瀬戸内の天日干し下津井わかめとジーンズの町児島を全国に、瀬戸内の魅力発信プロジェクト

返礼品の準備、着々と

  • Vol.3
  • 2019年06月16日 17時16分

下津井ロゴ入りデニムバックが出来上がりました。

下津井在住のデニムデザイナー「堀内陽平」さんが、デザイン・製作してくれました。デニム生地は、児島のジーンズメーカー「ナイスコーポレーション」の井筒さんが無償提供してくれました。

起案者、余傳吉恵は、高度経済成長期に一度消えた下津井わかめ、かけがえのない郷土の歴史を何とかこの下津井から、発信したくこのプロジェクトを立ち上げました。おかげさまで、多くの皆様の温かいご支援がいただき大変うれしく思っています。

このプロジェクトは、「北前船」と「児島の繊維産業」が、日本遺産に登録されたことを記念し行っております。この機会に、北前船がもたらした大いなる郷土の経済・文化の発展の歴史、北前船発端となって芽吹いた児島の繊維産業のこれからを北前船の寄港地であるこの下津井から、全国の皆さんに発信したいと思っています。

今や少子高齢化で待ったなしの状況の下津井も、この地ならではの観光資源を活用し、多くの仲間と手を取り合って、みんなが行きたくなるような魅力ある観光地に生まれ変わろうとしています。これをご縁にぜひ、下津井にお越し頂ければ、本望でございます。その日まで、下津井へと熱い思いを抱く仲間と共により魅力的な町づくりへと日々努力し続けることを皆さんにお誓いいたします。

何分、障碍者施設の方々との協調作業ですので、しばらく時間がかかりますが、よろしくご理解の程 お願い申し上げます。

この度は、本当にご支援ありがとうございました。

                児島・下津井の伝統をつなげたいプロジェクト 代表 余傳吉恵


  • 支援者

    73

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    509,000

    (達成) 目標金額:500,000

  • 達成率101%

    FUNDED!

2019年05月31日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

株式会社 吉又商店

昭和初期より海産物問屋を営んでいた「吉又 ... 商店」は、昭和49年の石油流出事故以来、下津井わかめの消滅と共に廃業においこまれました。それから40数年たった今、自然の力と人々の努力で瀬戸内の海は見事蘇りました。しかし、漁獲量は激減し、町は寂れる一方です。私は、8年前教員を早期退職し、下津井わかめの復活に後の人生を賭けることにしました。漁師さんを収入面で支えたい、人々の努力と下津井沖の環境のおかげで良質の海藻は、地域のお宝となりうると信じる。この資源を活用して、昔ながらの人情と豊かな自然に恵まれた町下津井を若者に魅力を感じてもらえる町にしたい。地域の人と一緒に夢の持てる下津井にしたいと日々奮闘中です。
  • 3,000

    お礼メッセージとふりかけわかめ1点

    リターン

      お礼メッセージとふりかけわかめ1点

    支援者の数 14

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

  • 4,000

    お礼メッセージとふりかけわかめ、あおさ、ひじき、いりこなどの詰め合わせ1箱

    リターン

      お礼メッセージと小袋ふりかけわかめとあおさ、ひじき、いりこ、わかめの中からいずれか2品をデニムバックに入れ1袋

    支援者の数 16

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

  • 6,000

    お礼メッセージと下津井海苔わかめセット1箱、ふりかけわかめ、あおさ、ひじき、わかめ、いりこの詰め合わせ1箱

    リターン

      お礼メッセージと下津井海苔わかめセット1箱、小袋ふりかけわかめとあおさ、ひじき、いりこ、わかめの中からいずれか2品をデニムバックに入れ1袋

    支援者の数 43

    お届け予定:2019年6月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする