NO NUKES「核はいらない」プロジェクト

活動報告

  • Vol.10
  • 2018年08月04日 14時52分

「ビキニ事件は終わっていない」
8月2日、ビキニ核被災国家賠償訴訟の不当判決を受け、原告29名が高松高裁に控訴することを記者会見で明らかにしました。(写真添付)
7月20日のビキニ核被災国家賠償訴訟の判決は「国が被ばく線量などを記した資料を故意に隠した」とする主張を認めず、原告らの損害賠償請求権を却下する不当判決であり「国が故意に隠し続けてきたことに対する事実誤認がある」とし控訴するものです。
同時に、地裁判決は、アメリカの水爆実験によって被ばくした事実を認定し、被災者の救済の必要性について「立法府及び政府による一層の検討に期待するほかない」としました。国・県などの具体的支援策を求めながら核兵器禁止条約の批准を求めていく運動と連動して新たに取り組む決意です

  • 支援者

    53

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    422,000

    目標金額:2,000,000

  • 達成率21%

    FUNDED!

2018年09月20日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

岡村啓佐

1951年生まれ67歳。伯父が広島での被 ... 爆者で、戦後平和運動に参加し核兵器廃絶と高知県原爆被爆者の会で長年被爆者の救済活動をしてきました。当時、まだ22歳でしたが伯父の活動を身近で学ぶことになります。1999年には写真集『高知の被爆者 ーヒロシマ・ナガサキそしてビキニ』を発刊。高知県内の他、広島平和記念館で写真展開催。その後写真展では「731部隊と高知」「沖縄戦と高知」「フクシマの今」「ビキニの海は忘れない」展と開催し「戦争と核被害」について問題提起してきました。
家族は妻と二人。4人の孫たちの未来のためにと頑張っています。
  • 3,000

    写真集『NO NUKES』を進呈

    リターン

      ①支援への感謝のメッセージ
      ②写真集に「支援者」欄に表記されているお名前(ニックネーム可)を掲載
      ③写真集『NO NUKES』をサイン入りで進呈

    支援者の数 21

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

  • 5,000

    写真集『NO NUKES 』+『新核兵器を禁止するー条約が世界を変える』進呈

    リターン

      ①支援への感謝のメッセージ
      ②写真集に「支援者」欄に表記されているお名前(ニックネーム可)を掲載
      ③写真集『NO NUKES』をサイン入りで進呈
      ④『新核兵器を禁止するー条約が世界を変える』(岩波出版)

    支援者の数 16

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

  • 10,000

    写真集『NO NUKES』と『マンガ入門殺人ロボットがやってくる!?』進呈

    リターン

      ①支援への感謝のメッセージ
      ②写真集に「支援者」欄に表記されているお名前(ニックネーム可)を掲載
      ③写真集『NO NUKES』をサイン入りで進呈
      ④『マンガ入門殺人ロボットがやってくる!?』(合同出版)を進呈
      ⑤『ビキニ核被災ノート』(太平洋核被災支援センター)を進呈

    支援者の数 9

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

  • 20,000

    写真集「NO NUKES』と『マンガ入門殺人ロボットがやってくる!?』+DVD

    リターン

      ①支援への感謝のメッセージ
      ②写真集に「支援者」欄に表記されているお名前(ニックネーム可)を掲載
      ③写真集『NO NUKES』をサイン入りで進呈
      ④『マンガ入門殺人ロボットがやってくる!?』(合同出版)を進呈
      ⑤ドキュメンタリー映画『ビキニの海は忘れない』(62分)ナレーション吉永小百合さんのDVD進呈

    支援者の数 7

    お届け予定:2018年12月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる