貧困層の私たちにもできること!フィリピンから日本へ、太鼓の音色にのせて「想い」を伝えたい!

公開終了まで残り4日!!

  • Vol.8
  • 2020年02月07日 20時07分

プロジェクト起案者の松本です。

公開終了まで残り4日となりました。

公開終了まで残り7日に来てからたくさんの方に支援していただき100万円を突破、そして目標金額達成率75%も突破することができました。

今回はDAREDEMO HEROで支援しているジャネットのメッセージをお伝えします。


左から3番目がジャネットです。

ジャネットは、6名のDAREDEMO KIDSと一緒に、セブ最高峰の私立学校サンカルロス大学付属シニアハイスクールに通っています。
この学校にはセブの富裕層の子女たちがたくさん通っており、クラスメートは家庭でも英語を話し、幼少期から私立の学校に通う生徒がほとんどです。

そんな中で、ジャネットは全く違った環境で育ちました。

ジャネットの家は、高級住宅街の中にあります。住人しか入ることが許されない、その一角には24時間セキュリティーガードがおり、ほとんどの家に家政婦やドライバーが常駐しています。

それだけを聞くと、ジャネットもそのような生活をしているように思われるかもしれませんが、勿論違います。ジャネットは、そのような富裕層の家が立ち並ぶ奥地に立つ、高圧鉄塔の下に住んでいます。
鉄塔にはドクロのマークと「Danger(危険)」という標識が大きく貼られています。日本で言えば立ち入り禁止区域です。


ジャネットの家庭は非常に複雑で、父親には他の家族がおり、母親は家族を支えるために海外に出稼ぎに出ています。母親からの仕送りが遅れると、数日間食事もとれないことがありました。

小さなころから、身近に貧富の差と、世の中の理不尽さを感じて成長したジャネットですが、彼女の笑顔からは、そのような背景はみじんも感じることができません。

彼女には夢があります。

いつも鉄塔の上を飛ぶ飛行機を眺めて、いつかあの飛行機に乗って、たくさんのものを見て見たい!たくさんの人に出会いたい!と願い続けてきました。
そして、今彼女はキャビンアテンダントになるために、一生懸命英語と日本語の勉強をしています。いつか夢を叶え、世界中を旅して、その経験を海外に行けない自分のような貧困層の子どもたちに伝えたい。そして、母親に変わって自分を育ててくれたおばあちゃん、海外で一生懸命働いてくれているお母さんに、少しでもいい暮らしをさせてあげたいと願っています。

そんな彼女が、太鼓の音にのせて伝えたいメッセージはこちらです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。私の名前はジャネットです。

私は18歳ですが、これまで多くの困難を経験してきました。

大きくなるにつれて気づいたことがあります。

それは、困難な人生において避けて通れない道であるということです。

それに立ち向かうか諦めるかは自分次第です。

ただ、それに立ち向かって進み続ける理由がたくさんあります。

その理由のためにも毎日、自分自身を向上させなければならないと思います。

頑張る理由を信じて進みましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、約120万円を達成することができています。残り4日間で30万円を集めなければいけません。

引き続きご協力をよろしくお願いいたします。



貧困層の私たちにもできること!フィリピンから日本へ、太鼓の音色にのせて「想い」を伝えたい!

公開期間:1月10日~2月11日

目標金額:150万円

https://a-port.asahi.com/projects/bonodori/


  • 支援者

    131

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    1,804,000

    (達成) 目標金額:1,500,000

  • 達成率120%

    FUNDED!

2020年02月11日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

松本一紀

初めまして。トビタテ留学Japanに合格 ... し、貧困層への教育支援を行うDAREDEMO HEROでインターンをしている松本一紀です。将来、私は教育者になりたいと考えており、どのような教育者になりたいのかを模索していました。そして不登校の子どもたちが通うフリースクールという場所に出会いました。そこで私は子どもたちに対して何もすることができませんでした。自分の無力さを痛感した私は彼らのように日本で悩み苦しんでいる子どもたちに寄り添う教育者になりたいと思いました。そんな中、貧困の子どもたちに対して教育支援を行っている団体があることを知った私はそのような団体で多くの事を学びたいと考え、今に至ります。
  • 3,000

    お礼のメール、「盆踊りフェスティバル」の動画

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画

    支援者の数 42

    支援期間終了

  • 5,000

    お礼のメール、「盆踊りフェスティバル」の動画、演奏動画特別版

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版

    支援者の数 24

    支援期間終了

  • 10,000

    舞台で名前公開、演奏動画特別版

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開

    支援者の数 47

    支援期間終了

  • 30,000

    子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもたちからのThank you letterかGOCOOからのThank you 動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 8

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

  • 50,000

    子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。
      ・子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

  • 100,000

    子供たちのアルバムかGOCOOのサイン入りバチ

    リターン

      ・お礼のメール
      ・「盆踊りフェスティバル」の動画
      ・演奏動画特別版
      ・舞台で名前公開
      ・子どもからのThank you letterかGOCOOからの動画
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。
      ・子どもたちからの寄せ書きかGOCOOと「盆踊りフェスティバル」のコラボTシャツ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます・
      ・子どもたちのアルバム(練習風景や当日のようす)かGOCOOのサイン入りバチ
      *ご支援者様でどちらかご自由にお選びいただくことができます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2020年8月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする