• SDGs「誰ひとり取り残さない」小論文コンテスト実行委員会
  • SDGs

若者の「誰ひとり取り残さない」声を多くの人に届けたい ~ SDGs「誰ひとり取り残さない」小論文コンテスト~

いよいよ募集を開始します

  • Vol.1
  • 2021年04月15日 20時26分

ご支援大変ありがとうございます。
連絡がなかなかできておりませんが、皆様からいただいたご支援、お金もそうですが、気持ちも含めて間違いなくうけとめております。
コンテストを通じて、また応募者のSDGs活動を通じて、有効に使わせていただくとともに、それらの若者と支援いただいた皆さんをつなぐ機会を作っていきたいと思います。皆さんからの若者への一方的な支援でなく、若者の小論文や活動が皆さんで響くことも期待しています。

いよいよ4月17日(土)から6月30日を締め切りとして、小論文の募集を開始することになりました。

募集要項は17日に発表しますが、25歳以下の若者を対象にして1000-2000文字の小論文または作文を募集します。また、(入賞するしないにかからわず)応募者の申請により、SDGs活動支援も行う予定で、単にコンテストにとらわれない、継続的な活動を考えています。

募集開始にあたって、下記のようにオープニングイベントを予定しています。

土曜日の午前中ですがお時間があればご参加いただければうれしいです。
また、参加されない場合も17日以降にこちらに募集要項最新版がアップされます。
お知り合いに応募をおすすめいただければうれしいです。
https://nogezaka-glocal.com/dh2/




SDGs誰ひとり取り残さない小論文コンテスト オープニングイベント概要



日時:2021年4月17日(土)午前10時-11時半 (終了後、希望者で交流会)
申込方法:https://forms.gle/vTwz7X935RkTDktYA



プログラム:
・小論文コンテストの経緯説明、募集要項の発表
・昨年のコンテストを振り返り&今年のコンテストで思うこと 松尾慎教授(東京女子大学)
・SDGsシンガーソングライター JICA職員の野吾菜穂子さんによるエール
審査員の先生方によるご自身の活動紹介や今回のコンテストへの期
・実行委員によるの自己紹介、期待など
・その他



詳細:https://nogezaka-glocal.com/2021/04/07/sro/

  • 支援者

    122

  • 残り期間

    17

  • 集まっている金額

    781,100

    (達成) 目標金額:700,000

  • 達成率111%

    111%

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2021年06月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

起案者

実行者イメージ

SDGs「誰ひとり取り残さない」小論文コンテスト実行委員会

野毛坂グローカルはSDGsの基本理念「誰 ... ひとり取り残さない」を大切にしながら、日本国内および途上国で共生社会をつくる活動をする団体です。
本プロジェクトは高校生、大学生などを中心とした23名の実行委員により実施されます。
  • 1,000

    お名前をホームページに記載(匿名可)

    リターン

      ●ホームページへのお名前の掲載(匿名可)
      (なおオンラインでの表彰式へ参加いただけます)

    支援者の数 37

  • 3,000

    お名前をホームページ/冊子に記載(匿名可)

    リターン

      ●ホームページへのお名前の掲載(匿名可)
      ●冊子はPDF and/or 紙媒体となります
      (なおオンラインでの表彰式へ参加いただけます)

    支援者の数 61

  • 10,000

    お名前をホームページ/冊子に記載(匿名可)+表彰式への招待

    リターン

      ●ホームページへのお名前の掲載(匿名可)
      ●冊子はPDF and/or 紙媒体となります
      ●(会場での)表彰式への招待
      ※会場は東京または横浜を予定しています。
       新型コロナウィルス感染症の状況によってオンラインとなる場合があります。

    支援者の数 18

  • 50,000

    特別賞の選考+お名前をホームページ/冊子に記載(匿名可)+表彰式への招待

    リターン

      ●大賞を除く入賞作の中から特別賞を選考していただきます。特別賞には任意の名前を付けることが可能です(例:「○○特別賞」「〇〇株式会社特別賞」など。)
      (特別賞に選考していただいた応募者には2万円の副賞を差し上げます)

      ●ホームページへのお名前の掲載(匿名可)
      ●冊子はPDF and/or 紙媒体となります
      ●冊子を郵送させていただきます
      ●(会場での)表彰式への招待
      ※会場は東京または横浜を予定しています。
       新型コロナウィルス感染症の状況によってオンラインとなる場合があります。

    支援者の数 6

    お届け予定:2021年10月

このプロジェクトをシェアする

プロジェクトをはじめる