貧困層の私たちにもできること!フィリピンから日本へ、太鼓の音色にのせて「想い」を伝えたい!

公開終了まで残り1週間!!

  • Vol.6
  • 2020年02月05日 12時11分

プロジェクト起案者の松本です。

公開終了まで残り1週間となりました。

今回はDAREDEMO HERO代表の順子さんからのメッセージをお伝えします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

DAREDEMO HERO代表の内山順子です。
この度は、インターンIKKIの挑戦を、そして子どもたちに夢の実現のためにご支援、ご協力いただき誠にありがとうございます。

3年前に初めて、セブの子どもたちに本物の和太鼓を聞かせてあげたいという想いで、同じくクラウドファンディングを立ち上げ、何とか想いを実現することができました。
その際に、改めてGOCOOのメンバー1人1人の温かい心、私の想いを実現するために協力してくださったたくさんの人々の愛、そしてGOCOOの演奏を聞いて、目をキラキラと輝かせる子どもたちの純粋さに触れました。そして、今自分がここセブにいることは偶然ではなく、ここに「生かされている」と強く感じさせる瞬間でした。

無謀な挑戦をあらゆる面でサポートしてくださった、当時の盆踊り大会委員長
長年のセブでの経験を優しく私に教えてくださった、元日本人会会長櫻井絹恵様
いつも太っ腹にご支援くださる、QQ ENGLISHオーナー藤岡頼光様
細かな部分までサポートしてくださった、盆踊り実行委員の皆様
ご支援くださった日本の友人、DAREDEMO HEROのご支援者様

チャリティーとしてセブでの演奏を快く受け入れてくださったKaoly様はじめGOCOOの皆様
楽器のことなど何も分からない私に、親切丁寧にたくさんのことを教えてくださった、マネージャーの和多野愛様
GOCOOと私に出会いの機会をくださったDidgeridoo Koichiro様
ステージを一緒に盛り上げてくれた、火付け盗賊の皆様

最高の演奏ができるようにと、会場づくりに協力してくれた現地スタッフ
会場でGOCOOの音と一体になって楽しんでくれた全ての人々
炎天下の中、夢中で和太鼓を演奏してくれた、貧困地区の子どもたち

そして、GOCOOの音と想いに共鳴し、今回のプロジェクトを提案してくれたDAREDEMO KIDS

3年前のきせきは、本当に多くの方々の想いが一つになって、実現したものでした。だからこそ、子どもたちの目に、耳に、心に焼き付いて離れなかったのだと思います。だからこそ、子どもたちは、この音に自分たちの想いをのせたいと提案してくれたのだと思います。

この3年間、子どもたちは大きく成長しました。その成長の過程には、乗り越えることが非常に困難な苦難もたくさんありました。しかし、子どもたちはいつも笑顔で前向きに1日1日を過ごしています。
あこがれの国である日本で、孤独に悩み、苦しんでいる人がいるという事実は、子どもたちにとって大きな衝撃だったようです。これまで「助けられる側」だった自分たちが「人のために役立てる人間」に成長しようとしています。

フィリピンでは、幼稚園や小学校のコンテストですら、票がお金で買えてしまいます。それが当たり前なのです。そんな中で成長した子どもたちは、簡単に「お金がなければ何もできない」と思ってしまいます。しかし子どもたちに「お金がない事」を、何かを諦める理由にはしてほしくないのです。
実際に私自身、3年前の演奏の際、お金が足りずに諦めかけていました。しかし、たくさんの方々があらゆる方面で協力をしてくれ、あの素晴らしい瞬間を生み出すことができました。

この感動を、ぜひ次世代のインターンIKKIに、そしてDAREDEMO KIDSに体験してほしいと思っています。

何かを強く願えば、周囲の心を動かすことができるということ。
最後まで諦めず、もがき続けることで見える新しい景色。

たくさんに人の支えられて、生かされていることの喜び。

それらをIKKIが、DAREDEMO KIDSが体験することで、その感動を、人間の持つ無限の可能性を、より多くの人々に伝えることができます。それらがGOCOOの音の波紋のように、会場中に、フィリピン中に、世界中に広まれば、きっとたくさんの人がもっともっとHAPPYに過ごせる世の中になるのではないかと思っています。

残りあとわずかです。皆さんのご支援で、子どもたちに新たな世界を見せることができます。子どもたちはその感動を、生涯たくさんの人々に伝えていくはずです。子どもたちの新たな成長のために、ご支援よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


貧困層の私たちにもできること!フィリピンから日本へ、太鼓の音色にのせて「想い」を伝えたい!

公開期間:1月10日~2月11日

目標金額:150万円

https://a-port.asahi.com/projects/bonodori/

  • 支援者

    131

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    1,804,000

    (達成) 目標金額:1,500,000

  • 達成率120%

    FUNDED!

2020年02月11日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

松本一紀

初めまして。トビタテ留学Japanに合格 ... し、貧困層への教育支援を行うDAREDEMO HEROでインターンをしている松本一紀です。将来、私は教育者になりたいと考えており、どのような教育者になりたいのかを模索していました。そして不登校の子どもたちが通うフリースクールという場所に出会いました。そこで私は子どもたちに対して何もすることができませんでした。自分の無力さを痛感した私は彼らのように日本で悩み苦しんでいる子どもたちに寄り添う教育者になりたいと思いました。そんな中、貧困の子どもたちに対して教育支援を行っている団体があることを知った私はそのような団体で多くの事を学びたいと考え、今に至ります。
  • 3,000

    お礼のメール、「盆踊りフェスティバル」の動画

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画

    支援者の数 42

    支援期間終了

  • 5,000

    お礼のメール、「盆踊りフェスティバル」の動画、演奏動画特別版

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版

    支援者の数 24

    支援期間終了

  • 10,000

    舞台で名前公開、演奏動画特別版

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開

    支援者の数 47

    支援期間終了

  • 30,000

    子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもたちからのThank you letterかGOCOOからのThank you 動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 8

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

  • 50,000

    子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。
      ・子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

  • 100,000

    子供たちのアルバムかGOCOOのサイン入りバチ

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。
      ・子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます・
      ・子どもたちのアルバム(練習風景や当日のようす)かGOCOOのサイン入りバチ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする