知的障がい者スポーツの世界大会 日本選手団54人の派遣費を援助し、応援したい!

世界大会レポート2

  • Vol.16
  • 2017年03月23日 13時50分

ただいま、現地時間3月23日午前5時です。大会も残すところあと2日になりました。前回のレポート後、9人のゴールドメダリストはじめたくさんのメダリストが誕生しています。金メダリストの紹介を含め、情報を入手している範囲で種目ごとに報告します。

アルペンスキー
女子大回転で福岡の弓削まりこさんが金メダルを獲得しました。全部で8人のメダリストが生まれています。雪の状況がよくなく、かなりアイシーな状況で頑張っています。

クロスカントリースキー
川本麻衣さんが5kに続いて7.5kでも金メダルを獲得した他、3人のメダリストが誕生しています。こちらも雪の状況が悪い中、ワックスが1つの大きな鍵を握る中、地元のスポーツ店の支援を受けて、ワクシングに成功したと聞いています。地元の協力に感謝です。

スノーボート
福岡の橋本さんの4連覇に勢いづいたスノーボートチームからは新たに2人の金メダリストはじめ新たに4人のメダリストが誕生しました。こちらも悪コンディションの中頑張っています。新潟の小関都さんと長野の田中まさとさんが金メダルを獲得しました。


スノーシューインぐ
100mに続いて、200mでもたくさんのメダリストが誕生しました。3人の金メダリストが誕生しました。200mの金メダリストは、兵庫の木村真耶加さん、長野の工藤恵さん、熊本の吉田彩さんです。今日は男女のリレーの決勝があります。まだ、メダルを獲得していないアスリートがいるので、ぜひ頑張って欲しいです。

ショートトラックスピードスケート
神奈川の小山紗百合さんが222mで金メダルを獲得した他、4人のメダリストが誕生しています。

フィギュアスケート
兵庫の室田花菜さんが金メダルを獲得しました。

フロアホッケー
予選では1勝2敗2引き分けと強豪相手に苦戦が続いていたようですが、応援団の大声援を受けて、プレイオフで頑張っているようです。



  • 支援者

    122

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    938,500

    (達成) 目標金額:700,000

  • 達成率134%

    FUNDED!

2017年03月13日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

堤 優太

熊本大学の学生です。大学4年間の中で様々 ... なボランティア活動に取り組み、その中でスペシャルオリンピックスに出会い、さらに障がいのある人たちの芸術とスポーツの活動を支援するArts and Sports for Everyone(ASE)の仲間に入り、熊本地震後は、障がいのある人たちと避難所を訪ねて、一緒にコンサートをしたり、仮設団地を訪問し、障がい者スポーツであるボッチャを被災された方々と一緒に楽しんだりといった復興支援活動を行っています。
  • 1,000

    お礼のメール

    リターン

      ●お礼のメールをお送りします。

    支援者の数 29

    支援期間終了

  • 3,000

    応援フラッグへの記名

    リターン

      ●お礼のメールをお送りします。
      ●応援フラッグにお名前を書いて、オーストリアに持参します。ある意味、競技会場で一緒に応援することが出来ます。
      (写真はナショナルゲーム新潟2016の時の応援フラッグです。)

    支援者の数 52

    支援期間終了

  • 10,000

    大会動画特製DVDとWG日本選手団ピンバッジ

    リターン

      ●お礼のメールをお送りします。
      ●応援フラッグにお名前を書いて、オーストリアに持参します。ある意味、競技会場で一緒に応援することが出来ます。
      ●大会の様子やアスリートの声を収録した動画および写真をDVDに収めたものをお送りします。
      ●この大会に向け日本選手団で作ったオリジナルピンバッジ(水引きをモチーフにして、MUSUBIと名付けられています)

    支援者の数 33

    お届け予定:2017年5月

    支援期間終了

  • 残り7枚

    30,000

    大会グッズ(Tシャツ)

    リターン

      ●お礼のメールをお送りします。
      ●応援フラッグにお名前を書いて、オーストリアに持参します。ある意味、競技会場で一緒に応援することが出来ます。
      ●大会の様子やアスリートの声を収録した動画および写真をDVDに収めたものをお送りします。
      ●この大会に向け日本選手団で作ったオリジナルピンバッジ(水引きをモチーフにして、MUSUBIと名付けられています)
      ●WGオリジナルTシャツ(写真は背面の柄です)

    支援者の数 3

    お届け予定:2017年5月

    支援期間終了

  • SOLD OUT

    50,000

    大会グッズ(ジャケット)

    リターン

      ●お礼のメールをお送りします。
      ●応援フラッグにお名前を書いて、オーストリアに持参します。ある意味、競技会場で一緒に応援することが出来ます。
      ●大会の様子やアスリートの声を収録した動画および写真をDVDに収めたものをお送りします。
      ●この大会に向け日本選手団で作ったオリジナルピンバッジ(水引きをモチーフにして、MUSUBIと名付けられています)
      ●WGオリジナルTシャツ(写真は背面の柄です)
      ●WGオリジナルジャケット

    支援者の数 5

    お届け予定:2017年5月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする