日本から「子どもの孤立」をなくしたい! 子どもと寄り添う優しい大人の育成プログラムを全国に展開します!

応援コメント|名もなきケア(紫原明子さん)

  • Vol.21
  • 2019年05月30日 08時53分

この挑戦もあと1日。
応援・ご支援いただいたみなさま、ありがとうございます。
おひとりおひとりからのお言葉とお気持ちをいただき、このクラウドファンディングの挑戦の中からも優しさが紡がれていっていることを感じてとても心強いです。あと少し、新たな活動のスタートに向けて、走り切ります!


今回の応援コメントは、スマートニュースのアトラスプログラムで出会い、インタビュー記事を書いてくださったことをきっかけにご一緒している紫原さんからいただきました。紫原さんの紡ぐ言葉は、愛に溢れていて、その愛の上に優しくもとても大切な問いを投げかけてくれる、いろんな方にみていただきたい言葉です。


名もなきケア

「名もなき家事」の存在が知られるようになったのはここ数年のことです。

たとえば<ゴミを捨てる>は誰もが認める家事の一つですが、<ゴミ捨て後に、新しいゴミ袋をゴミ箱にセットする>こともまた、重要な家事の一つです。ところがこのワンアクションには明確な名前がついていないため、家族で家事を分担する際にもついその存在事態を忘れられがちです。そんな「名もなき家事」が、家庭の中ではもっぱら妻の負担となり、特に働く妻、働く母たちにとって、大きな負担になっていると言われています。

そしてこれは必ずしも家事に限ったことだけでなく、子育てにおいても同じことが起きていると私は思うんです。子どもが、今日も明日も安心して生きて、健やかに成長していくためには、ご飯を食べさせたり、勉強を教えたり、ぱっと思いつくそれら以外にも、必要なことが無数にあります。たとえば、子どもが学校に間に合うように起こしてあげること。「宿題やった?」と一言声をかけてあげること。お風呂に入れること。歯磨きのチェックをすること。頑張りを褒めてあげること。心細さに寄り添うこと。本当にたくさんあるのに、いかんせん、それらには名前がついていないのです。

だから、子どものお父さんやお母さんがどうしようもない事情で生きていくのに大変になったとき(これは誰にでも起こり得ることです)つい、この子どもに必要な「名もなきケア」は、後回しになったり、手薄になったりしてしまいます。

PIECESの取組がなぜ社会に必要かというと、子育てに欠かせないこの「名もなきケア」を、困難を抱えた親たちと一緒になって担ってくれるからです。実は私自身も、PIECESの活動を通してこの「名もなきケア」の重要性を認識し、そしていかにこのサポートが得られにくいかに気付かされました。

一見豊かに見えるこの日本で、ひとり親家庭における子どもの貧困率は約50%ともいわれ、苦しい環境に置かれている子どもは、決して少なくないのです。だからこそ、今よりもっと子育ての協力が得やすい社会になるといいと思います。そしてそのためにも、PIECESの取り組みがより多くの人に知られ、広まっていくことを、強く願っています。


◆ 紫原 明子 氏


エッセイスト。
個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。
エッセイ『家族無計画』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)を好評連載中。

ブログ 「手の中で膨らむ」

紫原さんの紡ぐ言葉に触れられる媒体がいくつかあるのですが、その一部はこちら。是非ご覧ください。https://toyokeizai.net/list/author/%E7%B4%AB%E5%8E...
https://croissant-online.jp/life/68229/


皆さまからの応援の声を受け、プロジェクト終了まで走り抜けていきたいと思っていますので、引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!

日本から「子どもの孤立」をなくしたい!
子どもと寄り添う優しい大人の育成プログラムを全国に展開します!
https://a-port.asahi.com/projects/PIECES_2019/


#子どもSDGs #広がれPIECES

    寄付型
  • 支援者

    269

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    2,621,143

    (達成) 目標金額:1,500,000

  • 達成率174%

    FUNDED!

2019年05月31日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

認定NPO法人PIECES

子どもも大人も、誰もが尊厳を持ち、平和に ... 向かっていける社会をめざして。
すべての子どもが権利と尊厳をもって社会に生きていくためには、子どもの育ちが、家族や専門家、行政など限られた人たちだけでなく、多様な人とのつながりの中で支えられることが必要です。
虐待をはじめとした子どもを取り巻く様々な社会課題を未然に防ぐこと。子どもが本来もっている力を発揮し、学ぶこと挑戦することにためらわずに向かっていけること。
地域や社会の多様な人を巻き込み、ヒト・モノ・コトとの関係性を数多くつくり出すことで、いわば「つながりによる子どもの育ちと学びのセーフティネット」を生み出す活動をしています。
  • 3,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 115

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 5,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 67

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 10,000

    全力応援コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行

    支援者の数 61

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 30,000

    プログラム見学コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)

    支援者の数 17

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 50,000

    プログラム見学コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)

    支援者の数 5

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 100,000

    事業説明コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明訪問
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 3

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 200,000

    事業説明コース

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明訪問
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 1

    お届け予定:2019年7月

    支援期間終了

  • 300,000

    【あなたの地域で説明会開催コース】

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明会開催
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 0

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

  • 500,000

    【あなたの地域で説明会開催コース】

    リターン

      ◎お礼メール
      ◎寄付金控除用の領収書発行
      ◎茨城での育成プログラム見学
      (希望者のみ・交通費は別途負担ください)
      ◎代表小澤いぶきによる事業説明会開催
      (日程は後日相談・都内以外は交通費は別途ご負担ください)

    支援者の数 0

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする