• ストリートチルドレンを考える会
  • SDGs

コロナ危機に苦しむメキシコシティとマニラの子どもたちに居場所と食事を!

8月分の食費支援金、各5万円を送金しました!

  • Vol.4
  • 2020年08月03日 18時16分

プロジェクトは、みなさんのご協力のおかげで、残り2ヶ月と少しとなった現在までに、目標額の5割を超えるところまできました。そんな中、マニラとメキシコシティでは、依然としてコロナとの厳しい闘いが続いています。私たちが支援する2団体は、スタッフの感染リスクを減らす努力をしながら、子どもたちがきちんと食事をし、安心して過ごせるよう、活動を継続しています。その闘いを支えるために、私たちは7月29日、プロジェクト完了に先行して、8月分の支援金、各5万円を、それぞれの団体に届けました。


メキシコシティの保育所『オリン・シワツィン』には、現在25人の子どもたちが通っています。コロナ下でも働きに出ないわけにはいかない親たちは、子どもを預ける場所がないと、大きな問題を抱えるからです。「親たちの中には、9歳、10歳の子どもに幼い弟妹の面倒をみるように伝えて働きに出て、子どもの泣き声を聞いた近所の人に虐待を疑われ、役所に親権を剥奪されそうになった人がいましたから」と、代表のディアナさん。そうした事態を避けるためにも、保健所の指示に従い、きちんと衛生管理をした上で活動を続けるということです。
 私たちの会が、このプロジェクトを始める前、6月頭に送金した5万円で子どもたちの食費が足りているか?と質問したところ、「メニューを野菜メインにし、肉類をあまり使わないことで、うまく切り盛りしてきたから大丈夫。でも、8月から一ヶ月5万円の予算があれば、鶏肉なども使えます」と話してくれました。「みなさんが私たちのためにしてくださっている努力に、心から感謝しています!」というのが、ディアナさんからのメッセージです。



マニラの『カンルンガン・サ・エルマ・ミニストリー』では、現在、これまで続けていた路上での食事配給を一時休止し、デイセンターで調理した食事とスラムのお母さんたちに食材を渡して料理してもらった食事を、支援対象の子どもたちがいるスラム地域で週二回、配っています。路上での配給を休止したのは、政府がコロナ感染予防のために隔離した路上生活者の一部が、陽性反応が出たにもかかわらず収容所を抜け出し路上に戻ったという情報があり、感染の危険を避けるためにやむを得ないからだそうです。
 とはいえ、貧困家庭がまともな収入を得ることができない現実は変わらず、代表のソルさんによると、「ウィルマール(ソーシャルワーカー)の携帯には頻繁に、食べるものがない、と助けを求めるメッセージが入ってくる」ため、子どもたちがデイセンターに来られるようになるまで、できる限り、スラムやまた路上での食事の配給を続けていきたいということです。ソルさんからは、「みなさんが私たちを信頼し、パートナーとして目的と使命のために応援し続けてくださっていることに、本当に感謝しています。『子ども第一』の闘いを、これからも続けましょう」というメッセージをいただきました。

  • 支援者

    72

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    546,000

    (達成) 目標金額:500,000

  • 達成率109%

    FUNDED!

2020年10月09日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

ストリートチルドレンを考える会

私たちは、世界に1億人以上いるといわれる ... ストリートチルドレンとはいったいどんな子どもたちなのか?詳しく知り身のまわりの問題と合わせて考えることで、世界中の子どもの未来を考え行動する人の輪をつくろうと活動しています。今年で27年。全員ボランティアで運営しています。毎年メキシコとフィリピンでストリートチルドレンやNGO施設に暮らす子どもたちと交流するスタディツアーを実施したり、チャリティパーティー等を行っています。毎月ニュースレター「¡Vuela !(とんでごらん)」を発行。ストリートチルドレンを支援している海外のNGO(非政府組織)を寄付や訪問、ボランティア人材の育成などを通して応援しています。
  • 3,000

    現地NGOからのメッセージ

    リターン

      ■現地NGOからのメッセージ(メール)
      ■ストリートチルドレンを考える会のニュースレターをお送りします。(PDFファイル 1部)
      ■活動報告書をお送りします。(PDFファイル)
      ※複数口でのご支援も可能です。

    支援者の数 27

    支援期間終了

  • 5,000

    現地NGOからのメッセージ

    リターン

      ■現地NGOからのメッセージ(メール)
      ■ストリートチルドレンを考える会のニュースレターをお送りします。(PDFファイル 1部)
      ■活動報告書をお送りします。(PDFファイル)
      ※複数口でのご支援も可能です。

    支援者の数 23

    支援期間終了

  • 10,000

    オンラインで子どもたちと会う

    リターン

      ■活動報告書をお送りします。(PDFファイル)
      ■ストリートチルドレンを考える会のニュースレターをお送りします。(PDFファイル 1部)
      ■ストリートチルドレンを考える会が主催するオンライン・イベントにご招待します。
      ※オンライン・イベントはビデオ通話サービスZOOMを利用予定。
      ※開催時期は9月以降を予定しております。決定次第、ZOOMへの入り方などを個別にご案内させて頂きます。

      ※複数口でのご支援も可能です。

    支援者の数 20

    支援期間終了

  • 30,000

    オンラインで子どもたちと会う

    リターン

      ■活動報告書をお送りします。(PDFファイル)
      ■ストリートチルドレンを考える会のニュースレターをお送りします。(PDFファイル 1部)

      ■ストリートチルドレンを考える会が主催するオンライン・イベントにご招待します。
      ※オンライン・イベントはビデオ通話サービスZOOMを利用予定です。
      ※開催時期は9月以降を予定しております。決定次第、ZOOMへの入り方などを個別にご案内させて頂きます。

      ■ストリートチルドレンを考える会オリジナル・ポストカード・セット
      ※ポストカードの写真はこちらで選ばせて頂きます。
      ※複数口でのご支援も可能です。

    支援者の数 2

    お届け予定:2020年10月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする