南極観測船初代「しらせ」が宇宙船に!? 日本初の模擬宇宙生活施設を作りたい!

「しらせ」を訪問

  • Vol.6
  • 2018年12月14日 17時01分

「宇宙」を探す。

 日本で最初の模擬火星実験をぜったいに実現する。そのイメージをもっとふくらませようと、舞台となる旧南極観測船「しらせ」を訪れました。

 実験中、「宇宙船の船室」としてクルーが暮らすことになる場所は、かつて観測隊員が寝泊まりした居住区。2段ベッドが置かれた部屋が並びます。トイレはリフォームされている分、正直ちょっと宇宙っぽさはありません。ただこの区画に窓はなく、天気はもちろん、時計がなければいまが夜なのか昼なのかもわかりません。実験が始まったらこの区画から外に出ることはよほどの緊急時をのぞいて許されません。プライベートもほぼなしの2週間。相当きつそうだな……と実感しました。

船外活動(EVA)実験を行う場所の下見もしました。ハッチをくぐり、真っ暗な階下に降りていきます。この船は2008年に退役し、いまは自走することはできません。かつて南極観測隊を25回も運び、分厚い氷を割って進んだ3万馬力のエンジンが、暗闇に眠っています。

客船ではなく自衛艦なので、階段の角度もかなり急です。通路も狭く、それだけで緊張感が高まります。

船なので、ところどころに浸水時に閉鎖するハッチがあります。宇宙での船内外の気圧差は通常1気圧ですが、船の場合、水深10mで1気圧。船は水中の気密性という面では宇宙船に負けずと劣らない性能を有しています。

船倉に降りると、物は何もなく、がらんとした空洞が広がります。長年人があまり立ち入っていないせいか、床の塗装がめくれがり、歩くとぱりぱりと音を立てます。なんだか人類未踏の地に来た気分です。

 本来はここで宇宙船の船外活動を想定した訓練をする予定でしたが、なにもないし、船外活動というよりは、なんだか火星に着いてしまったような印象です。代表の村上もそれを感じたようで、ちょっと悩んでいました。そして「一応、機関室も見ますか」とさらに奥へと進むことになりました。

やってきたのは第3機械室、通称「3キ」。天井がかなり高く、電気関係の様々な機械がところせましと並んでいます。ここも通常は非公開のエリア。照明もついていなかったせいで、真っ暗闇にうっすらと無機質な機械類が浮かび上がります。おお、まさしくこれは宇宙を漂う宇宙船じゃないか!

実験中ここは宇宙空間になるため、模擬宇宙服を着なければならないエリアです。視界は限られ、遊離防止のために自分の体を常にハーネスで確保し続けなければなりません。模擬実験とはいえ、ちょっと本格的すぎる状況です。実験であろうとなかろうと事故が起きてはいけません。さすがに村上の表情も真剣です。無数の機械に囲まれながら、実験のイメージをしているようです。しばらく無言で周囲を見渡す村上でしたが、ついに、この古い船の片隅に「宇宙」を見つけたようでした。

  • 支援者

    73

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    1,712,000

    (達成) 目標金額:1,500,000

  • 達成率114%

    FUNDED!

2019年02月28日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

特定非営利活動法人 フィールドアシスタント

命を預かるという住まいの原点が試される極 ... 地。そんな厳しい環境にこそ、美しい暮らし方がある。設立代表者の村上祐資はそう信じて、極地の暮らしを踏査し続けてきました。
宇宙や極地は私たちの力を試す場所ではなく、足らなさを知り、受け入れ、向き合うことを学ぶ場所です。統べるのではなく、周囲の世界との繋がりを通して自らを知る。数年のうちに火星に到達するのではなく、宇宙の視点から永く地に足をつけた暮らしを考える。そんな活動が現代に求められているのではないでしょうか。私たち特定非営利活動法人フィールドアシスタントは、そんな村上の思いを広く市民の方と共有したいとの考えから発足した団体です。
  • 3,000

    【全力応援コース!心より感謝いたします】

    リターン

      3000円の支援してくれた方にお礼メール、活動報告をお送りします。

    支援者の数 18

    支援期間終了

  • 10,000

    【リターン追加】SHIRASE 船上報告会にご招待!

    リターン

      10000円の支援をしていただいた方にお礼メール、活動報告の他に、5月末頃の開催を予定しているSHIRASE船上での活動報告会(※)ご招待券1枚を差し上げます。

      こちらのコースはリターン費用がかからない分、いただいたご支援をすべてプロジェクトのために活用させていただきます。心より感謝申し上げます。
      ※ 活動報告会の詳細は追ってご連絡差し上げます。

    支援者の数 13

    支援期間終了

  • 30,000

    【リターン追加】SHIRASE 船上報告会にご招待!(代表・村上 が極地で撮影した写真パネルを贈呈)

    リターン

      30000円の支援をしていただいた方にお礼メール、活動報告の他に、5月末頃の開催を予定しているSHIRASE船上での活動報告会(※1)ご招待券1枚を差し上げます。

      さらに代表・村上が極地で撮影したお好きな写真パネル1枚を活動報告会場にて贈呈いたします(※2 ※3)。

      ※1 活動報告会の詳細は追ってご連絡差し上げます。
      ※2 お好きな写真を選び、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。またご希望の方には、サインと記念撮影を報告会当日に会場にてさせていただきます。
      ※3 パネルサイズは460×305mmとなります。写真は高光沢のクリスタルペーパーにプリントします。

    支援者の数 3

    支援期間終了

  • 5,000

    公式タブロイド紙「native#0」

    リターン

      5000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告の他に、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊を差し上げます。

    支援者の数 10

    お届け予定:2019年4月

    支援期間終了

  • 残り90枚

    10,000

    SHIRASE EXP. 公式ワッペン

    リターン

      10000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告の他に、SHIRASE EXP. 公式ワッペン1枚と公式タブロイド紙「native#0」1冊を差し上げます。

    支援者の数 10

    お届け予定:2019年4月

    支援期間終了

  • 残り192枚

    20,000

    SHIRASE EXP. 公式Tシャツ

    リターン

      20000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊の他に、SHIRASE EXP. オリジナルTシャツ(※)1枚を差し上げます。

      ※サイズS/M/L/XL(POLEWARDS製)サイズは、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。
      ご記載がなかった場合、Mサイズをお送りします。

    支援者の数 8

    お届け予定:2019年4月

    支援期間終了

  • 残り16枚

    20,000

    SHIRASE EXP. 公式キャップ

    リターン

      20000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊の他に、SHIRASE EXP. 公式キャップ(※)1個を差し上げます。

      ※画像はイメージです。フリーサイズ(POLEWARDS製)

    支援者の数 4

    お届け予定:2019年4月

    支援期間終了

  • 残り48枚

    50,000

    SHIRASE EXP. 公式グッズ【三点セット】

    リターン

      50000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊の他に、SHIRASE EXP. 公式ワッペン1枚、公式キャップ(※1)1個、オリジナルTシャツ(※2)1枚を差し上げます。

      ※1 画像はイメージです、フリーサイズ(POLEWARDS製)
      ※2 サイズS/M/L/XL(POLEWARDS製)サイズは、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください
      ご記載がなかった場合、Mサイズをお送りします。

    支援者の数 2

    お届け予定:2019年4月

    支援期間終了

  • 残り14枚

    100,000

    【限定15名様】クルーとお揃いの「公式Tシャツ&キャップ」を 着用して、SHIRASE 管制室へ!

    リターン

      100000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊の他に、SHIRASE EXP. 公式ワッペン1枚、公式キャップ(※1)1個、オリジナルTシャツ(※2)1枚、実験期間中のSHIRASE EXP. 艦内管制司令室ご招待券(※3)1枚を差し上げます。

      ※1 フリーサイズ(POLEWARDS製)オリジナルキャップのデザインは変わることがあります。
      ※2 サイズS/M/L/XL(POLEWARDS製)サイズは、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。ご記載がなかった場合、Mサイズをお送りします。オリジナルTシャツのデザインは変わることがあります。
      ※3 日程は、3月2日もしくは3日の午前10時開始を予定しています。ご希望日を別途支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。交通費は各自でご負担ください

    支援者の数 2

    お届け予定:2019年3月

    支援期間終了

  • 残り3枚

    200,000

    【限定5名様】クルーとお揃いの「公式ジャケット&キャップ」 を着用して、SHIRASE 管制室へ!

    リターン

      200000円の支援をしていただいた方には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊の他に、SHIRASE EXP. 公式ワッペン1枚、SHIRASE EXP. 公式キャップ1個(※1)、CREW公式ジャケット1着(※2)、実験期間中のSHIRASE EXP. 艦内官制司令室ご招待券1枚(※3)を差し上げます。

      ※1 フリーサイズ(POLEWARDS製)オリジナルキャップのデザインは変わることがあります。
      ※2 サイズM/L(POLEWARDS製)サイズは、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。ご記載がなかった場合、Mサイズをお送りします。オリジナルTシャツのデザインは変わることがあります。
      ※3 日程は、3月2日もしくは3日の午前10時開始を予定しています。ご希望日を別途支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。交通費は各自でご負担ください

    支援者の数 2

    お届け予定:2019年3月

    支援期間終了

  • 残り1枚

    300,000

    【特別サポーター(企業様向け・限定2枠)】特別支援者として お名前をHP&公式ジャケットに掲載。SHIRASE 管制室と船上 報告会にご招待!(代表・村上が極地で撮影した写真パネルを贈 呈)

    リターン

      300000円の支援をしていただいた企業様には、お礼メールと活動報告、FIELD assistant・公式タブロイド紙「native #0」1冊をお送りさせて頂きます。他に、特別サポーターとして、オフィシャルホームページに企業様ロゴの掲載、公式ウェアに企業ロゴブランディングをさせて頂きます(※1)。
      村上が極地で撮影したお好きな写真パネル1枚を活動報告会場にて贈呈いたします(※2 ※3)
      実験期間中のSHIRASE EXP. 艦内官制司令室ご招待券1枚(※4)を差し上げます。
      5月末頃の開催を予定しているSHIRASE船上での活動報告会(※5)ご招待券1枚を差し上げます。

      ※1 詳細については別途ご相談させて頂きます。オフィシャルホームページへの掲載期間は1年間です。
      出来る限り1月31日までにお申し込み下さい。それ以降のお申し込みは、掲載が間に合わない可能性があります。またロゴデータ、ワッペンは貴社でご用意ください。
      ※2 お好きな写真を選び、支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。またご希望の方には、サインと記念撮影を報告会当日に会場にてさせていただきます。
      ※3 パネルサイズは460×305mmとなります。写真は高光沢のクリスタルペーパーにプリントします。
      ※4 日程は、3月2日もしくは3日の午前10時開始を予定しています。ご希望日を別途支援の最終ページにある応援コメント欄に記載してください。交通費は各自でご負担ください
      ※5 活動報告会の詳細は追ってご連絡差し上げます。

    支援者の数 1

    お届け予定:2019年3月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする