• キネマ旬報社/原一男

ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男「全仕事」に迫る単行本を出版したい

遂に、リターン詳細決定!!あの田原総一朗さんが、原一男映画を語り尽くします!

  • Vol.11
  • 2018年05月01日 12時47分

「ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男監督の全仕事に迫る本」の出版プロジェクトをいつも応援くださり、
ありがとうございます。

本プロジェクトの目玉、ここでしか、入手できない、
16ページ増の特別版、

なんと……

超大御所ジャーナリスト・田原総一朗さんが登場!
原一男映画の魅力に迫ります。

なぜ、田原総一朗さんなのか?
どのような発言が飛び出すのか?
詳細はこちらより、ご覧ください。

特集タイトル:
師匠・田原総一朗、
「過激な遺伝子を継承した愛弟子」原一男映画を語る


フーテン、連赤、空飛ぶ円盤。
マリリン・モンロー、カルメン・マキ、永山則夫、山下洋輔。
60年代半ばから70年終わりにかけて
TVドキュメンタリスト・田原総一朗は
時の話題・事件・人々を題材に、挑発的な番組を数々演出していた。
一視聴者としてその田原の手法に魅入られていたのが、原一男青年だったのだ。

ある日、原の住んでいたアパートの電話が鳴った。
受話器の向こうから聴こえてきたのは、あの田原総一朗の声。
ドキュメンタリー青春シリーズの一本
『私は現在を歌う~藤圭子 6月の風景』(70)。
原が当時付き合っていた武田美由紀が、藤圭子へのインタビュアーとして、
出演依頼されたのだ。
この時、原青年ははじめて「撮影現場」に立ち会った。


さらに、武田との間に子どもが生まれて三カ月後のこと。
ふたたび田原から電話がかかってきた。
今度は金曜スペシャル『日本の花嫁』(71)への出演依頼である。
この番組で原と武田、そして生まれたばかりの赤ちゃんの三人は、
全国の若い男女を取材して回ることになる。
インタビュアーとして、田原と共に撮影する側に回った原の中にこの時、
映像への興味がフツフツと湧きはじめていた――。
そして――武田との生活が破綻しかけ、小林佐智子(現・原夫人、疾走プロダクション代表)との
危うい三角関係がつづく中で原は、8ミリカメラを廻し始める。
それが処女作『さようならCP』を、そして次作『極私的エロス・恋歌1974』にも
つながっていったのだ。

鬼才・原一男をドキュメンタリーの世界に誘った男・田原総一朗がいま、
原一男映画のすべて語る!

対談の全文がご覧頂ける、特別版は、
10000円コース、20000円コース、30000円コースのご支援にて、入手頂けます。

ご支援お待ちしております。




  • 支援者

    46

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    950,000

    目標金額:1,000,000

  • 達成率95%

    FUNDED!

2018年05月10日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

キネマ旬報社/原一男

【株式会社キネマ旬報社】
2019年に ... 創刊100周年を迎える映画雑誌「キネマ旬報」を発刊する出版社。2018年に第91回を迎える「キネマ旬報ベスト・テン」の主催社でもある。

【原 一男】
ドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』や『全身小説家』など、日本国内のみならず、世界中の映画賞を多数受賞し、本場アメリカのアカデミー賞の会員に選ばれるなど、国際的にも評価の高いドキュメンタリー映画監督。
  • 1,000

    支援者様限定!活動報告配信

    リターン

      支援者様限定の活動報告を配信いたします。

    支援者の数 1

    支援期間終了

  • 3,000

    原一男直筆サイン入り本<通常版(全128ページ予定)>+オリジナル・ポストカード

    リターン

      ●原一男、直筆サイン入り本<通常版>
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※3/10に一般発売される<通常版>に、原一男監督が直筆でサインいたします。
      ※ポストカードは本プロジェクトのために作成したオリジナルです。市販の予定はございませんので、この機会にご支援よろしくお願い致します。
      ※本の完成後に、サインを致しますので、発送は3/10以降、順次の発送となります。予めご了承下さい。

    支援者の数 9

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 10,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 34

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 20,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×2冊他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×2冊
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード×2セット
      ●支援者様限定!活動報告配信
      事+支援者様のお名前掲載)
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 30,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×3冊他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×3冊
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード×3セット
      ●【支援者様限定】活動報告配信
      事+支援者様のお名前掲載)
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 300,000

    お好きな場所で!原一男と観る『ゆきゆきて、神軍』。トークショー付き出張上映会

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●支援者様の希望の場所に、原一男監督が出張し『ゆきゆきて、神軍』を一緒に鑑賞。鑑賞後、トークショーを行います。(上映約120分、トークショー約60分を予定しております)
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※トークショー付上映会には、30万円一口につき、何名ご参加されても構いません。
      ※上映会の「会場」「上映機材(モニター、プレイヤー等)」「原一男監督および上映スタッフなど、3名分の交通費」は支援金額とは別途、支援者様にてご用意お願い致します。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

  • 500,000

    原一男があなたを撮影いたします

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●写真家でもある原一男監督が、あなたを撮影いたします
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※スケジュールは、2018年4月以降で要調整とさせて頂きます。
      ※スタジオは、都内を予定しております。
      ※支援者様のスタジオまでの交通費等の撮影以外の費用は、支援金額とは別途支援者様ご自身のご負担となります。
      ※個人の支援者様、法人の支援者様問わず、お申込みを受け付けております。

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる