沖縄復帰45年、祖国復帰運動の歴史的記録を後世に伝えたい!

東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会 第18回公開シンポジウムのお知らせ

  • Vol.224
  • 2019年04月10日 17時06分

こんばんは、明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員の村岡敬明です。

「沖縄復帰45年、祖国復帰運動の歴史的記録を後世に伝えたい!」

いつも本プロジェクトの活動報告をご高覧いただきましてありがとうございます。

取材依頼やご意見などは、muraoka@shikon.meiji.ac.jp までお送りください。

webメールで写真が見られない方は、バックナンバーからご覧ください。



(本プロジェクト進捗状況)

5000円以上の支援者の皆様に送付する特別資料DVDの製作に入りました。

特別資料DVDは100枚製作し、本プロジェクトの支援者およびメディアの皆様などに送付いたします。


(公開シンポジウムのお知らせ)

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」は、下記のような形で第18回公開シンポジウムを開催します。

共通テーマは、「日本の民主主義を問う〜日本は本当に独立国家・民主国家なのか」です。

多くの皆様方のご参加をお待ちしています。


期 日:2019年5月5日(日)13:30~17:30(開場13:00)

会 場:琉球新報社ホール那覇市泉崎・新社屋)



参加費:非会員のみ1,000円(参加費・資料代として)

※事前申し込みは不要です。


<プログラム>

共同代表からの開会の挨拶(13:30~13:40) 挨 拶:高良鉄美(元琉球大学教授)

                      司会者:木村 朗(鹿児島大学教授)

Ⅰ 来賓のご挨拶と基調報告(13:40~15:00)


  • 玉城デニー沖縄県知事のご挨拶(予定)

  • 白井 聡(京都精華大学専任講師) 「《戦後の国体》における沖縄」

Ⅱ 個別報告(15:00~16:10)


  • 柳澤協二(元内閣官房副長官補)「対米自立のカギは抑止力信仰からの脱却」

  • 前泊博盛(沖縄国際大学教授) 「日米地位協定と普天間問題」

<休 憩(10分)>

Ⅲ 会場からの特別ゲストのご発言と質疑討論(16:20~17:20)


  • 特別ゲスト:山城博治(沖縄平和運動センター議長)、多嘉山侑三(ユーチューバー) 、他

  • フロアからの質疑応答

Ⅳ 閉会の挨拶(17:20~17:30)


  • 普久原 均(琉球新報社)


・過去のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

https://a-port.asahi.com/updates/yomitan-history


  • 支援者

    66

  • 残り期間

    0

  • 集まっている金額

    1,000,000

    (達成) 目標金額:1,000,000

  • 達成率100%

    FUNDED!

2018年04月23日23:59に終了しました。

支援期間終了

起案者

実行者イメージ

村岡 敬明

・2017年10月~現在 文部科学省 日 ... 本型教育海外展開推進事業 応援プロジェクト 研究分担者
研究課題:「デザイン思考教育を用いたバングラデシュの病院における問題の解決」(研究代表者:九州工業大学情報工学研究院電子情報工学研究系 小田部荘司教授)
・2017年9月~現在 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会 執行委員
・2017年4月~現在 明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
研究テーマ:
・戦後沖縄のナショナリズムと帰属意識の歴史的変遷に関する研究 
・最貧国における主権秩序の回復と人権擁護に関する研究
研究分野:
国際政治学、日本政治史、戦後沖縄史 
  • 1,000

    お礼メッセージ+お名前の掲載

    リターン

      ・お礼のメッセージ送付。
      ・読谷村史編集室の「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」HPに、お名前掲載。例:プロジェクトの「支援者」欄に表記されているお名前、ニックネーム。
      ※掲載する名前(20字以内)はサイト内メールで個別にお聞きします。

    支援者の数 11

    お届け予定:2018年10月

    支援期間終了

  • 3,000

    1000円コースの内容+支援者限定の活動報告書(冊子)送付

    リターン

      ・お礼のメッセージ送付。
      ・読谷村史編集室の「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」HPに、お名前掲載。例:プロジェクトの「支援者」欄に表記されているお名前、ニックネーム。
      ※掲載する名前(20字以内)はサイト内メールで個別にお聞きします。
      ・支援者限定の活動報告書(冊子)送付。

    支援者の数 6

    お届け予定:2018年10月

    支援期間終了

  • 5,000

    3000円コースの内容+特別資料DVD1枚プレゼント

    リターン

      ・お礼のメッセージ送付。
      ・読谷村史編集室の「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」HPに、お名前掲載。例:プロジェクトの「支援者」欄に表記されているお名前、ニックネーム。
      ※掲載する名前(20字以内)はサイト内メールで個別にお聞きします。
      ・支援者限定の活動報告書(冊子)送付。
      ・本プロジェクトの成果を収録した特別DVD1枚プレゼント。

    支援者の数 29

    お届け予定:2018年10月

    支援期間終了

  • 10,000

    5000円コースの内容+本プロジェクト報告会へ無料ご招待

    リターン

      ・お礼のメッセージ送付。
      ・読谷村史編集室の「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」HPに、お名前掲載。例:プロジェクトの「支援者」欄に表記されているお名前、ニックネーム。
      ※掲載する名前(20字以内)はサイト内メールで個別にお聞きします。
      ・支援者限定の活動報告書(冊子)送付。
      ・本プロジェクトの成果を収録した特別DVD1枚プレゼント。
      ・2018年11月、読谷村で開催予定の本プロジェクト報告会へ無料ご招待(会場までの交通費は個人負担)。
      ※報告会の日時等詳細は決まり次第、A-port活動報告でお知らせ致します。

    支援者の数 13

    お届け予定:2018年10月

    支援期間終了

  • 残り293枚

    30,000

    1万円コースの内容+非売品の村刊行物『激動』プレゼント

    リターン

      ・お礼のメッセージ送付。
      ・読谷村史編集室の「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」HPに、お名前掲載。例:プロジェクトの「支援者」欄に表記されているお名前、ニックネーム。
      ※掲載する名前(20字以内)はサイト内メールで個別にお聞きします。
      ・支援者限定の活動報告書(冊子)送付。
      ・本プロジェクトの成果を収録した特別DVD1枚プレゼント。
      ・2018年11月、読谷村で開催予定の本プロジェクト報告会へ無料ご招待(会場までの交通費は個人負担)。
      ※報告会の日時等詳細は決まり次第、A-port活動報告でお知らせ致します。
      ・非売品の村刊行物『激動』(読谷村の戦後史をまとめた本)プレゼント。

    支援者の数 7

    お届け予定:2018年10月

    支援期間終了

このプロジェクトをシェアする