近藤勇・坂本龍馬・土方歳三・西郷隆盛 手ぬぐいで、武士の魂、日本の心を表現したい

坂本龍馬の愛刀「土州吉行」完成しました!

  • Vol.6
  • 2016年08月12日 23時16分

高知取材を終え、様々な皆様にご協力をいただきながら、
坂本龍馬と刀について情報を収集してまいりました。

龍馬絶命時の愛刀として描くのは、坂本家に伝わる「陸奥守吉行」です。
これは、亡くなる前年に実兄である権平に宛てた手紙の中でこの刀を譲ってくれるよう強請っています。
「此頃願上度事ハ古人も在レ云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。何卒御ぼしめしニ相叶あいかない候品、何なり共被レ遣候得バ、死候時もなお御側ニ在レ之候おもひ在レ之候。何卒御願申上候。
古くから、国難に望む際には家宝の甲冑や刀を分け与えるといわれます。お願いを聞いていただければ、死ぬ時にも側に置いておきます。というような内容です。

龍馬は重大事に当たって、心の支えとして家宝の吉行を望んだのですね。
暗殺されるときにも、この刀で鞘ごと敵の一撃を受け止めましたが、鞘に刺さった刀を横に薙ぎられ、頭を斬られてしまいました。
当時の遺留品を見ると、さすがは北辰一刀流の免状を持つ龍馬です。しっかりと刃(やいば)で受け止めていました。
龍馬の免状は、京都国立博物館にあります。恐らく、今年10月から開催される「坂本龍馬展」で見ることができるでしょう。
(京博・10/15〜11/27。長崎歴博・12/17〜2/5日。東博・2014年4/29〜6/18。静岡市美術館・7月1日〜8/27日 予定)
もちろん、龍馬の吉行もこの展覧会で見ることができます。

朝日新聞の免状の記事
http://www.asahi.com/articles/ASHC75FXNHC7PLZB00R....


襲ったのは、見廻組肝煎、桂早之助ともされており、早之助が使ったと思われる脇差「越後守包貞(えちごのかみ・かねさだ・偽銘)」は、京都・霊山博物館で展示されています。
こちらは錆び錆びな状態です。色々な考え方から研げないのでしょうが、刀としては可哀想な感じです。

http://www.ryozen-museum.or.jp/docs/ABOUT-04_ippin...


さて、龍馬の吉行が京博で本物と断定されたニュースをみました。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6276W4J62PLZB01Z....
これは、坂本家のご子孫がお持ちだったのですが、火事で焼けてしまったために、真贋がわからなかったそうなのです。
なぜかと申しますと、これが日本刀とは思えない程の直刀(真っ直ぐの刀)だったためです。
幕末は直刀が愛されるのですが、それでも全く反りのないものはありません。
しかし、これは火事で焼けたために反りが失われたのだそうです。
そして、写真を見ると刃文も直刃(すぐは:真っ直ぐの刃文)でした。

そのため、最初は直刃で描き始めたわけです。

直刃にしたのは、もう一つ理由がありました。兄・権平の佩刀で、龍馬が江戸に剣術修行に出る際に持参した「筑前左行秀」を、
高知取材で間近に観察する機会をいただきました。その行秀が直刃だったからです。

ところが、吉行は土佐藩お抱えの刀鍛冶で、丁字(ちょうじ)の刃文を得意とした、という解説を龍馬記念館の記事で読み、
京博に問い合わせてみましたら、「龍馬展のパンフレット」に刃文について書かれていると教えていただきました。
それを見ると、「丁字の跡がある」と書かれていました。

と、いうことで、刃文を丁字に変更した次第です。

こんな感じです。



ちなみに、刃文のイメージは坂本龍馬記念館で展示されている吉行(龍馬の佩刀ではない)から取りました。
拵え(こしらえ:鞘や柄などの外装)は、渋めに黒漆にし、坂本家の家紋を入れました。
鯉口は、ちょっとヨーロッパデザインを意識して、朱漆に。龍馬が交易を夢見た気持ちを表してみました。



いかがでしょうか?



刃文はボブディランの「風に吹かれて」がよく似合うのではないかと思いました。
https://www.youtube.com/watch?v=aqd1yRDnik0



地色は日本の伝統色「錆青磁(さびせいじ)」を選びました。
龍馬が新たな日本を夢見たことから、若葉のような緑がいいなぁと思い、
緑色の中から、「錆びた政治を、掃除したく候」といった言葉遊びで。






昨年のニュースですが、高知の坂本龍馬記念館で、龍馬が特に愛したという脇差しが公開されたことがあります。
http://www.asahi.com/articles/ASH9K7G16H9KPLPB00Y....
朝日新聞のビデオ記事があります。
非常に派手な刃文です。そして「五大力菩薩」という文字と樋が入れられています。きっと、厚くて重い脇差しなのではないか?と想像します。

龍馬もまた、近藤勇や土方歳三と同じように、日本刀に詳しく、かつ、凝っており、よく刀を交換していたそうです。
新撰組は実用のため、戦闘に使って欠けたりすると、その都度研ぎに出しますので、複数の刀を持っていましたが、
龍馬はめったに刀は抜きませんでした。

理由は、機会が無かったこともありますが、拳銃(アメリカのスミス&ウエッソン制リボルバー)を持っていたことが有名です。
龍馬の拳銃は飾りではありません。池田屋でも2発撃っていますし、その後、両用&新婚旅行で訪れた薩摩でもよく鳥を撃っていたようで、
その腕前は百発百中だったそうです。
つまり、剣と同様にしっかり実用として稽古していたのです。

海外の情報や武器に詳しい龍馬ですから、これからの時代、実戦は刀ではなく銃だとよく分かっていたのでしょうね。
しかし、返す返すも残念ながら、急に刀で襲われたら拳銃で受けるわけにはいかなかったのですね。


次ぎは、西郷隆盛です。
取材はこれからですが、実は西郷隆盛にはほとんど刀に関する逸話がありません。
佩刀の中から名工の「城州(大和国)信國」を選んではいますが、はてさてどんな繋がりが見つけられますやら。


  • 支援者

    109

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    655,800

    (達成) 目標金額:480,000

  • 達成率136%

    FUNDED!

2016年10月10日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

入谷のわき

合同会社 入谷のわきは 和文化発信計画会 ... 社です。

わたしたちは江戸から絵本まで、日本文化を様々なアイデアとかたちで国内外に発信していきます。

これまでの事業は、作家・善養寺ススムの作るコンテンツ
『江戸の用語事典』『江戸の町とくらし図鑑』などの書籍の編集サポート、PR、キャラクター利用の他、
絵本『うさぎのディディエ』、『サンタマトリョーシカ』『人魚姫』など、人形とのコラボ商品の企画。
東北道「鬼平サービスエリア」などの商品パッケージデザインや、四ッ谷・消防博物館の江戸時代の展示イラストなどを行って来ました。
  • 1,200

    HPでの支援者リストへの記載

    リターン

      手ぬぐいはいらないが、支援をしていだたけるお客様に。

      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、支援者リストへの記載

    支援者の数 2

    お届け予定:2016年11月

    支援期間終了

  • 残り348枚

    2,500

    お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい1振とカード全種類

    リターン

      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい1振り(1枚)
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、支援者リストへの記載
      (予価:3,456円の品)

      注)ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 50

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り63枚

    4,600

    【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい2振りとカード全種類

    リターン

      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい2種1振りずつ(合計2枚)
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、支援者リストへの記載
      (予価:6,912円の品)

      注)ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 37

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • SOLD OUT

    9,000

    【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい全種とカード全種類

    リターン

      *【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい全種各1振りずつ(合計4枚)
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、支援者リストへの記載

      注)イメージ画像の手ぬぐいの色は【武州虎徹】以外は仮です。実際の地色の設定は、活動報告及びFacebookなどで発表いたします。
      (予価:13,824円の品)

    支援者の数 10

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り34枚

    16,000

    【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町になる権利

    リターン

      (クラウドファンディング専用商品)
      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町として、初回生産の商品に「銘」を入れる権利。
      *銘を入れた刀てぬぐい1振り(1枚)
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *善養寺著書『江戸の人物事典』1冊
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、【谷町】リストへの記載

      注)「銘」は最大6文字まで。あなたのお名前やニックネームなどを入れられます。使える文字は漢字と片仮名、平仮名、アルファベットです。色やフォントは各手ぬぐいによって決まっています。
       ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 6

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り40枚

    28,000

    【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい”2振り”の谷町になる権利

    リターン

      (クラウドファンディング専用商品)
      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町として、初回生産の商品に「銘」を入れる権利。
      *銘を入れた刀てぬぐい2振り(合計2枚)
      *善養寺著書『江戸の人物事典』『江戸の女子図鑑』各1冊
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの、【谷町】リストへの記載

      注)「銘」は最大6文字まで。あなたのお名前やニックネームなどを入れられます。使える文字は漢字と片仮名、平仮名、アルファベットです。色やフォントは各手ぬぐいによって決まっています。
       ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 0

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り17枚

    31,000

    額装+【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町になる権利

    リターン

      (クラウドファンディング専用商品)
      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町として、初回生産の商品に「銘」を入れる権利。
      *谷町になった刀てぬぐい1振りを、特注の黒レザー調の額装でお届け。
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの【谷町】リストへの記載

      注)「銘」は最大6文字まで。あなたのお名前やニックネームなどを入れられます。使える文字は漢字と片仮名、平仮名、アルファベットです。色やフォントは各手ぬぐいによって決まっています。
       ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 3

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り4枚

    60,000

    額装+【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい"2振り"の谷町になる

    リターン

      (クラウドファンディング専用商品)
      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐい2振りの谷町として銘を入れる権利。
      *谷町になった刀てぬぐい2振りを、特注の黒レザー調の額装でお届け。
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各1枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの【谷町】リストへの記載

      注)「銘」は最大6文字まで。あなたのお名前やニックネームなどを入れられます。使える文字は漢字と片仮名、平仮名、アルファベットです。色やフォントは各手ぬぐいによって決まっています。
       ご希望の種類はサイト内メールにて後日お尋ねいたします。

    支援者の数 1

    お届け予定:2016年12月

    支援期間終了

  • 残り5枚

    150,000

    【独占谷町】になる+50枚

    リターン

      武道にスポーツに企業に、チームで活動される方へおすすめです。

      *お好きな【幕末志士の愛刀】刀てぬぐいの谷町として銘入れ(最大10名)。
      *限定生産した50枚をお届け(通常販売には用いません)。
      *【刀てぬぐい大判ポストカード】4種各10枚
      *支援者限定の活動報告配信
      *当社HPでの【谷町】リストへの記載
      (予価:194,400円の品)

      注)ご希望の詳細はメールにてお伺いいたします。

    支援者の数 0

    お届け予定:2017年1月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる