• 学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン
  • コミュニティ

世界80カ国から集まる全寮制高校の奨学金制度を継続し、若者に教育のチャンスを与えたい!

好きなコトバ

  • Vol.4
  • 2019年07月17日 22時48分

UWC ISAKの小林りんです。
よく座右の銘を教えてくださいと質問を受けることがあります。
私にとって座右の銘はその時の自分を一番表す「言葉」だとも思っており、いつも同じものではありません。
ただ私の原動力となっているとも言えるフレーズが一つあります。

「天は自ら助くるものを助く」

これは大学生の頃出会ったサミュエル・スマイルズの世界的名著『自助論』からの言葉です。


「自助論」の中でいくつかページの端を折ってありますが、
「我々を助けるのは偶然の力ではなく、確固とした目標に向かって粘り強く勤勉に歩んでいこうとする姿勢なのだ」
とあります。

信じるものを愚直に成し遂げていくだけ。
私自身、学校を作るまでにたくさんの幸運もありましたし、不運もありました。
でも失敗や不運を嘆いているだけでは幸運は巡ってこない。
ラッキーは自分がたぐり寄せるもの。
自分の意志、意志の力がとても大事だと思います。

壁に直面する度、不思議と『自助論』からの言葉が自分に降りてくるのが分かるのです。
それほど自助論の生き方が私にはしみついているのです。

他にも、いつもご紹介している言葉になりますが、好きな言葉はいくつかあります。

「悲観は気分に属するが、楽観は意思に属する」(アランというフランスの哲学者が『幸福論』という著書に書いた言葉)

新しいことにチャレンジするときには、リスクが付き物です。でも、それをおろおろ捉えるのは、気分。その先に楽観できる未来があるかどうかは、自分が当事者としてどうアクションするかにかかっていると私は思うのです。

松下幸之助氏は「成功する人は諦めない人だ」という言葉を残しています。私も開校するまでに何回も挫折しそうになりましたが、そこで諦めなかったから今があると思っています。まだ成功と呼べるものではないですし、学校は開校して数年のスタート地点にいるにすぎませんが、ここにあるのはやはり失敗しても諦めず、粘り強く取り組んだ結果だと感じています。

本来、教育は貧困など負の連鎖を断ち切る唯一の手段のはず。でも今は経済格差が教育格差に結びつき始めています。
教育が一部の富裕層のものにならない為にも、奨学金は大変重要です。私たちの理念に賛同し、多くの方々がご支援くださることに本当に感謝しております。

引き続き、このチャレンジ達成に向け、支援の輪の拡大、ご協力宜しくお願いいたします。


UWC ISAK
小林 りん

    寄付型
  • 支援者

    37

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    710,000

    目標金額:1,000,000

  • 達成率71%

    FUNDED!

2019年08月30日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAK ... ジャパンは、長野県軽井沢町で2014年に設立された、全寮制のインターナショナルスクールです。現在は73カ国から集まった190名の高校生が在籍し、うち3割が日本人です。生徒の出身地は東日本大震災の被災地やソマリアの難民キャンプ、ヒマラヤ山脈の奥地、政情不安で学校に通うのが困難な地域など、多種多様です。様々な価値観に触れてお互いを理解、尊重し、切磋琢磨する学習環境を提供し、世界を変え、未来を担う人材を育てるため、全校生徒の7割に奨学金を給付しています。https://uwcisak.jp/jp/about/welcome/
  • 1,000

    一般サポーター

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回お送り致します。

    支援者の数 2

    支援期間終了

  • 3,000

    サポーターA

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回お送り致します。

    支援者の数 5

    支援期間終了

  • 残り89枚

    5,000

    サポーターB

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回ご送付します。



      注※:文中注釈ご参照ください。

    支援者の数 11

    支援期間終了

  • 残り91枚

    12,000

    サポーターC

    リターン

      1. 当校のニュースレターをEメールにて年4回ご送付します。
      2.学校のノベルティグッズ(※2)をお贈りいたします。

      注※1:文中注釈をご参照ください。

      注※2:お贈りさせて頂きますノベルティは画像のいずれかとさせて頂きます。

    支援者の数 9

    お届け予定:2019年11月

    支援期間終了

  • 残り95枚

    36,000

    サポーターD

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回ご送付します。
      2.学校のノベルティグッズ(※2)をお贈りいたします。
      3. キャンパスで年に1回開催される感謝イベントへご参加いただけます。(※3)

      注※2:お贈りさせて頂きますノベルティはいずれかとさせて頂きます。

    支援者の数 5

    お届け予定:2019年11月

    支援期間終了

  • 残り47枚

    50,000

    サポーターE

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回お送り致します。
      2.ご支援を頂いた年はキャンパスで年に1回開催される感謝イベントへご参加頂けます。(※2)
      3.「教育を通じて世界を変えたい」という小林の志が綴られている「茶色のシマウマ、世界を変える」(石川拓治著者、小林りん協力)を直筆サイン入りで贈呈いたします。

      注※2:文中注釈をご参照ください。

    支援者の数 3

    お届け予定:2019年11月

    支援期間終了

  • 残り98枚

    100,000

    サポーターF

    リターン

      1.当校のニュースレターをEメールにて年4回お送り致します。
      2.ご支援を頂いた年はキャンパスで年に1回開催される感謝イベントへご参加頂けます。(※2)
      3.「教育を通じて世界を変えたい」という小林の志が綴られている「茶色のシマウマ、世界を変える」(石川拓治著者、小林りん協力)を直筆サイン入りで贈呈いたします。

      注※2:文中注釈をご参照ください。

    支援者の数 2

    お届け予定:2019年11月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする