「1,000匹の絆プロジェクト」犬猫共生施設の実現への道

保健所犬猫応援団のはじまり。東京電力原発事故がもたらしたもの②

  • Vol.21
  • 2021年10月04日 09時46分

「原発事故で窮地に陥り、死を考えるほどに困窮しました。しかし、人は自分で道を開く可能性はどこかに必ず残されています。しかし、犬猫は保健所に収容されてしまえば、新たな飼い主が現れない限り、その命は、どんなに泣き叫んでも奪われてしまいます」

我が家の愛犬「保健所犬ジャック」は2007年11月に、保健所から我が家に養子としてやって来ました。

昔から、保健所(シェルター)から、愛犬を迎えたいと思ってはいましたが、30年ほど前に、一緒に働いていたアメリカ人の友人から、当時、訳あってブリーダーからの愛犬を飼っていた私に、「Ken、駄目だよ、愛犬を家族に迎えるのはシェルターからだよ。アメリカでは当たり前だよ!」と。当時、ちょうど活躍していた友達なら当たり前のアルシンドに若干似ていた友人の言葉が胸に突き刺さりました「友達なら当たり前…」活動を始めて調べて見ると、確かにアメリカでは、シェルター「殺処分がある施設で、日本の保健所や愛護センターに当たる」から、犬を家族に迎える事が60%以上と正に当り前の状況、そんなベースも有って、アメリカでは数々の州で生体販売禁止の法律も成立しています。

家族に愛犬を迎える時は、保健所からとは思っていましたが、目的の一番は家族、その関わりからも、子供たちに最終判断は任せていました。ペットショップ巡り、数々の専門書を見て、犬種の様々な特性を調べて、夢も広げたにも関わらず、私に押し付けられた訳でもなく、保健所からの命の選択をしてくれました。親としても誇らしくもこの上ない忘れることの出来ない思い出となりました。

本犬のジャックですが、たまたまなのか、唯一保健所に収容されていた一匹でした。真っ黒な幼犬、直ぐに私には懐いてくれ、小さな頃も今も忘れる事は出来ません。我が家に来て、いろいろな冒険もしました。逃亡癖もありましたが、それはみんな一緒かなぁとは思いますが、必ず戻りました。(家の中での放し飼い、三世帯同居でしたので、どうしても、年寄りの隙を付きます)圧巻だったのは、逃亡後、必死に探しに行くと、近くの幼稚園の園庭で園児たち全員に囲まれてのかけっこ、ジャックはもちろんですが、みんなが大はしゃぎ…保育士さんには申し訳ありませんでしたが、ジャックには親(私)から離れて、一人でお出掛けした冒険として素晴らしい思い出になったのではと思います。(実際にはいけない事とは思います)

震災前は海に行ったり、イベントに参加したりと様々な経験もさせて上げる事が出来ました。正に家族の中心でした。

震災で苦境に入ると、あまり、良いことはして上げる事は出来ませんでしたが、常に一緒に居てくれるジャックは心の支えでもあり、保健所犬と云う希望でした。

経済的なダメージは、私の精神も大きく蝕みました。ここで命を絶てばどんなに楽か…。妻や子供たちは、何とかなる…。ただ、家を奪われ時、ジャックは…、

風潮は、犬猫は飼い主の責任、歳をとって飼い主が亡くなっても、破産や経済的なことで、飼う事が出来なくなったとしても、それは全部、飼い主の責任、社会が命のフォローなんて鼻からもしていない現実… 是が非でも生き続け、逆境を乗り切る為の礎になりました。


しかし、世の中には

「殺処分は、心無い飼い主の無責任な飼育放棄のせい…」

同様に、様々な状況で、犬猫を手放す人はいます。原発事故の様に、電気を使う訳でもなく、何らかの恩恵を受けていた訳でもなく、それでいて補償や賠償すら受ける事も出来ない、関係の無い他から降り注いぐ災難の場合だって必ずあります。身を以て味わった地獄だからこそ、どんな原因だったとしても、飼い主の属性に限らず、犬猫の命を繋ぐ社会を心から願います。そして、目指します。


ある日、ジャックの前で妻に、病気になっても病院には行かないでそのまま逝くよと冗談半分、実は本気で話しをしていました。

そして、ジャックが体調崩しました。様子を見ていましたが、2日目に、前日の散歩が嘘のように、散歩にも行けずに具合が悪そうに。ジャックを目前に、「明日、病院に行こう」ジャックが、振り向いて話が違うだろとも言いたげなびっくりした目を見せました。確かに治療費が頭に浮かびましたが、そんなものには変えられない「仕事、早目に切り上げて帰る」ジャックが玄関で見送ってくれました。が、不思議な雰囲気を醸し出していました。仕事から帰ると既に、ジャックは息を引き取っていました。朝出がけの時も調子が悪そうでも、苦しそうなそぶりは見せていなかったジャック。穏やかな顔で眠るように亡くなっていました。実は私もその時点でコップに入った水の様に、情けない話ですが、もう少し、そのコップに水が注ぎこまれたら、水が溢れだす精神状態。

ジャックが察したように思えてなりません。

ジャックが亡くなって、間もなく東電の賠償が決まりました。もしかするとジャックのお蔭…。

ジャックが我が家に来た時に、周辺の家で、座敷犬と呼ばれる犬以外は、ほとんどが室外飼いでした。ジャックは最初から室内飼い、ベッドも一緒、あっという間に、周辺でも室内飼いが当り前に。ジャックが関係しているかどうかはわかりませんが。

ジャックは家族にとってかけがえのない存在でした。12才、もっと長生きして欲しかった。

ジャックの想いは、きっと、自分よりも、「私が生きて、犬猫の仲間たちの命を繋ぐこと」だと判断し託したのだと信じています。

ジャックは保健所犬猫応援団の紛れもない団長です。


ジャックは保健所のゲージに収容されていました。犬はおらず、猫が数匹、不思議なのは、猫っぽいところがあって、もちろん、ドッグランなどでは他の犬と仲良く遊んでいましたが、家の前を散歩する犬には吠えても、猫には全く吠えない。毎日、寝る前は必ず猫の様に毛繕いをする犬でした。外でよく「綺麗なワンちゃんね」と言われましたが、自分で綺麗にしていました。

ジャックが我が家に来た時に、周辺の家で、座敷犬と呼ばれる犬以外は、ほとんどが室外飼いでした。ジャックは最初から室内飼い、ベッドも一緒、あっという間に、周辺でも室内飼いが当り前に。ジャックが関係しているかどうかはわかりませんが。

やはり愛犬愛猫が亡くなって、自分の仔で本当に良かったのか?幸せだったのか?と自責の念にも近い想いを持たれる方も多いと思います。私もとても強く感じた一人です。亡くなってしまえば何もして上げる事は出来ない…。ペットロスはペットの事を忘れた方が良いという方もいらっしゃいますが、でも、唯一出来る事は、いつまでも忘れずに思い続けて上げる事、ペットでは無い大切な家族なのですから。

そのアイノカタチがモニュメントでした。

先日、生前も良く訪れた猪苗代湖に一緒に行ってきました。コロナ過が収まったら、もっと色々なところに、一緒に訪れてみたいと思います。

ジャック、いつまでも一緒だよ!

拙い文章ではございましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次回、どうして保健所犬猫応援団の活動が必要なのか?クラウドファンディングについて、ご説明させていただけましたら幸いです。

保健所犬猫応援団 君島 健


  • 支援者

    582

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    7,943,000

    目標金額:10,000,000

    (達成) 第一目標金額:3,000,000

  • 達成率264%

    FUNDED!

2020年09月06日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

保健所犬猫応援団

私たちは保健所に収容された犬猫の譲渡促進 ... の告知啓蒙をすることで、殺処分ゼロを目指し、一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り合える事を願い活動を行っています。また、特に譲渡の難しい犬猫や老犬、老猫などの保護、人が犬猫と共存し、同時に農産物や工芸品の生産を行い資金的に自主運営可能な施設の開設を目指しています。
  • 3,000

    全力応援コース①

    リターン

      ご提供するリターンが少ない分、頂いたご支援金全てをプロジェクトへの寄付へ充てさせて頂きます。

      ●寄付先の動物保護団体からお礼メッセージ
      ●活動報告の配信

    支援者の数 146

    支援期間終了

  • 3,000

    保健所犬猫応援団オリジナルカレンダー贈呈コース

    リターン

      こちらのリターンへのご支援金は、カレンダー製作費を除いた全額が動物保護団体へと寄付されます。

      ●2021保健所犬猫応援団カレンダー
      絵:水彩画家azumi moritaさん

      ※支援申込の際、寄付を希望される保護団体様をご選択ください。

    支援者の数 25

    お届け予定:2020年11月

    支援期間終了

  • 5,000

    全力応援応援コース②

    リターン

      ご提供するリターンが少ない分、頂いたご支援金全てをプロジェクトへの寄付へ充てさせて頂きます。

      ●寄付先の動物保護団体からお礼メッセージ
      ●活動報告の配信

    支援者の数 109

    支援期間終了

  • 8,000

    保健所犬猫応援団オリジナルカレンダー贈呈コース【2枚】

    リターン

      こちらのリターンへのご支援金は、カレンダー製作費を除いた全額が動物保護団体へと寄付されます。

      ●お礼メッセージ
      ●2021保健所犬猫応援団カレンダー2枚
      絵:水彩画家azumi moritaさん

      ※支援申込の際、寄付を希望される保護団体様をご選択ください。

    支援者の数 8

    お届け予定:2020年11月

    支援期間終了

  • 10,000

    全力応援コース③

    リターン

      ご提供するリターンが少ない分、頂いたご支援金全てをプロジェクトへの寄付へ充てさせて頂きます。

      ●寄付先の動物保護団体からお礼メッセージ
      ●活動報告の配信

    支援者の数 200

    支援期間終了

  • 30,000

    【犬猫フィギュア】ライフモニュメント製作コース【1体】

    リターン

      こちらのリターンへのご支援金は「共生施設開設」のための準備金へと充てさせて頂きます。

      ●オリジナルライフモニュメント(サイズ:約12cm~15cm)
      ●専用天然木台座(12cm ×15cm)

      ※素材/ 石膏(紙粘土)
      ​水彩、アクリル絵の具にて塗装の後に、定着剤で仕上げます。
      ※サイズは、ホーズなどにより前後します。

      ※支援申込の際、質問事項にご回答ください。
      ※モニュメント製作に関するお打ち合わせは、【プロジェクト終了後】とさせて頂きます。
      ご支援頂いた方には終了後、順次メールにてご対応させて頂きますので、大変恐縮ですがご案内までお待ち頂けますと幸いです。

    支援者の数 77

    お届け予定:2021年2月

    支援期間終了

  • 60,000

    【犬猫フィギュア】ライフモニュメント製作コース【2体】

    リターン

      こちらのリターンへのご支援金は「共生施設開設」のための準備金へと充てさせて頂きます。
      2体分の製作になるため、お友達やご家族へのプレゼントにも最適です!

      ●オリジナルライフモニュメント2体(1体分サイズ:約12cm~15cm)
      ●専用天然木台座(12cm ×15cm)

      ※素材/ 石膏(紙粘土)
      ​水彩、アクリル絵の具にて塗装の後に、定着剤で仕上げます。
      ※サイズは、ホーズなどにより前後します。


      ※支援申込の際、質問事項にご回答ください。
      ※モニュメント製作に関するお打ち合わせは、【プロジェクト終了後】とさせて頂きます。
      ご支援頂いた方には終了後、順次メールにてご対応させて頂きますので、大変恐縮ですがご案内までお待ち頂けますと幸いです。

    支援者の数 4

    お届け予定:2021年2月

    支援期間終了

  • 100,000

    犬猫共生施設へのお名前掲示コース

    リターン

      ●お礼メッセージ
      ●犬猫共生施設内に、支援者様としてお名前を掲示させて頂きます

      ※目標金額に達しなかった場合、施設開設のための費用を全て公的な保護施設、動物保護団体への寄付へと充当致します。
      そのため、施設ではなく「HPへのお名前掲示」へ変更となりますのでご了承ください。
      ※支援申込の際、希望される表示名をご記載ください。

    支援者の数 13

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする