ケニアの障がい児に支援拠点となる建物を届けたい!ー笑顔あふれるコミュニティへー

応援メッセージ_ 土畠智幸さん「国を超えて、障害をもつ子どもたちの未来を考える」

  • Vol.16
  • 2021年09月03日 17時30分

                                         医療法人稲生会理事長 /シロアムの友の会事務局 土畠智幸


私は小児科医として、北海道札幌市で人工呼吸器などを必要とする子どもたちの在宅医療を行っています。

私が公文先生にお会いしたのは、シロアムの園の活動が始まった2014年の夏でした。活動の開始にあたり、公文先生の出身大学である北海道大学がある札幌に来られる予定があったのですが、その際に共通の知人である北海道大学病院新生児科の長和俊先生(長先生のメッセージ)から連絡を頂き、「ぜひ土畠先生に会ってほしい先生がいる」と公文先生をご紹介頂きました。

私も公文先生と同じ小児科医で、障害児支援に関わっており、かつ、クリスチャンということもあり、すぐにメールをさせて頂きました。札幌の宿泊先がまだ決まっていないとのことで、ぜひ拙宅にお泊り下さいと、お会いしたことも無いのに申し出たのでした。

最初にお会いする晩、公文先生は、支援者でもある歌手のさだまさしさんとコンサート後にお食事をされる予定と聞き、そのお店までお迎えにあがりました。先にお店から出ていらしたさださんに遭遇したのですが、その直後に出てこられた公文先生のインパクトの方が大きかったのを覚えています。

数日間の滞在中、私たちの医療法人稲生会の職員向けにシロアムの園での活動についての講演をして頂きました。
聴き入っている職員たちの表情を見て、「法人としても長いお付き合いになりそうだな」と思いました。訪問診療にも同行して頂き、小児在宅医療の現場も見て頂きました。車中、色々な話をしたのですが、私が「ケニアでは在宅で人工呼吸器を使うとかは医療制度上難しいということなので、日本の在宅医療を見学してもあまり役に立たないですよね」と言ったら、公文先生が「ケニアも国として発展していつか日本のように子どもたちが在宅医療を受ける日が来ます。だから、今からこういった現場を見ておくことには意味があるんです」と仰られました。「この先生は、現在のケニアの障害児の状況だけでなく、ケニアの未来まで見ておられる」と思い、深く感銘を受けたのを覚えています。

その後、有難いことに「NPO法人シロアムの友の会」の事務局を医療法人稲生会が務めることで、シロアムの園を含めたケニアの障害児支援に継続して関わることができるようになりました。

事務局を担当する者として、一度シロアムの園に伺ってみたいと思い、2020年3月にケニア訪問を予定していました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、渡航を中止せざるを得ませんでした。

いまもまだケニアに行くことは難しい状況ですが、この事態が終息した後に、シロアムの園の子どもたちに会いに行きたいと思います。

その頃には、新しい「シロアムの園」が出来ていてほしい。子どもたちがもっとのびのびと過ごせるように、いまは通うことができていないもっと多くの子どもたちも通えるように、なんとしても今回のクラウドファンディングを成功させたいと思います。

現時点で、同時並行で実施しているNPO法人シロアムの友の会(主催の『シロアムの園』の新拠点建設プロジェクト)へのご寄付と合わせて、今回の目標金額は1,500万円に近いご支援を受けておりますが、第2期工事にはさらに2,000万円、その後も第3期、第4期の工事を予定しています。シロアムの園の子どもたちのため、より多くのご支援を頂けますと幸いです。

  • 支援者

    774

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    16,216,000

    (達成) 目標金額:15,000,000

  • 達成率108%

    FUNDED!

2021年11月19日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

シロアムの園の未来をつくる応援団

私たちは、日頃から「シロアムの園」の活動 ... に賛同し、公文和子先生の活躍を通じてケニアの子どもたちの未来づくりを応援する有志のメンバーです。この度、新たに応援団を組織してシロアムの園に新しい支援拠点となる母屋の工事資金を調達するプロジェクトを立ち上げました。応援団メンバーは随時受け付け中です。活動の趣旨にご賛同いただき、応援団への加入をご希望になられる方は事務局までお申し出ください。
  • 3,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールを送ります
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・リターン郵送料等がかからない分、手数料を除いた全額を建物建設費用に使用させていただきます

    支援者の数 181

    支援期間終了

  • 5,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールを送ります
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・リターン郵送料等がかからない分、手数料を除いた全額を建物建設費用に使用させていただきます

    支援者の数 150

    支援期間終了

  • 10,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールを送ります
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・リターン郵送料等がかからない分、手数料を除いた全額を建物建設費用に使用させていただきます

    支援者の数 260

    支援期間終了

  • 30,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールをお送りします
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・リターンの郵送料がかからない分、手数料を除いた全額を建物建設費用に使用させていただきます

    支援者の数 59

    支援期間終了

  • 50,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールを送ります
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・施設内に掲示するサンクスボード(看板)にご支援者様のお名前を書かせていただきます
      ・リターン郵送料等がかからない分、手数料を除いた全額を建物建設費用に使用させていただきます

    支援者の数 81

    支援期間終了

  • 100,000

    シロアムの園を応援します!

    リターン

      ・感謝の気持ちをこめてサンクスメールを送ります
      ・公文和子・サンクス講演会へご招待します
      (オンライン開催予定、詳細は後日お知らせします)
      ・施設内に掲示するサンクスボード(看板)にご支援者様のお名前を書かせていただきます
      ・公文和子著『グッド・モーニング・トゥー・ユー!』をお贈りします

    支援者の数 43

    お届け予定:2022年7月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする