーフティネット」を生み出す活動をしています。
  • 3,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 115

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 5,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 67

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 10,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 61

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 30,000

    プログラム見学コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)

    支援者の数 17

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 50,000

    プログラム見学コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)

    支援者の数 5

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 100,000

    事業説明コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明訪問
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 3

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 200,000

    事業説明コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明訪問
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 1

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 300,000

    【あなたの地域で説明会開催コース】

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明会開催
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 0

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

  • 500,000

    【あなたの地域で説明会開催コース】

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明会開催
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 0

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする