• キネマ旬報社/原一男

ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男「全仕事」に迫る単行本を出版したい

リターン追加情報2!原監督の奥さんで、全作品のプロデューサー小林佐智子氏登場決定!

  • Vol.12
  • 2018年05月07日 15時51分

「ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男監督の全仕事に迫る本」の出版プロジェクトをいつも応援くださり、

ありがとうございます。

本プロジェクトの目玉、ここでしか、入手できない、

16ページ増の特別版、

原一男監督夫人にして「疾走プロダクション」代表・小林佐智子プロデューサーへのインタビュー掲載が決定しました!

特集タイトル「もう一つの疾走の軌跡」


初めて“走れた”時の、ういういしい感動を忘れない。それまで私は走ったことがなかった。走れるなんて考えてもみなかった。ある日、原一男と歩いていた渋谷の街で、いつのまにか私は走っていた。心臓がドキドキと高鳴り、頬が真っ赤に紅潮した。私、走ったんだ、見てよ、原君、私走ってるんだ! その時、本当に世界は変貌した。体がガラガラ壊れてゆき、私は渋谷を吹き抜ける風になった。

(『思想の科学』1974年12月号、『タブーこそを撃て!』に再録)

走りたい、駆け抜けたい――この想いをそのままぶつけることで、原一男と小林佐智子の映画は作られていった。

映画を作りたい!作ろう!!

アルチュール・ランボーに憧れ、メルロ・ポンティの著作を読み耽っていた若者は、そう強く想いを抱いて上京する。

『さようならCP』で

自身障害を持つ小林は、CP(脳性麻痺)者の横田弘に激しく感情移入する。

横田の本棚には、柳田邦男全集が並んでいた。

自分と同じ、障害を持ち文学を愛する横田が、車椅子を降りて街を膝で歩く。

その姿に小林は、傷だらけの肉体言語を見た。

田中美津と共にウーマン・リブ運動の中心にいた武田美由紀は、「家族」から解放されたあらたな共同体を模索していた。その激しさに惹かれ『極私的エロス』をはじめた小林は、たとえば夫の暴力から逃げだしてきた女性を無言で抱きしめる。武田の優しさを知ってもいた。

理路整然と自らの主張を綴った『ヤマザキ、天皇を撃て!』、そして支離滅裂かつ長大な『田中角栄を殺すために記す』。そこに大きな矛盾を感じた時、小林は奥崎で『ゆきゆきて、神軍』を撮ることを決める。そして奥崎の妻・シズミさんが語る、まだ使命に目覚める以前の愛妻家・奥崎のエピソード。

原一男のカメラの傍らから見た、もう一つの疾走の軌跡がここにある。

小林佐智子プロデューサーへのインタビュー全文がご覧頂ける特別版は、

10000円コース、20000円コース、30000円コースのご支援にて、入手頂けます。

ご支援お待ちしております。金額:10000円 締切日:2018年5月10日(木)23:59

  • 支援者

    46

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    950,000

    目標金額:1,000,000

  • 達成率95%

    FUNDED!

2018年05月10日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

キネマ旬報社/原一男

【株式会社キネマ旬報社】
2019年に ... 創刊100周年を迎える映画雑誌「キネマ旬報」を発刊する出版社。2018年に第91回を迎える「キネマ旬報ベスト・テン」の主催社でもある。

【原 一男】
ドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』や『全身小説家』など、日本国内のみならず、世界中の映画賞を多数受賞し、本場アメリカのアカデミー賞の会員に選ばれるなど、国際的にも評価の高いドキュメンタリー映画監督。
  • 1,000

    支援者様限定!活動報告配信

    リターン

      支援者様限定の活動報告を配信いたします。

    支援者の数 1

    支援期間終了

  • 3,000

    原一男直筆サイン入り本<通常版(全128ページ予定)>+オリジナル・ポストカード

    リターン

      ●原一男、直筆サイン入り本<通常版>
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※3/10に一般発売される<通常版>に、原一男監督が直筆でサインいたします。
      ※ポストカードは本プロジェクトのために作成したオリジナルです。市販の予定はございませんので、この機会にご支援よろしくお願い致します。
      ※本の完成後に、サインを致しますので、発送は3/10以降、順次の発送となります。予めご了承下さい。

    支援者の数 9

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 10,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 34

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 20,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×2冊他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×2冊
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード×2セット
      ●支援者様限定!活動報告配信
      事+支援者様のお名前掲載)
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 30,000

    原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×3冊他

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●原一男、直筆サイン入り本<特別編集版(全134ページ予定)>×3冊
      ●本プロジェクトオリジナル・ポストカード×3セット
      ●【支援者様限定】活動報告配信
      事+支援者様のお名前掲載)
      ※特別編集版:通常版+16ページ(追加記事+支援者様のお名前掲載)
      ※一般発売される<通常版>に16ページを加えた<特別編集版>に、支援者様のお名前をご確認後、印刷、原一男監督が直筆でサインを致しますので、2018年5月以降順次発送となります。
      ※<特別編集版>、ポストカード共に本プロジェクトオリジナルとなり、市販の予定はございません。この機会にご支援よろしくお願いします

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年6月

    支援期間終了

  • 300,000

    お好きな場所で!原一男と観る『ゆきゆきて、神軍』。トークショー付き出張上映会

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●支援者様の希望の場所に、原一男監督が出張し『ゆきゆきて、神軍』を一緒に鑑賞。鑑賞後、トークショーを行います。(上映約120分、トークショー約60分を予定しております)
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※トークショー付上映会には、30万円一口につき、何名ご参加されても構いません。
      ※上映会の「会場」「上映機材(モニター、プレイヤー等)」「原一男監督および上映スタッフなど、3名分の交通費」は支援金額とは別途、支援者様にてご用意お願い致します。

    支援者の数 0

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

  • 500,000

    原一男があなたを撮影いたします

    リターン

      【本プロジェクト限定!】
      ●写真家でもある原一男監督が、あなたを撮影いたします
      ●支援者様限定!活動報告配信
      ※スケジュールは、2018年4月以降で要調整とさせて頂きます。
      ※スタジオは、都内を予定しております。
      ※支援者様のスタジオまでの交通費等の撮影以外の費用は、支援金額とは別途支援者様ご自身のご負担となります。
      ※個人の支援者様、法人の支援者様問わず、お申込みを受け付けております。

    支援者の数 1

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる